ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

C および C++ コード生成でサポートされている関数およびオブジェクト — カテゴリ順

MATLAB® コードから呼び出される MATLAB 組み込み関数とツールボックス関数、クラスおよび System object のサブセットには、効率的な C および C++ コードを生成できます。以下の表では、これらの関数、クラス、System object を、MATLAB のカテゴリまたはツールボックスのカテゴリごとにリストします。

サポートされる関数、クラス、System object のアルファベット順のリストについては、「C および C++ コード生成でサポートされている関数およびオブジェクト — アルファベット順」を参照してください。

Aerospace Toolbox

以下の Aerospace Toolbox 四元数関数に対する C および C++ コードの生成には、Aerospace Blockset™ ソフトウェアが必要です。

関数

注意と制限

quatconj

quatdivide

quatinv

quatmod

quatmultiply

quatnorm

quatnormalize

MATLAB での算術演算

次の演算子と等価の関数の詳細は、「配列と行列の演算」を参照してください。

関数

注意と制限

ctranspose

idivide

  • 効率的なコード生成のため、MATLAB のゼロ除算のルールは 'round' オプションでのみサポートされています。

isa

ldivide

minus

mldivide

mpower

A が 2 行 2 列以上の行列で BInf または -Inf の場合、mpower(A,B) は NaN の行列を返します。

mrdivide

mtimes

plus

power

  • シミュレーション中にエラーを生成します。X および Y の両方が実数で power(X,Y) が複素数の場合、生成されたコード内で NaN を返します。複素数の結果を得るには、complex(X) を渡して入力値 X を複素数にします。たとえば、power(complex(X),Y) とします。

  • シミュレーション中にエラーを生成します。X および Y の両方が実数で X .^ Y が複素数の場合、生成されたコード内で NaN を返します。複素数の結果を得るには、complex(X) を使用して入力値 X を複素数にします。たとえば、complex(X).^Y とします。

rdivide

times

純粋な虚数と非有限数の乗算は MATLAB と一致しない場合があります。コード生成ソフトウェアは純粋な虚数による乗算を特別扱いしません。実数部がゼロの数値との計算を排除しません。たとえば、(Inf + 1i)*1i = (Inf*0 – 1*1) + (Inf*1 + 1*0)i = NaN + Infi です。

transpose

uminus

uplus

Audio System Toolbox

以下の関数と System object に対する C および C++ コードの生成には、Audio System Toolbox™ ソフトウェアが必要です。

名前注意と制限
オーディオ I/O および波形生成

audioDeviceReader

「MATLAB コード生成における System object」

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

audioDeviceWriter

「MATLAB コード生成における System object」

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

wavetableSynthesizer

「MATLAB コード生成における System object」

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

audioOscillator

「MATLAB コード生成における System object」

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

オーディオ処理のアルゴリズム設計

designVarSlopeFilter

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

designParamEQ

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

designShelvingEQ

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

crossoverFilter

「MATLAB コード生成における System object」

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

multibandParametricEQ

「MATLAB コード生成における System object」

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

reverberator

「MATLAB コード生成における System object」

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

オーディオ プラグイン

audioPluginInterface

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

audioPluginParameter

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

audioPlugin

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

audioPluginSource

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

ビット単位の演算 (MATLAB)

関数

注意と制限

flintmax

swapbytes

MATLAB Function ブロックの swapbytes への入力のクラスの継承は、入力のクラスが double の場合のみサポートされます。double 以外の型の入力については、入力端子のデータ型は継承ではなく指定しなければなりません。

MATLAB でのキャスト

関数

注意と制限

cast

char

セル配列はサポートしません。

class

double

int8, int16, int32, int64

logical

single

typecast

  • 文字列入力引数 type の値は小文字でなければなりません。

  • MATLAB Function ブロックで入力端子のデータ型を継承して typecast を使用すると、サイズ エラーが発生する可能性があります。このエラーを回避するには、ブロックの入力端子のデータ型を明示的に指定してください。

  • 入力または結果の整数クラスは、ターゲット ハードウェアの C の型に直接マッピングされなければなりません。

  • 入力は可変長ベクトルまたは固定サイズのベクトルでなければなりません。参照先

    「ツールボックス関数のコード生成に対する可変サイズの制限」

  • 出力ベクトルは常に入力ベクトルと同じ方向をもちます。

uint8, uint16, uint32, uint64

Communications System Toolbox

以下の関数と System object に対する C および C++ コードの生成には、Communications System Toolbox™ ソフトウェアが必要です。

名前注意と制限
入出力

comm.BarkerCode

「MATLAB コード生成における System object」

comm.GoldSequence

「MATLAB コード生成における System object」

comm.HadamardCode

「MATLAB コード生成における System object」

comm.KasamiSequence

「MATLAB コード生成における System object」

comm.WalshCode

「MATLAB コード生成における System object」

comm.PNSequence

「MATLAB コード生成における System object」

lteZadoffChuSeq

信号と遅延の管理

bi2de

de2bi

表示と視覚解析

comm.ConstellationDiagram

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.ArrayPlot

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.SpectrumAnalyzer

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.TimeScope

「MATLAB コード生成における System object」

情報源符号化
comm.DifferentialDecoder

「MATLAB コード生成における System object」

comm.DifferentialEncoder

「MATLAB コード生成における System object」

巡回冗長検査コーディング

comm.CRCDetector

「MATLAB コード生成における System object」

comm.CRCGenerator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.HDLCRCDetector

「MATLAB コード生成における System object」

comm.HDLCRCGenerator

「MATLAB コード生成における System object」

BCH コード

comm.BCHDecoder

「MATLAB コード生成における System object」

comm.BCHEncoder

「MATLAB コード生成における System object」

リード・ソロモン コード

comm.RSDecoder

「MATLAB コード生成における System object」

comm.RSEncoder

「MATLAB コード生成における System object」

comm.HDLRSDecoder

「MATLAB コード生成における System object」

comm.HDLRSEncoder

「MATLAB コード生成における System object」

LDPC コード

comm.LDPCDecoder

既定のプロパティを使用すると、comm.LDPCDecoder ではコード生成はサポートされません。コードを生成するには、ParityCheckMatrix プロパティを非スパースの行と列のインデックス行列として指定します。

comm.LDPCEncoder

「MATLAB コード生成における System object」

たたみ込みコーディング

comm.APPDecoder

「MATLAB コード生成における System object」

comm.ConvolutionalEncoder

「MATLAB コード生成における System object」

comm.TurboDecoder

「MATLAB コード生成における System object」

comm.TurboEncoder

「MATLAB コード生成における System object」

comm.ViterbiDecoder

「MATLAB コード生成における System object」

convenc

istrellis

poly2trellis

vitdec

信号演算

comm.Descrambler

「MATLAB コード生成における System object」

comm.Scrambler

「MATLAB コード生成における System object」

インターリーブ

comm.AlgebraicDeinterleaver

「MATLAB コード生成における System object」

comm.AlgebraicInterleaver

「MATLAB コード生成における System object」

comm.BlockDeinterleaver

「MATLAB コード生成における System object」

comm.BlockInterleaver

「MATLAB コード生成における System object」

comm.ConvolutionalDeinterleaver

「MATLAB コード生成における System object」

comm.ConvolutionalInterleaver

「MATLAB コード生成における System object」

comm.HelicalDeinterleaver

「MATLAB コード生成における System object」

comm.HelicalInterleaver

「MATLAB コード生成における System object」

comm.MatrixDeinterleaver

「MATLAB コード生成における System object」

comm.MatrixInterleaver

「MATLAB コード生成における System object」

comm.MatrixHelicalScanDeinterleaver

「MATLAB コード生成における System object」

comm.MatrixHelicalScanInterleaver

「MATLAB コード生成における System object」

comm.MultiplexedDeinterleaver

「MATLAB コード生成における System object」

comm.MultiplexedInterleaver

「MATLAB コード生成における System object」

周波数変調

comm.FSKDemodulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.FSKModulator

「MATLAB コード生成における System object」

位相変調
comm.BPSKDemodulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.BPSKModulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.DBPSKDemodulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.DBPSKModulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.DPSKDemodulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.DPSKModulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.DQPSKDemodulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.DQPSKModulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.OQPSKDemodulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.OQPSKModulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.PSKDemodulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.PSKModulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.QPSKDemodulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.QPSKModulator

「MATLAB コード生成における System object」

dpskdemod

dpskmod

振幅変調
comm.GeneralQAMDemodulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.GeneralQAMModulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.PAMDemodulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.PAMModulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.RectangularQAMDemodulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.RectangularQAMModulator

「MATLAB コード生成における System object」

qammod

qamdemod

連続位相変調
comm.CPFSKDemodulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.CPFSKModulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.CPMDemodulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.CPMModulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.GMSKDemodulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.GMSKModulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.MSKDemodulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.MSKModulator

「MATLAB コード生成における System object」

トレリス符号化変調
comm.GeneralQAMTCMDemodulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.GeneralQAMTCMModulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.PSKTCMDemodulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.PSKTCMModulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.RectangularQAMTCMDemodulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.RectangularQAMTCMModulator

「MATLAB コード生成における System object」

直交周波数分割変調
comm.OFDMDemodulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.OFDMModulator

「MATLAB コード生成における System object」

アナログ ベースバンド変調 
comm.FMBroadcastDemodulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.FMBroadcastModulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.FMDemodulator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.FMModulator

「MATLAB コード生成における System object」

フィルター処理
comm.IntegrateAndDumpFilter

「MATLAB コード生成における System object」

comm.RaisedCosineReceiveFilter

「MATLAB コード生成における System object」

comm.RaisedCosineTransmitFilter

「MATLAB コード生成における System object」

搬送波位相同期
comm.CarrierSynchronizer

「MATLAB コード生成における System object」

comm.CPMCarrierPhaseSynchronizer

「MATLAB コード生成における System object」

comm.CoarseFrequencyCompensator

「MATLAB コード生成における System object」

タイミング位相同期
comm.SymbolSynchronizer

「MATLAB コード生成における System object」

comm.GMSKTimingSynchronizer

「MATLAB コード生成における System object」

comm.MSKTimingSynchronizer

「MATLAB コード生成における System object」

同期ユーティリティ
comm.DiscreteTimeVCO

「MATLAB コード生成における System object」

イコライズ
comm.MLSEEqualizer

「MATLAB コード生成における System object」

MIMO
comm.LTEMIMOChannel

「MATLAB コード生成における System object」

comm.MIMOChannel

「MATLAB コード生成における System object」

comm.OSTBCCombiner

「MATLAB コード生成における System object」

comm.OSTBCEncoder

「MATLAB コード生成における System object」

comm.SphereDecoder

「MATLAB コード生成における System object」

チャネルのモデル化と RF 損失
comm.AGC

「MATLAB コード生成における System object」

comm.AWGNChannel

「MATLAB コード生成における System object」

comm.BinarySymmetricChannel

「MATLAB コード生成における System object」

comm.IQImbalanceCompensator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.LTEMIMOChannel

「MATLAB コード生成における System object」

comm.MemorylessNonlinearity

「MATLAB コード生成における System object」

comm.MIMOChannel

「MATLAB コード生成における System object」

comm.PhaseFrequencyOffset

「MATLAB コード生成における System object」

comm.PhaseNoise

「MATLAB コード生成における System object」

comm.RayleighChannel

「MATLAB コード生成における System object」

comm.RicianChannel

「MATLAB コード生成における System object」

comm.ThermalNoise

「MATLAB コード生成における System object」

comm.PSKCoarseFrequencyEstimator

「MATLAB コード生成における System object」

comm.QAMCoarseFrequencyEstimator

「MATLAB コード生成における System object」

iqcoef2imbal

iqimbal2coef

計測と解析
comm.ACPR

「MATLAB コード生成における System object」

comm.CCDF

「MATLAB コード生成における System object」

comm.ErrorRate

「MATLAB コード生成における System object」

comm.EVM

「MATLAB コード生成における System object」

comm.MER

「MATLAB コード生成における System object」

MATLAB の複素数

関数

注意と制限

complex

conj

imag

isnumeric

isreal

isscalar

real

unwrap

  • 行ベクトル入力は、最初の 2 つの入力がベクトルかつ非スカラーである場合のみサポートされます。

  • 出力クラスで演算を実行します。そのため、さまざまな丸め誤差により、結果が MATLAB と一致しない場合があります。

Computer Vision System Toolbox

以下の関数と System object に対する C および C++ コード生成には、Computer Vision System Toolbox™ ソフトウェアが必要です。

