ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ファイルからのイメージ データの読み取りと書き込み

ファイルからのイメージ データの読み取りと書き込み、イメージ ファイルの内容に関する情報の取得

関数

imread グラフィックス ファイルからイメージを読み込む
imwrite イメージをグラフィックス ファイルに書き込む
imfinfo グラフィックス ファイルの情報
nitfinfo NITF (National Imagery Transmission Format) ファイルからのメタデータの読み取り
nitfread NITF ファイルからのイメージの読み取り
dpxinfo DPX ファイルからのメタデータの読み取り
dpxread DPX イメージの読み取り
analyze75info Analyze 7.5 のデータセットのヘッダー ファイルからメタデータを読み取る
analyze75read Analyze 7.5 のデータセットのイメージ ファイルからイメージ データを読み取る
interfileinfo Interfile ファイルからメタデータの読み取り
interfileread Interfile 形式でのイメージの読み取り

例および操作のヒント

ワークスペースへのイメージ データの読み取り

この例では、関数 imread を使用して、グラフィックス ファイルから MATLAB ワークスペースにイメージ データを読み取る方法を説明します。

単一のグラフィックス ファイルからの複数イメージの読み取り

この例では、単一のグラフィックス ファイルから複数のイメージを読み取る方法を説明します。

1 ビットのバイナリ イメージの読み取りと書き込み

この例では、1 ビットのバイナリ イメージの読み取りおよび書き込みの方法を説明します。

グラフィックス形式でのファイルへのイメージ データの書き込み

この例では、関数 imwrite を使用して、サポートされているいずれかのグラフィックス ファイル形式でイメージ データを MATLAB ワークスペースからファイルに書き込む方法を説明します。

出力ファイルのストレージ クラスの特定

関数 imwrite では次のルールを使用して、出力イメージに使用されるストレージ クラスを判断します。

グラフィックス ファイルに関する情報の取得

グラフィックス ファイルの内容に関する情報を、ファイルに含まれているメタデータを読み取ることで取得する方法を説明します。

イメージのシーケンスでの演算の実行

この例では、イメージのシーケンスで演算を実行する方法を説明します。

概念

MATLAB のイメージ

イメージが MATLAB® および Image Processing Toolbox™ ソフトウェアで表現される方法

ツールボックスでのイメージ タイプ

Image Processing Toolbox ソフトウェアによりサポートされている基本的なイメージ タイプ

イメージ シーケンスとは

一部のアプリケーションでは、ムービーのフレームなど、時間によって関連付けられたイメージや、MRI (Magnetic Resonance Imaging) スライスなど、空間位置によって関連付けられたイメージの集まりを処理します。

イメージ シーケンスに使用できるツールボックス関数

ツールボックス関数の多くは、多次元配列に使用できます。

Mayo Analyze 7.5 ファイル

Analyze 7.5 は、MRI データ保存のためにメイヨー クリニックによって開発されたファイル形式です。

Interfile ファイル

Interfile は、核医学イメージ データの交換用に開発されたファイル形式です。

この情報は役に立ちましたか?