ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

自動レジストレーション

強度に基づく自動レジストレーションを使用した 2 つのイメージの位置合わせ

レジストレーションの手法の詳細は、イメージ レジストレーションの手法を参照してください。

関数

imregister 強度ベースのイメージ レジストレーション
imregconfig 強度ベースのレジストレーションの構成
imregtform 2 つの 2 次元イメージまたは 3 次元イメージを位置合わせする幾何学的変換の推定
imregcorr 位相相関を使用した、2 つの 2 次元イメージを位置合わせする幾何学的変換の推定
imregdemons 2 つの 2 次元イメージまたは 3 次元イメージを位置合わせさせる変位場の推定
imfuse 2 つのイメージの合成
imshowpair イメージ間の差の比較

クラス

registration.metric.MattesMutualInformation マテス相互情報量メトリクス構成オブジェクト
registration.metric.MeanSquares 二乗平均誤差メトリック構成オブジェクト
registration.optimizer.RegularStepGradientDescent 規則的なステップ勾配降下オプティマイザー構成オブジェクト
registration.optimizer.OnePlusOneEvolutionary 1 プラス 1 の進化のオプティマイザー構成オブジェクト

例および操作のヒント

多様な MRI イメージのレジストレーション

この例では、imregister を使用して、強度ベースのイメージ レジストレーションにより 2 つの MRI (磁気共鳴画像) を一般的な座標系に自動的に位置合わせさせる方法を説明します。

レジストレーションの前処理手順としての位相相関の使用

この例では、自動イメージ レジストレーションの準備手順として位相相関を使用する方法を説明します。

概念

イメージ レジストレーションの手法

イメージ レジストレーション処理の手順を例を通して説明します。

強度ベースの自動イメージ レジストレーション

強度ベースの自動イメージ レジストレーションは、対話的なプロセスです。

この情報は役に立ちましたか?