名前注意と制限
特性の検出、抽出およびマッチング
BRISKPointsMATLAB Function ブロックのサポート: なし
このオブジェクトで位置のインデックスを指定するには、次の構文を使用します。points.Location(idx,:) (points オブジェクトの場合)。「特徴のマッチングとレジストレーションを使ったコード生成の紹介」の例で使用されている visionRecovertformCodeGeneration_kernel.m を参照してください。
cornerPointsMATLAB Function ブロックのサポート: なし
このオブジェクトで位置のインデックスを指定するには、次の構文を使用します。points.Location(idx,:) (points オブジェクトの場合)。「特徴のマッチングとレジストレーションを使ったコード生成の紹介」の例で使用されている visionRecovertformCodeGeneration_kernel.m を参照してください。
detectBRISKFeaturesMATLAB Function ブロックのサポート: なし
OpenCV (Version 2.4.9) ライブラリにリンクする C++ コンパイラを使用して移植可能な C コードを生成します。
「OpenCV ライブラリを使用する関数に対応する移植可能な C コードの生成」
detectFASTFeaturesMATLAB Function ブロックのサポート: なし
OpenCV (Version 2.4.9) ライブラリにリンクする C++ コンパイラを使用して移植可能な C コードを生成します。
「OpenCV ライブラリを使用する関数に対応する移植可能な C コードの生成」
detectHarrisFeaturesコンパイル時の定数入力: 'FilterSize'
MATLAB Function ブロックのサポート: なし
この関数に対して生成されたコードは、プリコンパイル済みのプラットフォーム固有の共有ライブラリを使用します。
detectMinEigenFeaturesコンパイル時の定数入力: 'FilterSize'
MATLAB Function ブロックのサポート: なし
この関数に対して生成されたコードは、プリコンパイル済みのプラットフォーム固有の共有ライブラリを使用します。
detectMSERFeaturesMATLAB Function ブロックのサポート: なし
OpenCV (Version 2.4.9) ライブラリにリンクする C++ コンパイラを使用して移植可能な C コードを生成します。
「OpenCV ライブラリを使用する関数に対応する移植可能な C コードの生成」
コード生成では、関数は regions.PixelList を配列として出力します。領域サイズは regions.Lengths で定義されます。
detectSURFFeaturesMATLAB Function ブロックのサポート: なし
OpenCV (Version 2.4.9) ライブラリにリンクする C++ コンパイラを使用して移植可能な C コードを生成します。
「OpenCV ライブラリを使用する関数に対応する移植可能な C コードの生成」
extractFeaturesコンパイル時の定数入力の制限: 'Method'
MATLAB Function ブロックのサポート: あり (Block メソッドのみ)。
BRISKFREAK および SURF メソッドに対して OpenCV (Version 2.4.9) ライブラリにリンクする C++ コンパイラを使用して移植可能な C コードを生成します。
「OpenCV ライブラリを使用する関数に対応する移植可能な C コードの生成」
extractHOGFeaturesMATLAB Function ブロックのサポート: なし
extractLBPFeaturesプラットフォーム依存のライブラリの生成: なし
MATLAB Function ブロックのサポート: あり
matchFeaturesプラットフォーム依存のライブラリの生成: あり (Exhaustive メソッドの使用時は MATLAB ホストのみ)。
Exhaustive メソッドの使用時は非ホスト ターゲットのみに移植可能な C コードを生成します。
Exhaustive メソッドを使用していない場合は、OpenCV (Version 2.4.9) ライブラリにリンクする C++ コンパイラを使用して移植可能な C コードを生成します。
「OpenCV ライブラリを使用する関数に対応する移植可能な C コードの生成」
コンパイル時の定数入力: 'Method‘ および 'Metric'
MATLAB Function ブロックのサポート: なし
MSERRegionsMATLAB Function ブロックのサポート: あり
コードの生成では、セル配列 pixellist と各配列の length の両方を 2 番目の入力として指定しなければなりません。オブジェクト出力 regions.PixelList は配列です。領域サイズは regions.Lengths で定義されます。
この関数に対して生成されたコードは、プリコンパイル済みのプラットフォーム固有の共有ライブラリを使用します。
SURFPointsMATLAB Function ブロックのサポート: なし
このオブジェクトで位置のインデックスを指定するには、次の構文を使用します。points.Location(idx,:) (points オブジェクトの場合)。「特徴のマッチングとレジストレーションを使ったコード生成の紹介」の例で使用されている visionRecovertformCodeGeneration_kernel.m を参照してください。
イメージのレジストレーションおよび幾何学的変換
estimateGeometricTransformMATLAB Function ブロックのサポート: なし
vision.GeometricShearerMATLAB Function ブロックのサポート: あり
「MATLAB コード生成における System object」
オブジェクトの検出と認識
ocrコンパイル時の定数入力: 'TextLayout''Language' および 'CharacterSet'
MATLAB Function ブロックのサポート: なし
この関数に対して生成されたコードは、プリコンパイル済みのプラットフォーム固有の共有ライブラリを使用します。
ocrTextMATLAB Function ブロックのサポート: なし
vision.PeopleDetectorMATLAB Function ブロックのサポート: なし
OpenCV (Version 2.4.9) ライブラリにリンクする C++ コンパイラを使用して移植可能な C コードを生成します。
「OpenCV ライブラリを使用する関数に対応する移植可能な C コードの生成」
「MATLAB コード生成における System object」
vision.CascadeObjectDetectorMATLAB Function ブロックのサポート: なし
OpenCV (Version 2.4.9) ライブラリにリンクする C++ コンパイラを使用して移植可能な C コードを生成します。
「OpenCV ライブラリを使用する関数に対応する移植可能な C コードの生成」
「MATLAB コード生成における System object」
追跡と動き推定
assignDetectionsToTracksMATLAB Function ブロックのサポート: あり
opticalFlowFarnebackMATLAB Function ブロックのサポート: なし
OpenCV (Version 2.4.9) ライブラリにリンクする C++ コンパイラを使用して移植可能な C コードを生成します。
「OpenCV ライブラリを使用する関数に対応する移植可能な C コードの生成」
opticalFlowHSMATLAB Function ブロックのサポート: なし
この関数に対して生成されたコードは、プリコンパイル済みのプラットフォーム固有の共有ライブラリを使用します。
opticalFlowLKDoGMATLAB Function ブロックのサポート: なし
この関数に対して生成されたコードは、プリコンパイル済みのプラットフォーム固有の共有ライブラリを使用します。
opticalFlowLKMATLAB Function ブロックのサポート: なし
この関数に対して生成されたコードは、プリコンパイル済みのプラットフォーム固有の共有ライブラリを使用します。
vision.ForegroundDetectorMATLAB Function ブロックのサポート: なし
プラットフォーム依存のライブラリの生成: MATLAB ホストの場合はあり。
ホスト以外のターゲットの場合は移植可能な C コードが生成されます。
この関数に対して生成されたコードは、プリコンパイルされたプラットフォーム固有の共有ライブラリを使用します。
「MATLAB コード生成における System object」
vision.HistogramBasedTrackerMATLAB Function ブロックのサポート: あり
「MATLAB コード生成における System object」
vision.KalmanFilterMATLAB Function ブロックのサポート: あり
「MATLAB コード生成における System object」
vision.PointTrackerMATLAB Function ブロックのサポート: なし
OpenCV (Version 2.4.9) ライブラリにリンクする C++ コンパイラを使用して移植可能な C コードを生成します。
「OpenCV ライブラリを使用する関数に対応する移植可能な C コードの生成」
「MATLAB コード生成における System object」
vision.TemplateMatcherMATLAB Function ブロックのサポート: あり
「MATLAB コード生成における System object」
カメラ キャリブレーションおよびステレオ ビジョン
bboxOverlapRatioMATLAB Function ブロックのサポート: なし
bbox2points

MATLAB® Function ブロックのサポート: あり

disparityコンパイル時の定数入力制限: 'Method'
MATLAB Function ブロックのサポート: なし
OpenCV (Version 2.4.9) ライブラリにリンクする C++ コンパイラを使用して移植可能な C コードを生成します。
「OpenCV ライブラリを使用する関数に対応する移植可能な C コードの生成」
cameraMatrixMATLAB Function ブロックのサポート: なし
cameraPoseMATLAB Function ブロックのサポート: なし
cameraParametersMATLAB Function ブロックのサポート: なし
toStruct メソッドを使用して cameraParameters オブジェクトを生成されたコードに渡します。「ステレオ ビデオからの深度推定のためのコード生成」の例を参照してください。
detectCheckerboardPointsMATLAB Function ブロックのサポート: なし
コード生成では、ファイル名またはファイル名のセル配列としてイメージを指定することはサポートされません。サポートされるのは、単一のイメージまたは立体画像でのチェッカーボードの検出のみです。たとえば、次の構文はサポートされています。
  • detectCheckerboardPoints(I1)

  • detectCheckerobarPoints(I1,I2)

I1 および I2 は単一のグレースケールまたは RGB イメージです。
generateCheckerboardPointsMATLAB Function ブロックのサポート: なし
epipolarlineMATLAB Function ブロックのサポート: あり
estimateFundamentalMatrixコンパイル時の定数入力の制限: 'Method''OutputClass''DistanceType' および 'ReportRuntimeError'
MATLAB Function ブロックのサポート: あり
estimateUncalibratedRectificationMATLAB Function ブロックのサポート: あり
extrinsicsMATLAB Function ブロックのサポート: なし
isEpipoleInImageMATLAB Function ブロックのサポート: あり
lineToBorderPointsMATLAB Function ブロックのサポート: あり
reconstructSceneMATLAB Function ブロックのサポート: なし
rectifyStereoImagesコンパイル時の定数入力の制限: 'interp' および 'OutputView'
MATLAB Function ブロックのサポート: なし
rotationMatrixToVectorMATLAB Function ブロックのサポート: あり
rotationVectorToMatrixMATLAB Function ブロックのサポート: あり
selectStrongestBboxMATLAB Function ブロックのサポート: なし
stereoAnaglyphMATLAB Function ブロックのサポート: あり
stereoParametersMATLAB Function ブロックのサポート: なし
toStruct メソッドを使用して stereoParameters オブジェクトを生成されたコードに渡します。「ステレオ ビデオからの深度推定のためのコード生成」の例を参照してください。
triangulateMATLAB Function ブロックのサポート: なし
undistortImageコンパイル時の定数入力の制限: 'interp' および 'OutputView'
MATLAB Function ブロックのサポート: なし
統計
vision.AutocorrelatorMATLAB Function ブロックのサポート: あり
「MATLAB コード生成における System object」
vision.BlobAnalysisMATLAB Function ブロックのサポート: あり
「MATLAB コード生成における System object」
vision.CrosscorrelatorMATLAB Function ブロックのサポート: あり
「MATLAB コード生成における System object」
vision.LocalMaximaFinderMATLAB Function ブロックのサポート: あり
「MATLAB コード生成における System object」
vision.MaximumMATLAB Function ブロックのサポート: あり
「MATLAB コード生成における System object」
vision.MeanMATLAB Function ブロックのサポート: あり
「MATLAB コード生成における System object」
vision.MedianMATLAB Function ブロックのサポート: あり
「MATLAB コード生成における System object」
vision.MinimumMATLAB Function ブロックのサポート: あり
「MATLAB コード生成における System object」
vision.StandardDeviationMATLAB Function ブロックのサポート: あり
「MATLAB コード生成における System object」
vision.VarianceMATLAB Function ブロックのサポート: あり
「MATLAB コード生成における System object」
フィルター、変換および強化機能
integralImageMATLAB Function ブロックのサポート: あり
vision.ConvolverMATLAB Function ブロックのサポート: あり
「MATLAB コード生成における System object」
vision.DCTMATLAB Function ブロックのサポート: あり
「MATLAB コード生成における System object」
vision.DeinterlacerMATLAB Function ブロックのサポート: あり
「MATLAB コード生成における System object」
vision.FFTMATLAB Function ブロックのサポート: あり
「MATLAB コード生成における System object」
vision.HoughLinesMATLAB Function ブロックのサポート: あり
「MATLAB コード生成における System object」
vision.IDCTMATLAB Function ブロックのサポート: あり
「MATLAB コード生成における System object」
vision.IFFTMATLAB Function ブロックのサポート: あり
「MATLAB コード生成における System object」
vision.MedianFilterMATLAB Function ブロックのサポート: あり
「MATLAB コード生成における System object」
vision.PyramidMATLAB Function ブロックのサポート: あり
「MATLAB コード生成における System object」
ビデオの読み込み、保存およびストリーミング
vision.DeployableVideoPlayerMATLAB Function ブロックのサポート: あり
この関数に対して生成されたコードは、プリコンパイル済みのプラットフォーム固有の共有ライブラリを使用します。
「MATLAB コード生成における System object」
vision.VideoFileReaderMATLAB Function ブロックのサポート: あり
この関数に対して生成されたコードは、プリコンパイル済みのプラットフォーム固有の共有ライブラリを使用します。
「MATLAB コード生成における System object」

Mac の圧縮されたイメージを読み取るコードは生成されません。

vision.VideoFileWriterMATLAB Function ブロックのサポート: あり
この関数に対して生成されたコードは、プリコンパイル済みのプラットフォーム固有の共有ライブラリを使用します。
「MATLAB コード生成における System object」
色空間の形式と変換
vision.ChromaResamplerMATLAB Function ブロックのサポート: あり
「MATLAB コード生成における System object」
vision.DemosaicInterpolatorMATLAB Function ブロックのサポート: あり
「MATLAB コード生成における System object」
vision.GammaCorrectorMATLAB Function ブロックのサポート: あり
「MATLAB コード生成における System object」
グラフィックス
insertMarkerコンパイル時の定数入力: 'Shape' および 'Color'
MATLAB Function ブロックのサポート: あり
insertShapeコンパイル時の定数入力: 'Color' および 'SmoothEdges'
MATLAB Function ブロックのサポート: あり
insertObjectAnnotationMATLAB Function ブロックのサポート: あり
制限: 入力イメージは制限のあるサイズでなければなりません。「動的なメモリ割り当てなしで可変サイズ データを指定」
「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
insertTextコンパイル時の定数入力: FontFontSize
非 ASCII 文字のサポート: なし
MATLAB Function ブロックのサポート: あり
vision.AlphaBlenderMATLAB Function ブロックのサポート: あり
「MATLAB コード生成における System object」
vision.MarkerInserterMATLAB Function ブロックのサポート: あり
「MATLAB コード生成における System object」
vision.ShapeInserterMATLAB Function ブロックのサポート: あり
「MATLAB コード生成における System object」

MATLAB の制御フロー

関数

注意と制限

break

continue

end

for

if, elseif, else

parfor

fiaccel と併用されると for ループとして扱われます。

return

switch, case, otherwise

  • すべての case 式がスカラーの整数値の場合、C の switch ステートメントを生成します。実行時に switch の値が整数ではない場合、エラーを生成します。

  • case 式に非整数または非スカラーの値が含まれている場合、コード生成ソフトウェアは C の switch ステートメントの代わりに C の if ステートメントを生成します。

while

MATLAB でのデータとファイルの管理

関数

注意と制限

computer

  • コード生成ソフトウェアを実行しているコンピューターに関する情報です。

  • コード生成ターゲットが S-Function (シミュレーション) または MEX 関数の場合にのみ使用します。

fclose

feof

fopen

  • 以下をサポートしません。

    • machineformatencoding または fileID 入力

    • message 出力

    • fopen('all')

  • 外部呼び出しを無効にしている場合、fopen で作成された fileID を MATLAB 関数または外部関数に返すことはできません。そのような fileID は内部でのみ使用できます。

  • C/C++ の実行可能ファイル、スタティック ライブラリまたはダイナミック ライブラリの生成時に最大 20 ファイルを開くことができます。

  • 生成されたコードは無効なファイル識別子のエラーをレポートしません。MATLAB コードで独自のファイル オープン エラー処理を記述します。fopen がファイル オープンに失敗したことを示す -1 を返すかどうかをテストします。以下に例を示します。

    ...
    fid = fopen(filename, 'r');
    if fid == -1
    		% fopen failed
    
    else
    % fopen successful, okay to call fread
    A = fread(fid);
    ...

