ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コントラストの調整

コントラストの調整、ヒストグラム均等化、無相関ストレッチ

関数

imadjust イメージの強度値またはカラーマップの調整
imcontrast コントラスト調整ツール
imsharpen アンシャープなマスキングを使用したイメージのシャープ化
histeq ヒストグラム均等化を使用したコントラストの強調
adapthisteq コントラストに制限を付けた適応ヒストグラム均等化を実行 (CLAHE)
imhistmatch イメージのヒストグラムを調整して参照イメージの N 個のビン ヒストグラムと一致させる
decorrstretch 無相関ストレッチをマルチチャネル イメージに適用
stretchlim コントラスト ストレッチ イメージの範囲の確認
intlut ルックアップ テーブルを使った整数値の変換
imnoise イメージにノイズを付加

例および操作のヒント

画像ビューアー アプリでのイメージ コントラストの調整

画像ビューアーのコントラスト調整ツールの使用

指定した範囲へのイメージの強度値の調整

この例では、使用可能な強度の範囲全体 [0, 255] を埋めるようにデータ値をマッピングし直して、低コントラストのグレースケール イメージでコントラストを強める方法を説明します。

ヒストグラム均等化

強度値の調整処理は、"ヒストグラム均等化" を使用して自動的に実行できます。

適応ヒストグラム均等化

関数 histeq の別な使い方として、関数 adapthisteq を使用してコントラストに制限を付けた適応ヒストグラム均等化 (CLAHE) を行うことができます。

無相関ストレッチを使用した色分離の改善

無相関ストレッチは、帯域間の有意な相関を使用して、イメージの色分離を強調します。

概念

コントラストの調整

イメージの改善手法はイメージを改善するために使用されますが、"改善" は客観的に定義される場合 (たとえば、信号対ノイズ比の向上) と主観的な場合 (たとえば、色や強度を変更して特定の部分を見やすくする) とがあります。

コントラストの調整について

黒と白の間のシャープ差がないと、イメージのコントラストが不足します。

ガンマ補正

関数 imadjustlowbottom に、hightop にマッピングします。

この情報は役に立ちましたか?