ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コード生成

ツールボックス関数のための C コードおよび MEX 関数の生成

MATLAB 関数

bwdist バイナリ イメージの距離変換
bwlookup ルックアップ テーブルを使用した非線形フィルター処理
bwmorph バイナリ イメージのモルフォロジー演算
bwpack バイナリ イメージをパック
bwselect バイナリ イメージのオブジェクトを選択
bwtraceboundary バイナリ イメージのオブジェクトをトレース
bwunpack バイナリ イメージのアンパック
conndef 連結数配列の作成
edge 強度イメージ内のエッジの検出
fitgeotrans 幾何学的変換のコントロール ポイントの組への近似
fspecial 事前定義型の 2 次元フィルターの作成
getrangefromclass イメージ クラスに基づくイメージの既定の表示範囲
histeq ヒストグラム均等化を使用したコントラストの強調
im2double イメージを倍精度に変換
im2int16 イメージを 16 ビット符号付き整数に変換
im2single イメージを単精度に変換
im2uint16 イメージを 16 ビットの符号なし整数に変換
im2uint8 イメージを 8 ビットの符号なし整数に変換
imadjust イメージの強度値またはカラーマップの調整
imbothat ボトム ハット フィルター処理
imclearborder イメージ境界と連結している明るい構造を非表示にする
imclose イメージにモルフォロジー クローズ処理を行う
imcomplement イメージの補数
imdilate イメージの膨張
imerode イメージの収縮
imextendedmax 拡張 maxima 変換
imextendedmin 拡張 minima 変換
imfill イメージ領域と穴の塗りつぶし
imfilter 多次元イメージの N 次元フィルター処理
imhist イメージ データのヒストグラム
imhmax H-maxima 変換
imhmin H-minima 変換
imlincomb イメージの線形結合
imopen イメージのモルフォロジー オープン処理
imquantize 指定された量子化レベルと出力値によるイメージの量子化
imreconstruct モルフォロジー再構成
imregionalmax 局所的な最大値
imregionalmin 局所的な最小値
imtophat トップ ハット フィルター処理
imwarp イメージへの幾何学的変換の適用
iptcheckmap カラーマップの有効性をチェック
iptcheckconn 連結数引数の有効性をチェック
label2rgb ラベル行列を RGB イメージに変換
mean2 行列要素の平均値
medfilt2 2 次元のメディアン フィルター処理
multithresh Otsu 法を使用する複数レベルのイメージしきい値
ordfilt2 2 次元の次数統計フィルター処理
padarray 配列のパディング
rgb2ycbcr RGB の色の値を YCbCr 色空間に変換
strel モルフォロジー構造化要素 (STREL) の作成
stretchlim コントラスト ストレッチ イメージの範囲の確認
ycbcr2rgb YCbCr の色の値を RGB 色空間に変換

クラス

imref2d ワールド座標に対する 2 次元イメージの参照
imref3d ワールド座標に対する 3 次元イメージの参照
affine2d 2 次元アフィン幾何学的変換
projective2d 2 次元射影幾何学的変換
この情報は役に立ちましたか?