  • 次の場合には fread に対して生成されたコードの動作はコンパイラに依存します。

    1. permissiona+ にして fopen を使用してファイルを開く。

    2. ファイル ポジション インジケーターを設定する fseekfrewind などの I/O 関数を呼び出す前に fread を使用してファイルを読み取る場合。

fprintf

  • 以下をサポートしません。

    • %u%o %x および %X 形式での b および t サブタイプ。

    • 入力引数を再利用するための $ フラグ。

    • 配列の表示印刷する

  • 自動キャストは行われません。予測どおりの結果を得るために、入力引数はその形式タイプと一致していなければなりません。

  • エスケープ文字は 10 進数の 0 ~ 127 の範囲に制限されます。

  • fileID1 または 2 に等しい fprintf の呼び出しは、以下の場合に生成された C/C++ コード内で printf になります。

    • fprintf 呼び出しが parfor ループ内にある。

    • 外部呼び出しが無効。

  • MATLAB の動作が C コンパイラの動作と異なるときは、以下の場合に fprintf は C コンパイラの動作と一致します。

    • 書式指定子に %e%E など、対応する C 書式指定子が含まれている。

    • fprintf 呼び出しが parfor ループ内にある。

    • 外部呼び出しが無効。

  • 書式指定子 %s を指定して fprintf を呼び出す場合は、入力文字列の中間部分に null 文字を入れないでください。null 文字を記述するには fprintf(fid, '%c', char(0)) を使用します。

  • 整数の書式指定子を指定して fprintf を呼び出す場合は、整数引数の型を、ターゲット ハードウェアがネイティブの C 型として表すことができる型にしなければなりません。たとえば、fprintf('%d', int64(n)) を呼び出す場合、ターゲット ハードウェアに64 ビット整数をサポートするネイティブの C 型がなければなりません。

fread

  • precision は定数でなければなりません。

  • precision で指定する source および output は、longulongunsigned longbitN または ubitN の値をもつことはできません。

  • machineformat 入力を使用できません。

  • precision で指定する source または outputint などの C の型である場合、その型のターゲットと量産サイズは以下でなければなりません。

    • 一致する。

    • MATLAB の型に直接マップする。

  • precision で指定する source の型は、ターゲット ハードウェアの C の型に直接マッピングしなければなりません。

  • fread 呼び出しによってファイル全体が読み込まれる場合、すべてのデータがコード生成に利用可能な最大配列に収まらなければなりません。

  • sizeA が定数ではなく、または非有限要素を含む場合、動的なメモリ割り当てが必要です。

  • source または outputchar 値を符号付き 8 ビット整数として扱います。0 ~ 127 の値のみを使用してください。

  • 生成されたコードでは、ファイル読み取りエラーは報告されません。MATLAB コードで独自のファイル読み取りエラー処理を記述します。読み取ったバイト数と要求したバイト数が一致することをテストします。以下に例を示します。

    ...
    N = 100;
    [vals, numRead] = fread(fid, N, '*double');
    if numRead ~= N
        % fewer elements read than expected
    end
    ...

frewind

load

  • Simulink® シミュレーション用の MEX またはコードを生成する場合にのみ使用します。コンパイル時の定数を読み込むには、coder.load を使用します。

  • 構造体または配列への代入を伴わない関数の使用はサポートしていません。たとえば、load(filename) ではなく S = load(filename) を使用してください。

  • 出力 S は、添字なしの構造体名または配列名でなければなりません。たとえば、S(i) = load('myFile.mat') と指定することはできません。

  • load に対する引数はコンパイル時の定数文字列でなければなりません。

  • オブジェクトの読み込みはサポートされません。

  • サポートされない構造体が MAT ファイルに含まれている場合に、サポートされている構造体のみを読み込むには、load(filename,variables) を使用します。

  • コード生成用の関数では save を使用できません。コード生成ソフトウェアは関数 save をサポートしていません。さらに、coder.extrinsicsave と共に使用することもできません。コードを生成する前に、save を使用してワークスペース データを MAT ファイルに保存できます。

    関数 load を使用して読み込んだ可変サイズ データを明示的に宣言するには、coder.varsize を使用しなければなりません。

MATLAB のデータ型

関数

注意と制限

cell

deal

fieldnames

オブジェクトはサポートしません。入力は構造体でなければなりません。

iscell

isfield

2 番目の引数ではセル配列をサポートしません。

isobject

isstruct

narginchk

nargoutchk

str2func

  • 文字列は定数またはコンパイル時に既知でなければなりません。

struct

  • セル配列が含まれる構造体は作成できません。たとえば、次のコードは生成できません。

    s = struct('a',{{1 2}})

  • value 引数がセル配列の場合、すべての要素は同じ型でなければなりません。

struct2cell

  • 可変サイズの構造体配列の場合、結果として得られるセル配列は同種でなければなりません。s が可変サイズの構造体配列の場合、フィールドは同じ型でなければなりません。

  • struct2cells を同種のセル配列に変換できない場合、出力セル配列は異種混合になります。異種混合の出力セル配列は、最大 1024 の要素をもつことができます。

structfun

  • ErrorHandler オプションはサポートしません。

  • 出力の数は 3 以下でなければなりません。

MATLAB のデスクトップ環境

関数

注意と制限

ismac

  • コード生成に使用される MATLAB のバージョンに基づいて true または false を返します。

  • コード生成ターゲットが S-Function (シミュレーション) または MEX 関数の場合にのみ使用します。

ispc

  • コード生成に使用される MATLAB のバージョンに基づいて true または false を返します。

  • コード生成ターゲットが S-Function (シミュレーション) または MEX 関数の場合にのみ使用します。

isunix

  • コード生成に使用される MATLAB のバージョンに基づいて true または false を返します。

  • コード生成ターゲットが S-Function (シミュレーション) または MEX 関数の場合にのみ使用します。

MATLAB の離散数学

関数

注意と制限

factor

  • 最大の倍精度入力は 2^33 です。

  • 最大の単精度入力は 2^25 です。

  • 入力 n には型 int64 または uint64 を指定できません。

gcd

isprime

  • 最大の倍精度入力は 2^33 です。

  • 最大の単精度入力は 2^25 です。

  • 入力 X には型 int64 または uint64 を指定できません。

lcm

nchoosek

  • 最初の入力の x がスカラーの場合、nchoosek は二項係数を返します。この場合、x は非負の整数でなければなりません。型を int64 および uint64 にすることはできません。

  • 最初の入力の x がベクトルの場合、nchoosek は 1 つの集合として処理されます。この場合、x の型に int64 または uint64 を指定できます。

  • 2 番目の入力 k には型 int64 および uint64 を指定できません。

  • 「ツールボックス関数のコード生成に対する可変サイズの制限」

primes

  • 最大の倍精度入力は 2^32 です。

  • 最大の単精度入力は 2^24 です。

  • 入力 n には型 int64 または uint64 を指定できません。

DSP System Toolbox

以下の関数と System object の C コード生成には DSP System Toolbox™ のライセンスが必要です。多くの DSP System Toolbox 関数はコード生成用の定数入力を必要とします。fiaccel の定数入力を指定するには、coder.Constant を使用してください。詳細は、「コマンド ラインでの定数入力の指定」を参照してください。

名前注意と制限
Estimation

dsp.BurgAREstimator

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.BurgSpectrumEstimator

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.CepstralToLPC

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.CrossSpectrumEstimator

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.LevinsonSolver

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.LPCToAutocorrelation

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.LPCToCepstral

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.LPCToLSF

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.LPCToLSP

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.LPCToRC

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.LSFToLPC

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.LSPToLPC

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.RCToAutocorrelation

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.RCToLPC

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.SpectrumEstimator

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.TransferFunctionEstimator

「MATLAB コード生成における System object」

フィルター

ca2tf

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

cl2tf

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

dsp.AdaptiveLatticeFilter

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.AffineProjectionFilter

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.AllpassFilter

「MATLAB コード生成における System object」

System object™ では、Structure プロパティが Minimum multiplier または Lattice に設定されている場合にのみ、コード生成がサポートされます。

dsp.AllpoleFilter

dsp.BiquadFilter

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.CICCompensationDecimator

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.CICCompensationInterpolator

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.CICDecimator

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.CICInterpolator

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.Differentiator

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.FarrowRateConverter

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.FastTransversalFilter

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.FilterCascade

  • dsp.FilterCascade から直接コードを生成することはできません。generateFilteringCode メソッドを使用して MATLAB 関数を生成できます。この MATLAB 関数から C/C++ コードを生成できます。

  • 「MATLAB コード生成における System object」

dsp.FilteredXLMSFilter

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.FIRDecimator

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.FIRFilter

dsp.FIRHalfbandDecimator

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.FIRHalfbandInterpolator

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.FIRInterpolator

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.FIRRateConverter

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.FrequencyDomainAdaptiveFilter

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.HighpassFilter

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.IIRFilter

dsp.IIRHalfbandDecimator

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.IIRHalfbandInterpolator

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.KalmanFilter

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.LMSFilter

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.LowpassFilter

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.RLSFilter

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.SampleRateConverter

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.SubbandAnalysisFilter

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.SubbandSynthesisFilter

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.VariableBandwidthFIRFilter

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.VariableBandwidthIIRFilter

「MATLAB コード生成における System object」

firceqrip

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

fireqint

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

firgr

  • すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

  • セル配列入力をもつ構文はサポートしません。

firhalfband

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

firlpnorm

  • すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

  • セル配列入力をもつ構文はサポートしません。

firminphase

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

firnyquist

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

firpr2chfb

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

ifir

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

iircomb

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

iirgrpdelay

  • すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

  • セル配列入力をもつ構文はサポートしません。

iirlpnorm

  • すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

  • セル配列入力をもつ構文はサポートしません。

iirlpnormc

  • すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

  • セル配列入力をもつ構文はサポートしません。

iirnotch

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

iirpeak

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

tf2ca

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

tf2cl

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

フィルターの設計 

designMultirateFIR

関数への入力は定数でなければなりません。

数学演算 

dsp.ArrayVectorAdder

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.ArrayVectorDivider

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.ArrayVectorMultiplier

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.ArrayVectorSubtractor

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.CumulativeProduct

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.CumulativeSum

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.LDLFactor

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.LevinsonSolver

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.LowerTriangularSolver

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.LUFactor

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.Normalizer

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.UpperTriangularSolver

「MATLAB コード生成における System object」

Quantizers

dsp.ScalarQuantizerDecoder

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.ScalarQuantizerEncoder

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.VectorQuantizerDecoder

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.VectorQuantizerEncoder

「MATLAB コード生成における System object」

スコープ

dsp.SpectrumAnalyzer

この System object はコードを生成しません。関数 coder.extrinsic を使用して、"外部" 変数として自動的に宣言されます。

dsp.TimeScope

この System object はコードを生成しません。関数 coder.extrinsic を使用して、"外部" 変数として自動的に宣言されます。

Signal Management

dsp.Counter

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.DelayLine

「MATLAB コード生成における System object」

信号演算

dsp.Convolver

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.DCBlocker

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.Delay

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.DigitalDownConverter

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.DigitalUpConverter

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.Interpolator

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.NCO

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.PeakFinder

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.PhaseExtractor

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.PhaseUnwrapper

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.VariableFractionalDelay

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.VariableIntegerDelay

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.Window

dsp.ZeroCrossingDetector

「MATLAB コード生成における System object」

Sinks

audioDeviceWriter

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.AudioFileWriter

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.UDPSender

「MATLAB コード生成における System object」

Sources

dsp.AudioFileReader

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.SignalSource

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.SineWave

dsp.UDPReceiver

「MATLAB コード生成における System object」

統計

dsp.Autocorrelator

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.Crosscorrelator

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.Histogram

dsp.Maximum

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.Mean

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.Median

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.Minimum

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.PeakToPeak

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.PeakToRMS

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.RMS

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.StandardDeviation

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.StateLevels

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.Variance

「MATLAB コード生成における System object」

Transforms

dsp.AnalyticSignal

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.DCT

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.FFT

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.IDCT

「MATLAB コード生成における System object」

dsp.IFFT

「MATLAB コード生成における System object」

MATLAB でのエラーの処理

関数

注意と制限

assert

  • すべての入力引数が定数であるか、定数に依存している場合のみ、指定されたエラー メッセージをコンパイル時に生成します。それ以外の場合は、指定されたエラー メッセージを実行時に生成します。

  • スタンドアロンのコード生成の場合は、生成コードから除外されます。

  • 「関数 assert の使用規則」を参照してください。

error

スタンドアロンのコード生成の場合は、生成コードから除外されます。

MATLAB の指数

関数

注意と制限

exp

expm

expm1

factorial

log

  • 入力値 x は実数でも出力が複素数となっている場合、シミュレーション時にエラーを生成し、生成コードで NaN を返します。複素数の結果を得るには、complex(x) を渡して入力値を複素数にします。

log2

log10

log1p

nextpow2

nthroot

reallog

realpow

realsqrt

sqrt

  • 入力値 x は実数でも出力が複素数となっている場合、シミュレーション時にエラーを生成し、生成コードで NaN を返します。複素数の結果を得るには、complex(x) を渡して入力値を複素数にします。

MATLAB でのフィルター処理とたたみ込み

関数

注意と制限

conv

conv2

convn

deconv

detrend

  • 入力引数 bp は以下の要件を満たしていなければなりません (指定され、空でない場合)。

filter

filter2

Fixed-Point Designer

表に示す関数に固有の制限事項の他に、生成されるコード内で fiaccel と共に Fixed-Point Designer™ 関数を使用する場合には、次の一般的な制限事項も適用されます。

  • fipref オブジェクトと quantizer オブジェクトはサポートされていません。

  • 128 ビットより大きい語長はサポートされません。

  • 指定された変数 fifimath または numerictype は、変数の作成後には変更できません。

  • DataTypeMode および DataType プロパティの boolean 値はサポートされていません。

  • FullPrecision 以外のすべての SumMode プロパティ設定では、CastBeforeSum プロパティを true に設定しなければなりません。

  • 各種並列 for (parfor) ループは fiaccel でコンパイルされたコード内で使用できますが、これらのループは通常の for ループのように扱われます。

  • 自明でない勾配とバイアスのスケーリングをもつ fi オブジェクトを含むコードをコンパイルする場合、生成されるコードでの結果は、同じコードを MATLAB で実行した場合の結果と異なることがあります。

関数注意/制限

abs

N/A

accumneg

N/A

accumpos

N/A

add

  • MATLAB でのコード生成では、構文 F.add(a,b) はサポートされません。構文 add(F,a,b) を使用しなければなりません。

all

N/A

any

N/A

atan2

N/A

bitand

勾配とバイアスでスケーリングされた fi オブジェクトはサポートされていません。

bitandreduce

N/A

bitcmp

N/A

bitconcat

N/A

bitget

N/A

bitor

勾配とバイアスでスケーリングされた fi オブジェクトはサポートされていません。

bitorreduce

N/A

bitreplicate

N/A

bitrol

N/A

bitror

N/A

bitset

N/A

bitshift

N/A

bitsliceget

N/A

bitsll

生成コードが範囲外シフトを処理しない場合があります。

bitsra

生成コードが範囲外シフトを処理しない場合があります。

bitsrl

生成コードが範囲外シフトを処理しない場合があります。

bitxor

勾配とバイアスでスケーリングされた fi オブジェクトはサポートされていません。

bitxorreduce

N/A

ceil

N/A

complex

N/A

conj

N/A

conv

  • 制御を行う fimathSumMode プロパティが Specify precision または Keep LSB に設定されている場合のみ、可変サイズ入力がサポートされています。

  • 可変サイズ信号では、生成コードと MATLAB で結果が異なる場合があります。

    • 生成コードでは、可変サイズ信号に対する出力は、制御を行う fimathSumMode プロパティを使用して計算されます。

    • MATLAB では、可変サイズ信号に対する出力は、両方の入力が非スカラーの場合、制御を行う fimathSumMode プロパティを使用して計算されます。しかしどちらかの入力がスカラーの場合、MATLAB は制御を行う fimathProductMode を使用して出力を計算します。

convergent

N/A

cordicabs

可変サイズ信号はサポートされていません。

cordicangle

可変サイズ信号はサポートされていません。

cordicatan2

可変サイズ信号はサポートされていません。

cordiccart2pol

可変サイズ信号はサポートされていません。

cordiccexp

可変サイズ信号はサポートされていません。

cordiccos

可変サイズ信号はサポートされていません。

cordicpol2cart

可変サイズ信号はサポートされていません。

cordicrotate

可変サイズ信号はサポートされていません。

cordicsin

可変サイズ信号はサポートされていません。

cordicsincos

可変サイズ信号はサポートされていません。

cordicsqrt

可変サイズ信号はサポートされていません。

cos

N/A

ctranspose

N/A

diag

指定する場合、インデックス k は fi オブジェクトではない実数でスカラーの整数値でなければなりません。

divide

  • fi 以外の入力は定数でなければなりません。つまり、fi オブジェクトにキャストできるよう、その値がコンパイル時に既知でなければなりません。

  • 複素数と虚数の除数はサポートされていません。

  • MATLAB でのコード生成では、構文 T.divide(a,b) はサポートされていません。

double

自動化されたワークフローでは、固定小数点のデータ型をサポートしない関数を分離するために MATLAB アルゴリズム内で明示的な double 型または single 型のキャストを使用しないでください。自動変換ツールはこれらのキャストをサポートしません。キャストを使用する代わりに、置換関数を指定してください。詳細は、「関数の置換」を参照してください。

end

N/A

eps

  • スカラーの固定小数点信号のみサポートしています。

  • スカラー、ベクトル、行列、fi 単精度および fi 倍精度の信号をサポートしています。

eq

バイアスの異なる複数の固定小数点信号はサポートされていません。

fi

  • 入力引数なしの既定のコンストラクター構文はサポートされていません。

  • numerictype が完全に指定されていない場合、fi への入力は、定数値、fi、単一値または組み込み整数値でなければなりません。入力が組み込み倍精度値の場合は、定数でなければなりません。この制限により、fi が既知の入力データ型に基づいて自らの小数部の長さをオートスケールできるようになっています。

  • データ型に関連するすべてのプロパティはコード生成において定数でなければなりません。

  • 固定小数点以外の Simulink 入力については、numerictype オブジェクト情報が指定されていなければなりません。

filter

  • 制御を行う fimathSumMode プロパティが Specify precision または Keep LSB に設定されている場合のみ、可変サイズ入力がサポートされています。

fimath

  • Simulink から MATLAB Function ブロックに読み込まれる固定小数点信号は、fimath オブジェクトに割り当てられます。このオブジェクトは、モデル エクスプローラーの MATLAB Function ブロックのダイアログで定義します。

  • 生成されるコードで fimath オブジェクトを作成するのに使用します。

  • fimath オブジェクトの ProductMode プロパティが FullPrecision 以外に設定されている場合、ProductWordLength および ProductFractionLength プロパティは定数でなければなりません。

  • fimath オブジェクトの SumMode プロパティが FullPrecision 以外に設定されている場合、SumWordLength および SumFractionLength プロパティは定数でなければなりません。

fix

N/A

fixed.Quantizer

N/A

flip

次元引数は組み込み型でなければなりません。fi オブジェクトにはできません。

fliplr

N/A

flipud

N/A

floor

N/A

for

N/A

ge

バイアスの異なる複数の固定小数点信号はサポートされていません。

get

構文 structure = get(o) はサポートされていません。

getlsb

N/A

getmsb

N/A

gt

バイアスの異なる複数の固定小数点信号はサポートされていません。

horzcat

N/A

imag

N/A

int8int16int32,  int64

N/A

ipermute

N/A

iscolumn

N/A

isempty

N/A

isequal

N/A

isfi

自動ワークフローを使用して変換する場合は、コード内での関数 isfi の使用は避けてください。固定小数点コード内で isfi から返される値は、元の MATLAB アルゴリズムで返される値とは異なる場合があります。固定小数点コードの動作は元のアルゴリズムの動作とは異なる場合があります。

isfimath

N/A

isfimathlocal

N/A

isfinite

N/A

isinf

N/A

isnan

N/A

isnumeric

N/A

isnumerictype

N/A

isreal

N/A

isrow

N/A

isscalar

N/A

issigned

N/A

isvector

N/A

le

バイアスの異なる複数の固定小数点信号はサポートされていません。

length

N/A

logical

N/A

lowerbound

N/A

lsb

  • スカラーの固定小数点信号のみサポートしています。

  • スカラー、ベクトル、行列、fi の単精度および倍精度の信号をサポートしています。

lt

バイアスの異なる複数の固定小数点信号はサポートされていません。

max

N/A

mean

N/A

median

N/A

min

N/A

minus

fi 以外の入力は定数でなければなりません。つまり、fi オブジェクトにキャストできるよう、その値がコンパイル時に既知でなければなりません。

mpower

  • 指数 k が変数であり、かつ入力がスカラーである場合、制御を行う fimathProductMode プロパティは SpecifyPrecision でなければなりません。

  • 指数 k が変数でかつ入力がスカラーでない場合、制御を行う fimathSumMode プロパティは SpecifyPrecision でなければなりません。

  • 制御を行う fimathSumMode プロパティが SpecifyPrecision または Keep LSB に設定されている場合のみ、可変サイズ入力がサポートされています。

  • 可変サイズ信号では、生成コードと MATLAB で結果が異なる場合があります。

    • 生成コードでは、可変サイズ信号に対する出力は、制御を行う fimathSumMode プロパティを使用して計算されます。

    • MATLAB では、可変サイズ信号に対する出力は、最初の入力 a が非スカラーの場合、制御を行う fimathSumMode プロパティを使用して計算されます。しかし a がスカラーの場合、MATLAB は制御を行う fimathProductMode を使用して出力を計算します。

mpy

  • MATLAB でのコード生成では、構文 F.mpy(a,b) はサポートされません。構文 mpy(F,a,b) を使用しなければなりません。

  • MATLAB Function ブロックの内部で関数 mpy に複素数入力を与える場合、シミュレーションを実行する前に入力が複素数であることを宣言しなければなりません。そのためには、[端子とデータの管理] に移動し、すべての既知の複素数入力に対する [実数/複素数] パラメーターを [オン] に設定します。

mrdivide

N/A

mtimes

  • fi 以外の入力は定数でなければなりません。つまり、fi オブジェクトにキャストできるよう、その値がコンパイル時に既知でなければなりません。

  • 制御を行う fimathSumMode プロパティが SpecifyPrecision または KeepLSB に設定されている場合のみ、可変サイズ入力がサポートされています。

  • 可変サイズ信号では、生成コードと MATLAB で結果が異なる場合があります。

    • 生成コードでは、可変サイズ信号に対する出力は、制御を行う fimathSumMode プロパティを使用して計算されます。

    • MATLAB では、可変サイズ信号に対する出力は、両方の入力が非スカラーの場合、制御を行う fimathSumMode プロパティを使用して計算されます。しかしどちらかの入力がスカラーの場合、MATLAB は制御を行う fimathProductMode を使用して出力を計算します。

ndims

N/A

ne

バイアスの異なる複数の固定小数点信号はサポートされていません。

nearest

N/A

numberofelements

numberofelements は将来のリリースで削除される予定です。代わりに numel を使用してください。

numel

N/A

numerictype

  • Simulink から MATLAB Function ブロックに読み込まれる固定小数点信号は、信号のデータ型とスケーリング情報が入力される numerictype オブジェクトに割り当てられます。

  • 入力が固定小数点型以外の信号の場合、データ型を返します。

  • 生成されるコードで numerictype オブジェクトを作成するのに使用します。

  • データ型に関連するすべての numerictype オブジェクト プロパティは定数でなければなりません。

permute

次元引数は組み込み型でなければなりません。fi オブジェクトにはできません。

plus

fi 以外の入力は定数でなければなりません。つまり、fi オブジェクトにキャストできるよう、その値がコンパイル時に既知でなければなりません。

pow2

N/A

power

指数 k が変数である場合、制御を行う fimathProductMode プロパティは SpecifyPrecision でなければなりません。

qr

N/A

quantize

N/A

range

N/A

rdivide

N/A

real

N/A

realmax

N/A

realmin

N/A

reinterpretcast

N/A

removefimath

N/A

repmat

次元引数は組み込み型でなければなりません。fi オブジェクトにはできません。

rescale

N/A

reshape

N/A

rot90

構文 rot90(A,k) において、引数 k は組み込み型でなければなりません。fi オブジェクトにはできません。

round

N/A

setfimath

N/A

sfi

  • データ型に関連するすべてのプロパティはコード生成において定数でなければなりません。

shiftdim

次元引数は組み込み型でなければなりません。fi オブジェクトにはできません。

sign

N/A

sin

N/A

single

自動化されたワークフローでは、固定小数点のデータ型をサポートしない関数を分離するために MATLAB アルゴリズム内で明示的な double 型または single 型のキャストを使用しないでください。自動変換ツールはこれらのキャストをサポートしません。キャストを使用する代わりに、置換関数を指定してください。詳細は、「関数の置換」を参照してください。

size

N/A

sort

次元引数は組み込み型でなければなりません。fi オブジェクトにはできません。

squeeze

N/A

sqrt

  • 複素数入力と [勾配 バイアス] 入力はエラーになります。

  • 負の入力では結果は 0 になります。

storedInteger

N/A

storedIntegerToDouble

N/A

sub

  • MATLAB でのコード生成では、構文 F.sub(a,b) はサポートされません。構文 sub(F,a,b) を使用しなければなりません。

subsasgn

N/A

subsref

N/A

sum

制御を行う fimathSumMode プロパティが Specify precision または Keep LSB に設定されている場合のみ、可変サイズ入力がサポートされています。

times

  • fi 以外の入力は定数でなければなりません。つまり、fi オブジェクトにキャストできるよう、その値がコンパイル時に既知でなければなりません。

  • MATLAB Function ブロックの内部で関数 times に複素数入力を与える場合、シミュレーションを実行する前に入力が複素数であることを宣言しなければなりません。そのためには、[端子とデータの管理] に移動し、すべての既知の複素数入力に対する [実数/複素数] パラメーターを [オン] に設定します。

transpose

N/A

tril

指定する場合、インデックス k は fi オブジェクトではない実数でスカラーの整数値でなければなりません。

triu

指定する場合、インデックス k は fi オブジェクトではない実数でスカラーの整数値でなければなりません。

ufi

  • データ型に関連するすべてのプロパティはコード生成において定数でなければなりません。

uint8uint16uint32,  uint64

N/A

uminus

N/A

uplus

N/A

upperbound

N/A

vertcat

N/A

HDL Coder

関数

注意と制限

hdl.RAM

この System object は MATLAB で利用できます。

MATLAB のヒストグラム

関数

注意と制限

hist

  • ヒストグラムの棒グラフはサポートされていません。少なくとも 1 つの出力引数を使用して呼び出してください。

  • 指定する場合、2 番目の引数 x はスカラー定数でなければなりません。

  • 入力は実数でなければなりません。

構文 [nout, xout] = hist(y,x) の場合:

  • y が固定サイズのベクトルまたは可変長のベクトルの場合:

    • nout は常に行ベクトルです。

    • x がベクトルの場合、xoutx と同じ方向のベクトルです。

    • x がスカラー (固定サイズ) の場合、xout は行ベクトルです。

  • 次の条件が真の場合、nout および xout は列ベクトルです。

    • y が行列

    • size(y,1) および size(y,2) が固定の長さ 1 をもたない

    • size(y,1)size(y,2) のいずれかが実行時に長さ 1 をもつ

  • 可変サイズの x は実行時にスカラーであってもベクトル入力として解釈されます。

  • 少なくとも 1 つの入力が空の場合、出力のベクトルの方向は MATLAB と異なる場合があります。

histc

Image Acquisition Toolbox

Image Acquisition Toolbox™ ソフトウェアをインストールすると、VideoDevice System object の C および C++ コードを生成できるようになります。imaq.VideoDevice「Code Generation with VideoDevice System Object」を参照してください。

MATLAB の画像処理

関数注意と制限

im2double

rgb2gray

Image Processing Toolbox

次の表に、コード生成に対応している Image Processing Toolbox™ 関数を示します。これらの関数に対して MATLAB から C コードを生成するには、MATLAB Coder™ ソフトウェアをインストールしなければなりません。

Image Processing Toolbox では、3 種類のコード生成をサポートしています。

  • C コードを生成する関数。

  • プラットフォーム固有の共有ライブラリ (.dll.so または .dylib) に依存する C コードを生成する関数。共有ライブラリを使用すると、これらの関数のパフォーマンスは最適化されますが、コードを生成できるターゲット プラットフォームは限定されます。詳細は、「画像処理のコード生成」を参照してください。

  • C コードまたは共有ライブラリに依存する C コードを生成する関数。どちらを生成するかは、MATLAB Coder で指定したターゲット プラットフォームによります。ターゲット プラットフォームに汎用の MATLAB Host Computer を指定した場合、これらの関数は共有ライブラリに依存する C コードを生成します。それ以外のターゲット プラットフォームを指定した場合、これらの関数は C コードを生成します。

生成されるコードでは、サポートされているツールボックス関数は、Image Processing Toolbox の関数と同じ名前、引数、機能をもちます。ただし、一部の関数には制限があります。次の表に、関数ごとに存在するコード生成上の制限に関する情報を示します。この表にある関数はすべて C コードを生成します。表には、共有ライブラリに依存する C コードを生成する関数と、選択したターゲット プラットフォームによってどちらも生成できる関数が列挙されています。

関数注意/制限
adaptthresh

引数 ForegroundPolarity および Statistic はコンパイル時の定数でなければなりません。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。引数 NeighborhoodSize はコンパイル時の定数でなければなりません。

affine2d

コードを生成するときは、単一のオブジェクトのみを指定できます。オブジェクトの配列はサポートされていません。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

boundarymask

引数 conn はコンパイル時の定数でなければなりません。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

bwareaopen

BW は 2 次元バイナリ イメージでなければなりません。N 次元配列はサポートされていません。conn には 2 次元連結性 (4 または 8) のいずれかまたは 3 行 3 列の行列しか指定できません。3 次元連結性 (6、18、26) はサポートされていません。サイズが 3 x 3 x ... x 3 の行列はサポートされていません。conn はコンパイル時の定数でなければなりません。

MATLAB Function ブロックのサポート: なし。

bwboundaries

引数 conn および options はコンパイル時の定数でなければなりません。戻り値 A は非スパース行列のみが可能であり、スパース行列にすることはできません。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: なし。

bwconncomp

入力イメージは 2 次元でなければなりません。

引数 conn はコンパイル時の定数でなければなりません。サポートされている連結性は 4 または 8 だけです。連結性を 3 行 3 列の行列として指定できますが、[0 1 0;1 1 1;0 1 0] または ones(3) のみが可能です。

CC 構造体の戻り値には PixelIdxList フィールドは含まれていません。

MATLAB Function ブロックのサポート: なし。

bwdist

引数 method はコンパイル時の定数でなければなりません。入力イメージのピクセル数は 232 個未満でなければなりません。

この関数に対して生成されたコードは、プリコンパイル済みの「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

bweuler

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

bwlabel

コードを生成する際、パラメーター n にはコンパイル時の定数を指定しなければなりません。

MATLAB Function ブロックのサポート: なし。

bwlookup

最適な結果を得るには、クラス logical の入力イメージを指定します。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

bwmorph

操作を指定するテキスト文字列は定数でなければなりません。最適な結果を得るには、クラス logical の入力イメージを指定します。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: なし。

bwpack

この関数に対して生成されたコードは、プリコンパイル済みの「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

bwperim

2 次元のイメージのみをサポートします。出力引数のない構文はサポートされません。連結行列入力引数 conn はコンパイル時の定数でなければなりません。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

bwselect

次の 3 つおよび 4 つの入力引数構文のみをサポートします。BW2 = bwselect(BW,c,r)BW2 = bwselect(BW,c,r,n) のみをサポートします。4 番目のオプション入力引数である n は、コンパイル時の定数でなければなりません。また、コードの生成では、bwselect は次の 1 つおよび 2 つの出力引数 構文のみをサポートします。BW2 = bwselect(___) または [BW2, idx] = bwselect(___)

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

bwtraceboundary

引数 dirfstep および conn はコンパイル時の定数でなければなりません。

MATLAB Function ブロックのサポート: なし。

bwunpack

この関数に対して生成されたコードは、プリコンパイル済みの「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。入力引数 M はコンパイル時の定数でなければなりません。

conndef

入力引数はコンパイル時の定数でなければなりません。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

demosaic

引数 sensorAlignment はコンパイル時の定数でなければなりません。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

edge

methoddirection および sigma 引数はコンパイル時の定数でなければなりません。また、非プログラム的な構文はサポートされていません。たとえば、構文 edge(im) はサポートされていません。edge は値を返さず、代わりにイメージを表示します。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。入力引数 thresh および sigma はコンパイル時の定数でなければなりません。

fitgeotrans

引数 transformtype はコンパイル時の定数でなければなりません。この関数では、変換タイプ 'nonreflectivesimilarity''similarity''affine''projective' がサポートされています。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

fspecial

入力はコンパイル時の定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。入力引数 hsizeradiuslen および theta はコンパイル時の定数でなければなりません。

getrangefromclass

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

grayconnected汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

histeq

インデックス付きイメージを含む構文はいずれもサポートされていません。これには、map を入力として受け入れ newmap を返す構文もすべて含まれます。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。入力引数 N はコンパイル時の定数でなければなりません。

hough

オプションのパラメーター名 'Theta' および 'RhoResolution' はコンパイル時の文字列定数でなければなりません。オプションの Theta ベクトルは制限のあるサイズでなければなりません。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。入力引数 BW は固定サイズでなければなりません。RhoResolution パラメーターはコンパイル時の定数でなければなりません。Theta ベクトルは制限付きのサイズでなければなりません。

houghlines

オプションのパラメーター名 'FillGap' および 'MinLength' はコンパイル時の文字列定数でなければなりません。関連付けられる値はコンパイル時の定数である必要はありません。

MATLAB Function ブロックのサポート: なし。

houghpeaks

オプションのパラメーター名 'Threshold' および 'NHoodSize' はコンパイル時の文字列定数でなければなりません。関連付けられる値はコンパイル時の定数である必要はありません。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

im2int16

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

im2uint8

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

im2uint16汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

im2single

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

im2double

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

imabsdiff

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

imadjust

インデックス付きイメージを含む構文はサポートされません。これには、map を入力として受け入れ newmap を返す構文もすべて含まれます。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

imbinarize

文字列の入力引数はコンパイル時の定数でなければなりません。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

imbothat

入力イメージ IM は 2 次元または 3 次元イメージでなければなりません。構造化要素の入力引数 SE は、コンパイル時の定数でなければなりません。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

imboxfilt

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

imclearborder

オプションの 2 番目の入力引数 conn は、コンパイル時の定数でなければなりません。最大 3 次元の入力をサポートします。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

imclose

入力イメージ IM は 2 次元または 3 次元イメージでなければなりません。構造化要素の入力引数 SE は、コンパイル時の定数でなければなりません。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

imcomplement

int64 および uint64 データ型はサポートしません。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

imcropI2 = imcrop などの対話型の構文はサポートされていません。非対話型の構文 X2 = imcrop(X,map,rect); を含むインデックス付きイメージはサポートされていません。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

imdilate

入力イメージ IM は 2 次元または 3 次元イメージでなければなりません。SEPACKOPT および SHAPE 入力引数は、コンパイル時の定数でなければなりません。構造化要素の引数 SE は単一要素でなければなりません。構造化要素の配列はサポートされていません。構造化要素の配列を使用した場合の結果と同じ結果を得るには、関数を順次呼び出します。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

imerode

入力イメージ IM は 2 次元または 3 次元イメージでなければなりません。SEPACKOPT および SHAPE 入力引数は、コンパイル時の定数でなければなりません。構造化要素の引数 SE は単一要素でなければなりません。構造化要素の配列はサポートされていません。構造化要素の配列を使用した場合の結果と同じ結果を得るには、関数を順次呼び出します。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

imextendedmax

オプションの 3 番目の入力引数 conn はコンパイル時の定数でなければなりません。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

imextendedmin

オプションの 3 番目の入力引数 conn はコンパイル時の定数でなければなりません。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

imfill

オプションの入力連結 conn と文字列 'holes' はコンパイル時の定数でなければなりません。

最大 3 次元の入力をサポートします。

ポイント選択のための対話モード imfill(BW,0,CONN) は、コード生成ではサポートされていません。

locations は P 行 1 列のベクトルになる場合があります。この場合、これは開始位置の線形インデックスを含みます。locations は P 行 ndims(I) 列の行列になる場合もあります。この場合、各行には、いずれかの開始位置の配列インデックスが含まれます。コンパイル時に選択した形式は、実行時に変更できません。ただし、位置に含まれる点の数は、実行時に変更できます。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

imfilter

入力イメージは 2 次元または 3 次元にすることができます。入力引数 options はコンパイル時の定数にしなければなりません。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

imfindcircles

すべての文字列の入力引数と値はコンパイル時の定数でなければなりません。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: なし。

imgaborfilt

MATLAB Function ブロックのサポート: なし。

imgaussfilt

文字列の入力引数はコンパイル時の定数でなければなりません。

FilterDomain'spatial’ のときに、汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

imgradient3

文字列の入力引数はコンパイル時の定数でなければなりません。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

imgradientxyz

文字列の入力引数はコンパイル時の定数でなければなりません。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

imhist

オプションの 2 番目の入力引数 n はコンパイル時の定数でなければなりません。また、非プログラム的な構文はサポートされていません。たとえば、imhist でヒストグラムを表示する構文はサポートされていません。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。入力引数 N はコンパイル時の定数でなければなりません。

imhmax

オプションの 3 番目の入力引数 conn はコンパイル時の定数でなければなりません。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

imhmin

オプションの 3 番目の入力引数 conn はコンパイル時の定数でなければなりません。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

imlincomb

引数 output_class はコンパイル時の定数でなければなりません。入力イメージ引数は最大 4 つ指定できます。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

immse

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

imopen

入力イメージ IM は 2 次元または 3 次元イメージでなければなりません。構造化要素の入力引数 SE は、コンパイル時の定数でなければなりません。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

imoverlay

引数 'color' を文字列として指定する場合、コンパイル時の定数でなければなりません。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

impyramid

引数 direction はコンパイル時の定数でなければなりません。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。入力引数 direction はコンパイル時の定数でなければなりません。

imquantize

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

imread

8 ビットの JPEG イメージの読み取りのみをサポートします。ファイル名の入力引数は有効な絶対パスまたは相対パスでなければなりません。

この関数は、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用するコードを生成します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。ファイル名の入力引数はコンパイル時の定数でなければなりません。

imreconstruct

オプションの 3 番目の入力引数 conn はコンパイル時の定数でなければなりません。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

imref2d

XWorldLimitsYWorldLimits および ImageSize プロパティは、オブジェクトの作成中にのみ設定できます。コードを生成するときは、単一のオブジェクトのみを指定できます。オブジェクトの配列はサポートされていません。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

imref3d

XWorldLimitsYWorldLimitsZWorldLimits および ImageSize プロパティは、オブジェクトの作成中にのみ設定できます。コードを生成するときは、単一のオブジェクトのみを指定できます。オブジェクトの配列はサポートされていません。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

imregionalmax

オプションの 2 番目の入力引数 conn はコンパイル時の定数でなければなりません。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

imregionalmin

オプションの 2 番目の入力引数 conn はコンパイル時の定数でなければなりません。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

imresize

インデックス付きイメージまたはカスタム内挿カーネルはサポートしません。すべてのパラメーターと値のペアの入力引数はコンパイル時の定数でなければなりません。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。入力引数 Scale および method はコンパイル時の定数でなければなりません。OutputSize パラメーター、numrows および numcols の値はコンパイル時の定数でなければなりません。

imrotate

入力引数 method および bbox の値はコンパイル時の定数でなければなりません。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。入力引数 angle はコンパイル時の定数でなければなりません。

imtophat

入力イメージ IM は 2 次元または 3 次元イメージでなければなりません。構造化要素の入力引数 SE は、コンパイル時の定数でなければなりません。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

imtranslate

2 次元の並進ベクトルのみがサポートされます。3 次元の並進はサポートされていません。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。入力引数 translation はコンパイル時の定数でなければなりません。

imwarp

幾何学的変換オブジェクト入力 tformaffine2d または projective2d でなければなりません。さらに、内挿法およびオプションのパラメーター名は文字列定数でなければなりません。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。入力引数 tform はコンパイル時の定数でなければなりません。

integralBoxFilter

'NormalizationFactor' パラメーターはコンパイル時の定数でなければなりません。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。入力引数 filtersize はコンパイル時の定数でなければなりません。

intlut

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

iptcheckconn

入力引数はコンパイル時の定数でなければなりません。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

iptcheckmap

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

lab2rgb

文字列の入力引数はコンパイル時の定数でなければなりません。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

label2idx

MATLAB Function ブロックのサポート: なし。

label2rgb

次の標準の構文を参照します。

RGB = label2rgb(L, map, zerocolor, order)
  • 少なくとも 2 つの入力引数、ラベル行列 L およびカラーマップ行列 map を渡します。

  • map は、n-by-3doubleのカラーマップ行列でなければなりません。MATLAB のカラーマップ関数や、カラーマップ関数の関数ハンドルの名前を含む文字列は使用できません。

  • 境界の色 zerocolor をいずれかの領域と同じ色に設定した場合、label2rgb では警告が表示されません。

  • order に値を指定する場合は、'noshuffle' でなければなりません。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

mean2

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

medfilt2

引数 padopt はコンパイル時の定数でなければなりません。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。近傍のサイズ入力引数はコンパイル時の定数でなければなりません。

multithresh

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。入力引数 N はコンパイル時の定数でなければなりません。

offsetstrel

入力引数 'ball’ およびその他すべての入力引数はコンパイル時の定数でなければなりません。コード生成でサポートされているメソッドはありません。コードを生成するときは、単一のオブジェクトのみを指定できます。オブジェクトの配列はサポートされていません。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

ordfilt2

引数 padopt はコンパイル時の定数でなければなりません。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

otsuthresh

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

padarray

最大 3 次元の入力をサポートします。

入力引数 padval および direction はコンパイル時の定数であることが必要です。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。入力引数 padsize はコンパイル時の定数でなければなりません。

projective2d

コードを生成するときは、単一のオブジェクトのみを指定できます。オブジェクトの配列はサポートされていません。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

psnr

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

regionprops

2 次元のイメージのみをサポートします。テーブル出力型はサポートされません。入力としてセル配列は受け入れられません。コンマ区切りリストを代わりに使用します。プロパティ ConvexAreaConvexHullConvexImageSolidity および SubarrayIdx はサポートされません。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: なし。

rgb2gray

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

rgb2lab

文字列の入力引数はコンパイル時の定数でなければなりません。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

rgb2ycbcr

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

strel

すべての入力引数はコンパイル時の定数でなければなりません。コード生成でサポートされているメソッドはありません。コードを生成するときは、単一のオブジェクトのみを指定できます。オブジェクトの配列はサポートされていません。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

stretchlim

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

superpixels

文字列の入力引数はコンパイル時の定数でなければなりません。'IsInputLab' の値 (true または false) はコンパイル時の定数でなければなりません。

MATLAB Function ブロックのサポート: なし。

watershed

2 次元のイメージのみをサポートします。4 接続または 8 接続のみをサポートします。最大 65,535 領域までをサポートします。出力型は常に uint16 です。

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: なし。

ycbcr2rgb

汎用の MATLAB Host Computer ターゲット プラットフォームを選択している場合、生成コードは、プリコンパイルされた「プラットフォーム固有の共有ライブラリ」を使用します。

MATLAB Function ブロックのサポート: あり。

MATLAB の入力引数と出力引数

関数

注意と制限

nargin

nargout

  • 出力引数をもたない関数の場合、最後にセミコロンを付けずに呼び出されると 1 を返します。

    メモ:   この動作は最後にセミコロンを付けずに外部関数が呼び出される場合にも影響します。MATLAB で呼び出された関数については、nargout1 になります。

MATLAB での内挿および計算幾何学

関数

注意と制限

cart2pol

cart2sph

interp1

  • 'cubic' メソッドはサポートされません。代わりに 'v5cubic' または 'spline' を使用してください。

  • 入力引数 x (サンプル点) は厳密に増加するか、厳密に減少していなければなりません。インデックスの並べ替えは行いません。

  • 入力引数 v (サンプル値) が可変長ベクトル (1 行 : 列または : 行 1 列) の場合、出力 vq の形状は MATLAB での形状と一致します。

    入力引数 v が可変サイズであり、可変長ベクトルではない場合、実行時に行ベクトルになるとエラーが発生します。

  • 入力引数 xq (クエリ点) が可変サイズであり、可変長ベクトルではない場合、実行時に行または列ベクトルになるとエラーが発生します。

  • 「ツールボックス関数のコード生成に対する可変サイズの制限」

interp1q

Y の一部の値が Inf または NaN の場合、MATLAB と一致しない場合があります。

interp2

  • XqYq は同じサイズでなければなりません。meshgrid を使用してグリッド上で評価します。

  • 最良の結果を得るには、XY をベクトルとして指定します。

  • 'cubic' メソッドの場合、グリッドが等間隔でなければエラーが報告されます。この場合、'spline' メソッドを使用します。

  • 'spline' メソッドを使用する場合に最良の結果を得るには、以下のようにします。

    • meshgrid を使用して入力 Xq および Yq を作成します。

    • V の次元に相対的な少数の内挿点を使用します。一連の大きな散布点を内挿することは非効率的です。

interp3

  • XqYq および Zq は同じサイズでなければなりません。meshgrid を使用してグリッド上で評価します。

  • 最良の結果を得るには、XY および Z をベクトルとして指定します。

  • 'cubic' メソッドの場合、グリッドが等間隔でなければエラーが報告されます。この場合、'spline' メソッドを使用します。

  • 'spline' メソッドを使用する場合に最良の結果を得るには、以下のようにします。

    • meshgrid を使用して入力 XqYq および Zq を作成します。

    • V の次元に相対的な少数の内挿点を使用します。一連の大きな散布点を内挿することは非効率的です。

interpn

  • 最適な結果を得るには、X1,X2,...,Xn をベクトルとして指定してください。

  • 2 次元以上の内挿では 'cubic' または 'spline' メソッドはサポートされません。

  • 内挿法は定数文字列でなければなりません。

meshgrid

mkpp

  • 出力構造体 pp は、MATLAB 内での pp 構造体とは異なります。MATLAB では、ppval はコード生成ソフトウェアからの pp 構造体を使用できません。コード生成では、ppval は MATLAB で作成された pp 構造体は使用できません。unmkpp はコード生成に MATLAB pp 構造体を使用できます。

    コード生成ソフトウェアによって作成された pp 構造体から MATLAB pp 構造体を作成するには、以下のようにします。

    • コード生成では、unmkpp を使用して区分的多項式の詳細を MATLAB に返します。

    • MATLAB で、mkpp を使用して pp 構造体を作成します。

  • d を指定しない場合、coefs は 2 次元の固定数の列をもたなければなりません。この場合、列数が次数になります。

  • 区分的定数多項式を定義するには、coefs が列ベクトルであるか、d が 2 つ以上の要素を含んでいなければなりません。

  • d を指定し、d1 の場合、d は定数でなければなりません。そうでない場合、ppval への入力が非スカラーであれば ppval の出力の形状は MATLAB 内の ppval と異なる可能性があります。

  • d を指定する場合は固定長でなければなりません。以下のいずれかのステートメントが真でなければなりません。

    1. m = length(d) および npieces = length(breaks) - 1 であると仮定します。

      size(coefs,j) = d(j) 
      size(coefs,m+1) = npieces
      size(coefs,m+2) = order 
      j = 1,2,...,m。次元 m+2 は固定長でなければなりません。

    2. m = length(d) および npieces = length(breaks) - 1 であると仮定します。

      size(coefs,1) = prod(d)*npieces
      size(coefs,2) = order             
      2 番目の次元は固定長でなければなりません。

  • d を指定しない場合、以下のステートメントは真でなければなりません。

    m = length(d) および npieces = length(breaks) - 1 であると仮定します。

    size(coefs,1) = prod(d)*npieces
    size(coefs,2) = order
    2 番目の次元は固定長でなければなりません。

pchip

  • 入力 x は厳密に増加しなければなりません。

  • NaN 値をもつ y エントリは削除しません。

  • pp = pchip(x,y) 構文のコードを生成する場合、MATLAB 内で関数 ppvalpp を入力できません。コード生成ソフトウェアによって作成された pp 構造体から MATLAB pp 構造体を作成するには、以下のようにします。

    • コード生成では、unmkpp を使用して区分的多項式の詳細を MATLAB に返します。

    • MATLAB で、mkpp を使用して pp 構造体を作成します。

pol2cart

polyarea

ppval

以下のステートメントの両方が真の場合、出力 v のサイズは MATLAB とは一致しません。

  • 入力 x は可変長ベクトルではない可変サイズの配列です。

  • x は実行時に行ベクトルになります。

コード生成ソフトウェアは、大きさが 1 の次元を削除しません。一方、MATLAB は大きさが 1 の次元を削除する場合もあります。

たとえば、x が :4 行 :5 列の配列であると仮定します (1 番目の次元は上限が 4 の可変サイズ、2 番目の次元は上限が 5 の可変サイズ)。また、ppval(pp,0) は 2 行 3 列の固定サイズの配列を返すと仮定します。v のサイズは 2 x 3 x :4 x :5 です。実行時に size(x,1) =1 と size (x,2) = 5 であると仮定します。生成されたコード内では size(v) は [2,3,1,5] になります。MATLAB では、このサイズは [2,3,5] です。

rectint

sph2cart

spline

  • 入力 x は厳密に増加しなければなりません。

  • NaN 値をもつ Y エントリは削除しません。

  • Y 内の無限大の端点での傾きに対するエラーはレポートしません。

  • pp = spline(x,Y) 構文のコードを生成する場合、MATLAB 内で関数 ppvalpp を入力できません。コード生成ソフトウェアによって作成された pp 構造体から MATLAB pp 構造体を作成するには、以下のようにします。

    • コード生成では、unmkpp を使用して区分的多項式の詳細を MATLAB に返します。

    • MATLAB で、mkpp を使用して pp 構造体を作成します。

unmkpp

  • pp は、MATLAB の mkppspline または pchip、あるいはコード生成ソフトウェアによって作成された有効な区分的多項式の構造体でなければなりません。

  • MATLAB の interp1 によって作成された pp 構造体はサポートしません。

MATLAB での線形代数

関数注意と制限

bandwidth

isbanded

isdiag

ishermitian

istril

istriu

issymmetric

linsolve

  • option 構造体は定数でなければなりません。

  • スカラーの option 構造体の入力のみサポートします。配列の option 構造体はサポートしません。

  • 以下の場合のみ最適化します。

    • UT

    • LT

    • UHESS = true (TRANSAtrue または false のいずれかになります)

    • SYM = true かつ POSDEF = true

    その他のオプションは mldivide を使用する場合と同じです。

lsqnonneg

  • 可変サイズ配列のサポートを有効にしなければなりません。

  • 出力構造体 output (5 番目の出力) の文字列 message は変換されません。

null

  • MATLAB と異なる基底が返される場合があります。

  • 有理基底オプション (2 番目の入力) はサポートしません。

orth

  • MATLAB とは異なる基底を返すことができます。

rsf2csf

schur

生成コードで MATLAB と異なる Schur 分解を返すこともあります。

sqrtm

MATLAB の論理演算とビット単位の演算

関数注意と制限

and

bitand

bitcmp

bitget

bitor

bitset

bitshift

bitxor

not

or

xor

MATLAB Compiler

以下の関数の C および C++ コード生成には MATLAB Compiler™ ソフトウェアが必要です。

関数

注意と制限

isdeployed

  • MEX ターゲットおよび SIM ターゲットに対して適切な true および false を返します。

  • その他のターゲットに対して false を返します。

ismcc

  • MEX ターゲットおよび SIM ターゲットに対して適切な true および false を返します。

  • その他のターゲットに対して false を返します。

MATLAB の行列および配列

関数

注意と制限

abs

all

「ツールボックス関数のコード生成に対する可変サイズの制限」

angle

any

「ツールボックス関数のコード生成に対する可変サイズの制限」

blkdiag

bsxfun

「ツールボックス関数のコード生成に対する可変サイズの制限」

cat

circshift

最初の引数ではセル配列をサポートしません。

colon

  • 複素数入力は使用できません。

  • 入力 i は論理値にはできません。

  • ベクトル入力は使用できません。

  • 入力は定数でなければなりません。

  • 単精度演算を使用して単精度の結果を生成します。

compan

cond

「ツールボックス関数のコード生成に対する可変サイズの制限」

cov

cross

cumprod

論理値の入力はサポートされません。最初に入力を double にキャストします。

cumsum

論理値の入力はサポートされません。最初に入力を double にキャストします。

det

diag

  • 対角行列の次数を表す引数を指定する場合、実数のスカラー整数値にしなければなりません。

  • 可変長ベクトルである可変サイズの入力の場合 (1 行 n 列、または m 行 1 列)、diag は次を実行します。

    • 入力をベクトル入力として処理する。

    • 特定の対角方向を指定されたベクトルをもつ行列を返す。

  • 可変長ベクトルではない可変サイズ入力に対し、diag は次のように動作します。

    • 入力を行列として処理する。

    • 実行時にベクトルである入力をサポートしない。

    • 可変長ベクトルを返す。

    入力が可変サイズ (m 行 n 列) で、実行時の形状が 0 行 0 列の場合、出力は 0 行 0 列でなく 0 行 1 列になります。ただし、入力が一定サイズの 0 行 0 列の場合、出力は [] になります。

  • 可変長ベクトルでない可変サイズの入力の場合 (1 行 n 列、または m 行 1 列)、diag は入力を対角ベクトル抽出元の行列として処理します。入力配列が実行時にベクトルである場合も、このように動作します。diag が構築する行列が、1 行 n 列、または m 行 1 列でない可変サイズの入力に基づくよう設定する場合、

    • diag(x(:)) を次の代わりに使用します。 diag(x)

    • diag(x(:),k) を次の代わりに使用します。 diag(x,k)

  • 「ツールボックス関数のコード生成に対する可変サイズの制限」

diff

dot

eig

  • コード生成では、すべての場合において QZ アルゴリズムが使用されます。MATLAB では異なる入力に対して異なるアルゴリズムを使用できます。したがって、V は基底が異なる固有ベクトルを表す場合があります。D の固有値の順序が MATLAB と異なる場合があります。

  • 入力が 1 つの場合 ([V,D] = eig(A))、結果は MATLAB で [V,D] = eig(A,eye(size(A)),'qz') を使用して取得した場合と同様になります。ただし、V の列が正規化されます。

  • オプションの 'balance' および 'nobalance' は標準固有値問題に対してサポートされません。'chol' は対称一般化固有値問題に対してサポートされません。

  • 出力は複素数型になります。

  • 左固有ベクトルを計算するオプションはサポートされません。

eye

  • classname は組み込みの MATLAB 数値型でなければなりません。他のクラスの静的な eye メソッドは呼び出しません。たとえば、eye(m, n, 'myclass’)myclass.eye(m,n) を呼び出しません。

  • サイズの引数は固定サイズでなければなりません。

false

  • 次元は非負の実数の整数でなければなりません。

find

  • 可変サイズの入力が実行時に行ベクトルになるとエラーを発行します。

      メモ:   入力がスカラーまたは可変長の行ベクトルの場合は、この制限事項は適用されません。

  • 可変サイズの入力については、空の出力の形状、つまり 0 行 0 列、0 行 1 列または 1 行 0 列かは入力のサイズの上限に依存します。実行時の入力の配列がスカラーまたは [] の場合、出力は MATLAB と一致しない可能性があります。入力が可変長の行ベクトルの場合は、空の出力のサイズは 1 行 0 列になり、それ以外の場合は 0 行 1 列になります。

  • 常に可変長ベクトルを返します。出力ベクトル k を指定した場合でも、出力は k 要素よりも少ない可能性があるため、固定サイズにはなりません。たとえば、find(x,1) は 1 要素または 0 要素の可変長ベクトルを返します。

flip

最初の引数ではセル配列をサポートしません。

flipdim

最初の引数ではセル配列をサポートしません。

fliplr

セル配列はサポートしません。

flipud

セル配列はサポートしません。

full

hadamard

n は固定サイズのスカラーでなければなりません。

hankel

hilb

ind2sub

inv

特異行列の入力は MATLAB の結果とは異なる非有限値を生成する可能性があります。

invhilb

ipermute

iscolumn

isempty

isequal

isequaln

isfinite

isfloat

isinf

isinteger

islogical

ismatrix

isnan

isrow

issparse

isvector

kron

length

linspace

logspace

lu

magic

「ツールボックス関数のコード生成に対する可変サイズの制限」

max

min

ndgrid

ndims

nnz

nonzeros

norm

normest

numel

ones

  • 次元は非負の実数の整数でなければなりません。

  • 入力 optimfun はコード生成でサポートされる関数でなければなりません。

pascal

permute

pinv

planerot

「ツールボックス関数のコード生成に対する可変サイズの制限」

prod

qr

rand

randi

randn

randperm

rank

rcond

repmat

サイズの引数は固定サイズでなければなりません。

reshape

rng

  • 'twister''v5normal' および 'v4' ジェネレーターのみがサポートされています。

  • 'shuffle' 入力はサポートしません。

  • MEX ターゲットの場合:

    • 外部呼び出しが無効であるか rngparfor ループ内部で呼び出されている場合、MEX 関数の rng の出力は MATLAB の関数 rng とは互換性がありません。MEX 関数から s = rng の出力を MATLAB の rng に渡すことはできません。

    • 外部呼び出しが有効であり rngparfor ループ内部で呼び出されていない場合、rng のみが rng が返す構造体内のデータにアクセスできます。

rosser

rot90

最初の引数ではセル配列をサポートしません。

shiftdim

sign

size

sort

  • 最初の引数ではセル配列をサポートしません。

  • 入力が複素数型の場合、sort は絶対値に従って出力を並べ替えます。x が虚数部にすべて 0 が設定された複素数型の場合は、sort(real(x)) を使用して実数型の並べ替え順序を計算します。「ゼロ値の虚数部をもつ複素数データのコード生成」を参照してください。

sortrows

  • 最初の引数ではセル配列をサポートしません。

  • 入力が複素数型の場合、sortrows は絶対値に従って出力を並べ替えます。x が虚数部にすべて 0 が設定された複素数型の場合は、sortrows(real(x)) を使用して実数型の並べ替え順序を計算します。「ゼロ値の虚数部をもつ複素数データのコード生成」を参照してください。

squeeze

セル配列はサポートしません。

sub2ind

subspace

sum

toeplitz

trace

tril

  • 対角行列の次数を表す引数を指定する場合、実数のスカラー整数値にしなければなりません。

triu

  • 対角行列の次数を表す引数を指定する場合、実数のスカラー整数値にしなければなりません。

true

  • 次元は非負の実数の整数でなければなりません。

vander

wilkinson

n は固定サイズのスカラーでなければなりません。

zeros

  • 次元は非負の実数の整数でなければなりません。

Neural Network Toolbox

Neural Network Toolbox™ の genFunction を使用して、学習済みニューラル ネットワークのスタンドアロンの MATLAB 関数を生成できます。このスタンドアロンの MATLAB 関数から C/C++ コードを生成できます。Simulink ブロックを生成するには、関数 genSim を使用します。「Deploy Trained Neural Network Functions」を参照してください。

MATLAB での数値積分と微分

関数

注意と制限

cumtrapz

del2

diff

  • 指定する場合、diff を適用する回数を表す引数と、差分を計算する次元は定数でなければなりません。

gradient

ode23

  • odeset のオプション引数はすべて定数でなければなりません。

  • オプション構造体の中の定数の質量行列はサポートされません。質量行列は関数として指定してください。

  • 少なくとも 2 つの出力引数 TY を指定しなければなりません。

  • 入力の型は同種でなければなりません (すべて double またはすべて single)。

  • 可変サイズのサポートが有効でなければなりません。tspan が 2 つの要素をもつ場合またはイベント関数を使用する場合は、動的メモリ割り当てが必要です。

ode45

  • odeset のオプション引数はすべて定数でなければなりません。

  • オプション構造体の中の定数の質量行列はサポートされません。質量行列は関数として指定してください。

  • 少なくとも 2 つの出力引数 TY を指定しなければなりません。

  • 入力の型は同種でなければなりません (すべて double またはすべて single)。

  • 可変サイズのサポートが有効でなければなりません。tspan が 2 つの要素をもつ場合またはイベント関数を使用する場合は、動的メモリ割り当てが必要です。

odeget

引数 name は定数でなければなりません。

odeset

すべての入力は定数でなければなりません。

quad2d

  • 内部ストレージ配列のサイズが足りない場合に警告を出します。警告が出た場合の 1 つの回避策として、積分領域を分割し、各分割領域で積分の和をとることができます。

quadgk

trapz

MATLAB の最適化関数

関数

注意と制限

fminsearch

  • Display オプションを無視します。実行中、ステータス情報は表示されません。出力 exitflag で終了条件をテストします。

  • 出力構造体には algorithm または message フィールドが含まれません。

  • OutputFcn および PlotFcns オプションを無視します。

fzero

  • 最初の引数は関数ハンドルでなければなりません。最初の引数では構造体、インライン関数または文字列の入力はサポートされません。

  • 最大で 3 つの出力引数までサポートします。4 番目の出力引数 (output 構造体) はサポートされません。

optimget

入力パラメーター名は定数でなければなりません。

optimset

  • 入力引数または出力引数をとらない次の構文はサポートしません。

    optimset

  • オプションで指定された関数はコード生成でサポートされていなければなりません。

  • options 構造体 oldopts のフィールドは固定サイズ フィールドでなければなりません。

  • コード生成では、最適化関数は Display オプションを無視します。

  • Optimization Toolbox™ の関数 optimset で作成された options 構造体では追加のオプションはサポートされません。入力 options 構造体に追加の Optimization Toolbox オプションが含まれる場合、出力構造体にそれらのオプションは含まれません。

Phased Array System Toolbox

以下の関数と System object に対する C および C++ コードの生成には、Phased Array System Toolbox™ ソフトウェアが必要です。

名前注意と制限
アンテナおよびマイク素子

aperture2gain

可変サイズ入力はサポートしません。

azel2phithetapat

可変サイズ入力はサポートしません。

azel2uvpat

可変サイズ入力はサポートしません。

circpol2pol

可変サイズ入力はサポートしません。

gain2aperture

可変サイズ入力はサポートしません。

phased.CosineAntennaElement
phased.CrossedDipoleAntennaElement
phased.CustomAntennaElement
phased.CustomMicrophoneElement
phased.IsotropicAntennaElement
phased.OmnidirectionalMicrophoneElement
phased.ShortDipoleAntennaElement

phitheta2azelpat

可変サイズ入力はサポートしません。

phitheta2uvpat

可変サイズ入力はサポートしません。

pol2circpol

可変サイズ入力はサポートしません。

polellip

可変サイズ入力はサポートしません。

polloss

可変サイズ入力はサポートしません。

polratio

可変サイズ入力はサポートしません。

polsignature

  • 可変サイズ入力はサポートしません。

  • 出力引数が指定された場合のみサポートされます。

stokes

  • 可変サイズ入力はサポートしません。

  • 出力引数が指定された場合のみサポートされます。

uv2azelpat

可変サイズ入力はサポートしません。

uv2phithetapat

可変サイズ入力はサポートしません。

アレイ形状と解析

az2broadside

可変サイズ入力はサポートしません。

broadside2az

可変サイズ入力はサポートしません。

pilotcalib

可変サイズ入力はサポートしません。

phased.ArrayGain
phased.ArrayResponse「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.ConformalArray
phased.ElementDelay「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.PartitionedArray
phased.ReplicatedSubarray
phased.SteeringVector「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.UCA
phased.ULA
phased.URA
信号の放射および収集
phased.Collector「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.Radiator「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.WidebandCollector
phased.WidebandRadiator「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。

sensorsig

可変サイズ入力はサポートしません。

送信機と受信機

delayseq

可変サイズ入力はサポートしません。

noisepow

可変サイズ入力はサポートしません。

phased.ReceiverPreamp「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.Transmitter「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。

systemp

可変サイズ入力はサポートしません。

波形の設計と解析

ambgfun

可変サイズ入力はサポートしません。

phased.FMCWWaveform.
phased.LinearFMWaveform
phased.MFSKWaveform
phased.PhaseCodedWaveform
phased.RectangularWaveform
phased.SteppedFMWaveform

range2bw

可変サイズ入力はサポートしません。

range2time

可変サイズ入力はサポートしません。

time2range

可変サイズ入力はサポートしません。

unigrid

可変サイズ入力はサポートしません。

ビームフォーミング

cbfweights

可変サイズ入力はサポートしません。

lcmvweights

可変サイズ入力はサポートしません。

mvdrweights

可変サイズ入力はサポートしません。

phased.FrostBeamformer
phased.LCMVBeamformer「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.MVDRBeamformer「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.PhaseShiftBeamformer「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.SteeringVector「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.SubbandMVDRBeamformer「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.SubbandPhaseShiftBeamformer「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.TimeDelayBeamformer
phased.TimeDelayLCMVBeamformer

sensorcov

可変サイズ入力はサポートしません。

steervec

可変サイズ入力はサポートしません。

到来方向 (DOA) 推定

aictest

可変サイズ入力はサポートしません。

espritdoa

可変サイズ入力はサポートしません。

gccphat

可変サイズ入力はサポートしません。

mdltest

可変サイズ入力はサポートしません。

phased.BeamscanEstimator「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.BeamscanEstimator2D「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.BeamspaceESPRITEstimator「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.ESPRITEstimator「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.GCCEstimator「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.MVDREstimator「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.MVDREstimator2D「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.RootMUSICEstimator「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.RootWSFEstimator「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.SumDifferenceMonopulseTracker「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.SumDifferenceMonopulseTracker2D「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。

rootmusicdoa

可変サイズ入力はサポートしません。

spsmooth

可変サイズ入力はサポートしません。

空間時間適応処理 (STAP)

dopsteeringvec

可変サイズ入力はサポートしません。

phased.ADPCACanceller「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.AngleDopplerResponse「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.DPCACanceller「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.STAPSMIBeamformer「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。

val2ind

可変サイズ入力はサポートしません。

ターゲット、干渉、信号の伝播

billingsleyicm

可変サイズ入力はサポートしません。

depressionang

可変サイズ入力はサポートしません。

effearthradius

可変サイズ入力はサポートしません。

fspl

可変サイズ入力はサポートしません。

fogpl

可変サイズ入力はサポートしません。

gaspl

可変サイズ入力はサポートしません。

grazingang

可変サイズ入力はサポートしません。

horizonrange

可変サイズ入力はサポートしません。

phased.BackscatterRadarTarget「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.BarrageJammer「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.ConstantGammaClutter「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.FreeSpace
phased.LOSChannel「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.RadarTarget「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.TwoRayChannel「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.WidebandFreeSpace「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。
phased.WidebandLOSChannel「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。

physconst

可変サイズ入力はサポートしません。

surfacegamma

可変サイズ入力はサポートしません。

surfclutterrcs

可変サイズ入力はサポートしません。

rainpl

可変サイズ入力はサポートしません。

動きのモデル化と座標系

azel2phitheta

可変サイズ入力はサポートしません。

azel2uv

可変サイズ入力はサポートしません。

azelaxes

可変サイズ入力はサポートしません。

cart2sphvec

可変サイズ入力はサポートしません。

dop2speed

可変サイズ入力はサポートしません。

global2localcoord

可変サイズ入力はサポートしません。

local2globalcoord

可変サイズ入力はサポートしません。

phased.Platform「MATLAB コード生成における System object」を参照してください。

phitheta2azel

可変サイズ入力はサポートしません。

phitheta2uv

可変サイズ入力はサポートしません。

radialspeed

可変サイズ入力はサポートしません。

rangeangle

可変サイズ入力はサポートしません。

rotx

可変サイズ入力はサポートしません。

roty

可変サイズ入力はサポートしません。

rotz

可変サイズ入力はサポートしません。

speed2dop

可変サイズ入力はサポートしません。

sph2cartvec

可変サイズ入力はサポートしません。

uv2azel

可変サイズ入力はサポートしません。

MATLAB の多項式

関数

注意と制限

poly

polyder

出力に含まれる NaN の数が MATLAB 出力よりも少ない場合があります。ただし、入力に NaN が含まれている場合、出力には少なくとも 1 つの NaN が含まれます。

polyfit

「ツールボックス関数のコード生成に対する可変サイズの制限」

polyint

polyval

polyvalm

roots

  • 出力は可変サイズです。

  • 出力は複素数です。

  • 根は MATLAB の次数と常に同じとは限りません。

  • 条件の悪い多項式の根は MATLAB と常に一致するとは限りません。

MATLAB のプログラミング ユーティリティ

関数

注意と制限

mfilename

MATLAB の関係演算子

関数

注意と制限

eq

ge

gt

le

lt

ne

Robotics System Toolbox

以下の関数に対する C/C++ コードの生成には、Robotics System Toolbox™ ソフトウェアが必要です。

名前注意と制限
アルゴリズム設計
robotics.PurePursuit

MATLAB Function ブロックのサポート: なし

robotics.VectorFieldHistogram

MATLAB Function ブロックのサポート: なし

robotics.ParticleFilter

MATLAB Function ブロックのサポート: なし

座標系の変換
angdiff

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

axang2quat

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

axang2rotm

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

axang2tform

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

cart2hom

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

eul2quat

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

eul2rotm

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

eul2tform

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

hom2cart

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

quat2axang

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

quat2eul

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

quat2rotm

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

quat2tform

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

rotm2axang

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

rotm2eul

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

rotm2quat

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

rotm2tform

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

tform2axang

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

tform2eul

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

tform2quat

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

tform2rotm

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

tform2trvec

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

trvec2tform

MATLAB Function ブロックのサポート: あり

MATLAB の丸めおよび残余の関数

関数

注意と制限

ceil

fix

floor

mod

  • 出力クラスを使用して演算を実行します。丸め誤差により、結果が MATLAB と一致しない場合があります。

    いずれかの入力の型が int64 または uint64 の場合は、両方の入力の型が同じでなければなりません。

rem

  • 出力クラスを使用して演算を実行します。丸め誤差により、結果が MATLAB と一致しない場合があります。

  • いずれかの入力の型が int64 または uint64 の場合は、両方の入力の型が同じでなければなりません。

round

構文 Y = round(X) のみがサポートされます。

MATLAB の集合演算

関数

注意と制限

intersect

  • 最初または 2 番目の引数ではセル配列をサポートしません。

  • 'rows' オプションを指定しない場合:

    • 入力 A および B はベクトルでなければなりません。'legacy' オプションを指定する場合、入力 A および B は行ベクトルでなければなりません。

    • 可変サイズの行ベクトルの最初の次元は固定長 1 でなければなりません。可変サイズの列ベクトルの 2 番目の次元は固定長 1 でなければなりません。

    • [] の入力はサポートされていません。たとえば zeros(1,0) のように 1 行 0 列または 0 行 1 列の入力を使って、空集合を表します。

    • 'legacy' オプションを指定する場合、空の出力は 1 行 0 列の行ベクトルになり、0 行 0 列にはなりません。

  • 'legacy' オプションと 'rows' オプションの両方を指定した場合、出力 ia および ib は列ベクトルになります。これらの出力が空の場合、出力 C が 0 行 0 列であっても、0 行 1 列になり、0 行 0 列にはなりません。

  • setOrder'sorted' である場合や、'legacy' オプションを指定する場合、入力はあらかじめ昇順で並べ替えられていなければなりません。最初の出力 C は、昇順で並べ替えられています。

  • 複素数入力は、single または double でなければなりません。

  • 1 つの入力が複素数、もう 1 つの入力が実数の場合は、次のいずれかの操作を実行します。

    • setOrder'stable' に設定。

    • 実数入力を複素数の (絶対値の) 昇順に並べ替える。実数入力を x として sort(complex(x)) または sortrows(complex(x)) を使用する。

  • 「ゼロ値の虚数部をもつ複素数データのコード生成」

ismember

issorted

setdiff

  • 最初または 2 番目の引数ではセル配列をサポートしません。

  • 'rows' オプションを指定しない場合:

    • 入力 A および B はベクトルでなければなりません。'legacy' オプションを指定する場合、入力 A および B は行ベクトルでなければなりません。

    • 可変サイズの行ベクトルの最初の次元は固定長 1 でなければなりません。可変サイズの列ベクトルの 2 番目の次元は固定長 1 でなければなりません。

    • 空のセットを表すために [] を使用しないでください。たとえば zeros(1,0) のように 1 行 0 列または 0 行 1 列の入力を使って、空集合を表します。

    • 'legacy' オプションを指定する場合、空の出力は 1 行 0 列の行ベクトルになり、0 行 0 列にはなりません。

  • 'legacy' オプションと 'rows' オプションの両方を指定する場合、出力 ia は列ベクトルです。ia が空の場合、出力 C が 0 行 0 列であっても、0 行 1 列になり、0 行 0 列にはなりません。

  • setOrder'stable' ではないか、'legacy' オプションを指定した場合、入力はあらかじめ昇順で並べ替えられていなければなりません。最初の出力 C は、昇順で並べ替えられています。

  • 複素数入力は、single または double でなければなりません。

  • 1 つの入力が複素数、もう 1 つの入力が実数の場合は、次のいずれかの操作を実行します。

    • setOrder'stable' に設定。

    • 実数入力を複素数の (絶対値の) 昇順に並べ替える。実数入力を x として sort(complex(x)) または sortrows(complex(x)) を使用する。

  • 「ゼロ値の虚数部をもつ複素数データのコード生成」

setxor

  • 最初または 2 番目の引数ではセル配列をサポートしません。

  • 'rows' オプションを指定しない場合:

    • 入力 A および B は同じ方向のベクトルでなければなりません。'legacy' オプションを指定する場合、入力 A および B は行ベクトルでなければなりません。

    • 可変サイズの行ベクトルの最初の次元は固定長 1 でなければなりません。可変サイズの列ベクトルの 2 番目の次元は固定長 1 でなければなりません。

    • [] の入力はサポートされていません。たとえば zeros(1,0) のように 1 行 0 列または 0 行 1 列の入力を使って、空集合を表します。

    • 'legacy' オプションを指定する場合、空の出力は 1 行 0 列の行ベクトルになり、0 行 0 列にはなりません。

  • 'legacy' オプションと 'rows' オプションの両方を指定した場合、出力 ia および ib は列ベクトルになります。これらの出力が空の場合、出力 C が 0 行 0 列であっても、0 行 1 列になり、0 行 0 列にはなりません。

  • setOrder'stable' ではないか、'legacy' フラグを指定した場合、入力はあらかじめ昇順で並べ替えられていなければなりません。最初の出力 C は、昇順で並べ替えられています。

  • 複素数入力は、single または double でなければなりません。

  • 1 つの入力が複素数、もう 1 つの入力が実数の場合は、次のいずれかの操作を実行します。

    • setOrder'stable' に設定。

    • 実数入力を複素数の (絶対値の) 昇順に並べ替える。実数入力を x として sort(complex(x)) または sortrows(complex(x)) を使用する。

  • 「ゼロ値の虚数部をもつ複素数データのコード生成」

union

  • 最初または 2 番目の引数ではセル配列をサポートしません。

  • 'rows' オプションを指定しない場合:

    • 入力 A および B は同じ方向のベクトルでなければなりません。'legacy' オプションを指定する場合、入力 A および B は行ベクトルでなければなりません。

    • 可変サイズの行ベクトルの最初の次元は固定長 1 でなければなりません。可変サイズの列ベクトルの 2 番目の次元は固定長 1 でなければなりません。

    • [] の入力はサポートされていません。たとえば zeros(1,0) のように 1 行 0 列または 0 行 1 列の入力を使って、空集合を表します。

    • 'legacy' オプションを指定する場合、空の出力は 1 行 0 列の行ベクトルになり、0 行 0 列にはなりません。

  • 'legacy' オプションと 'rows' オプションの両方を指定した場合、出力 ia および ib は列ベクトルになります。これらの出力が空の場合、出力 C が 0 行 0 列であっても、0 行 1 列になり、0 行 0 列にはなりません。

  • setOrder'stable' ではないか、'legacy' オプションを指定した場合、入力はあらかじめ昇順で並べ替えられていなければなりません。最初の出力 C は、昇順で並べ替えられています。

  • 複素数入力は、single または double でなければなりません。

  • 1 つの入力が複素数、もう 1 つの入力が実数の場合は、次のいずれかの操作を実行します。

    • setOrder'stable' に設定。

    • 実数入力を複素数の (絶対値の) 昇順に並べ替える。実数入力を x として sort(complex(x)) または sortrows(complex(x)) を使用する。

  • 「ゼロ値の虚数部をもつ複素数データのコード生成」

unique

  • 最初の引数ではセル配列をサポートしません。

  • 'rows' オプションを指定しない場合:

    • 入力 A はベクトルでなければなりません。'legacy' オプションを指定する場合、入力 A は行ベクトルでなければなりません。

    • 可変サイズの行ベクトルの最初の次元は固定長 1 でなければなりません。可変サイズの列ベクトルの 2 番目の次元は固定長 1 でなければなりません。

    • [] の入力はサポートされていません。たとえば zeros(1,0) のように 1 行 0 列または 0 行 1 列の入力を使って、空集合を表します。

    • 'legacy' オプションを指定する場合、空の出力は 1 行 0 列の行ベクトルになり、0 行 0 列にはなりません。

  • 'rows' オプションと 'legacy' オプションの両方を指定する場合、出力 ia および ic は列ベクトルです。これらの出力が空の場合、出力 C が 0 行 0 列であっても、0 行 1 列になります。

  • setOrder'stable' ではないか、'legacy' オプションを指定した場合、入力 A はあらかじめ昇順で並べ替えられていなければなりません。最初の出力 C は、昇順で並べ替えられています。

  • 複素数入力は、single または double でなければなりません。

MATLAB の信号処理

関数注意と制限

chol

conv

fft

fft2

fftn

siz 引数は固定サイズでなければなりません。

fftshift

filter

  • 指定する場合、dim は定数でなければなりません。

  • v

freqspace

ifft

ifft2

'symmetric' オプションはサポートしません。

ifftn

  • 'symmetric' オプションはサポートしません。

  • siz 引数は固定サイズでなければなりません。

ifftshift

svd

MATLAB とは異なる SVD 実装を使用します。特異値分解は一意ではないため、左特異ベクトルと右特異ベクトルが MATLAB で計算されたものと異なる可能性があります。

zp2tf

Signal Processing Toolbox

以下の関数の C および C++ コード生成には Signal Processing Toolbox™ ソフトウェアが必要です。これらの関数は可変サイズの入力をサポートしていないため、関数の入力のサイズと型を定義しなければなりません。詳細は、「MATLAB からのコード生成における入力の指定 」を参照してください。

    メモ:   多くの Signal Processing Toolbox 関数は生成されたコードで使用するために定数入力を必要とします。codegen の定数入力を指定するには、coder.Constant を使用してください。

関数 注意/制限

barthannwin

ウィンドウの長さは定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

bartlett

ウィンドウの長さは定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

besselap

フィルターの次数は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

bitrevorder

blackman

ウィンドウの長さは定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

blackmanharris

ウィンドウの長さは定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

bohmanwin

ウィンドウの長さは定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

buttap

フィルターの次数は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

butter

フィルター係数は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

buttord

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

cfirpm

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

cheb1ap

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

cheb2ap

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

cheb1ord

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

cheb2ord

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

chebwin

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

cheby1

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

cheby2

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

db2pow

dct

dct の C および C++コードの生成には DSP System Toolbox ソフトウェアが必要です。

変換次元の長さは 2 のべき乗でなければなりません。付加や切り捨てを指定する場合、その値は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

downsample

dpss

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

ellip

入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

ellipap

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

ellipord

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

filtfilt

フィルター係数は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

findpeaks

fir1

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

fir2

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

fircls

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

fircls1

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

firls

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

firpm

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

firpmord

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

flattopwin

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

freqz

  • 可変サイズ入力はサポートしません。

  • 呼び出しに出力引数を指定せず、最後にセミコロンを使用しない場合、freqz によって返される入力フィルターの複素周波数応答は、512 点で評価されます。

    セミコロンが追加されると、関数はフィルターの振幅と位相の応答のプロットを作成します。

    「出力引数なしの freqz」を参照してください。

gausswin

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

hamming

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

hann

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

idct

idct の C および C++コードの生成には DSP System Toolbox ソフトウェアが必要です。

変換次元の長さは 2 のべき乗でなければなりません。付加や切り捨てを指定する場合、その値は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

intfilt

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

kaiser

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

kaiserord

levinson

levinson の C および C++コードの生成には DSP System Toolbox ソフトウェアが必要です。

再帰法の次元を指定する場合は、定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

maxflat

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

nuttallwin

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

parzenwin

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

peak2peak

peak2rms

pow2db

rcosdesign

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

rectwin

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

resample

resample に対する C および C++ コードの生成には、DSP System Toolbox ソフトウェアが必要です。

アップサンプリングとダウンサンプリングの係数は、定数として指定しなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

rms

sgolay

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

sosfilt

taylorwin

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

triang

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

tukeywin

すべての入力は定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

upfirdn

upfirdn の C および C++コードの生成には DSP System Toolbox ソフトウェアが必要です。

フィルター係数、アップサンプリング係数およびダウンサンプリング係数は、定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

可変サイズ入力はサポートされていません。

upsample

入力 n を定数として宣言するか、呼び出し関数内で関数 assert を使用して、n の上限を設定します。以下に例を示します。

assert(n<10)

xcorr

size(x) の先頭はすべての入力 x について定数でなければなりません。x が可変サイズの行ベクトルの場合、1 行 : 列でなければなりません。実行時に size(x,1) = 1 の :: 列は使用できません。

yulewalk

再帰法の次元を指定する場合は、定数でなければなりません。式や変数は、その値が変化しない限りは使用できます。

MATLAB の特別な値

関数

注意と制限

eps

  • スカラーの固定小数点信号のみサポートしています。

  • スカラー、ベクトル、行列、fi 単精度および fi 倍精度の信号をサポートしています。

inf

  • 次元は非負の実数の整数でなければなりません。

intmax

intmin

NaN または nan

  • 次元は非負の実数の整数でなければなりません。

pi

realmax

realmin

MATLAB の特殊な演算

関数

注意と制限

airy

常に複素数の結果を返します。

besseli

  • 次数 nu0 より小さい場合は、整数でなければなりません。

  • 常に複素数の結果を返します。

besselj

  • 次数 nu0 より小さい場合は、整数でなければなりません。

  • 常に複素数の結果を返します。

beta

betainc

常に複素数の結果を返します。

betaincinv

常に複素数の結果を返します。

betaln

ellipke

erf

erfc

erfcinv

erfcx

erfinv

expint

gamma

gammainc

出力は常に複素数です。

gammaincinv

出力は常に複素数です。

gammaln

psi

MATLAB での統計

関数

注意と制限

corrcoef

  • 行ベクトル入力は、最初の 2 つの入力がベクトルかつ非スカラーである場合のみサポートされます。

cummin

cummax

mean

median

mode

std

var

Statistics and Machine Learning Toolbox

以下の関数に対する C および C++ コードの生成には、Statistics and Machine Learning Toolbox™ ソフトウェアが必要です。

関数

注意と制限

betacdf

betafit

betainv

betalike

betapdf

betarnd

次のいずれかが真の場合、MATLAB とは異なる数列を返すことができます。

  • 出力が非スカラー。

  • 入力パラメーターが分布に対して無効。

betastat

binocdf

binoinv

binopdf

binornd

次のいずれかが真の場合、MATLAB とは異なる数列を返すことができます。

  • 出力が非スカラー。

  • 入力パラメーターが分布に対して無効。

binostat

cdf

chi2cdf

chi2inv

chi2pdf

chi2rnd

次のいずれかが真の場合、MATLAB とは異なる数列を返すことができます。

  • 出力が非スカラー。

  • 入力パラメーターが分布に対して無効。

chi2stat

evcdf

evinv

evpdf

evrnd

次のいずれかが真の場合、MATLAB とは異なる数列を返すことができます。

  • 出力が非スカラー。

  • 入力パラメーターが分布に対して無効。

evstat

expcdf

expinv

exppdf

exprnd

次のいずれかが真の場合、MATLAB とは異なる数列を返すことができます。

  • 出力が非スカラー。

  • 入力パラメーターが分布に対して無効。

expstat

fcdf

finv

fpdf

frnd

次のいずれかが真の場合、MATLAB とは異なる数列を返すことができます。

  • 出力が非スカラー。

  • 入力パラメーターが分布に対して無効。

fstat

gamcdf

gaminv

gampdf

gamrnd

次のいずれかが真の場合、MATLAB とは異なる数列を返すことができます。

  • 出力が非スカラー。

  • 入力パラメーターが分布に対して無効。

gamstat

geocdf

geoinv

geomean

geopdf

geornd

次のいずれかが真の場合、MATLAB とは異なる数列を返すことができます。

  • 出力が非スカラー。

  • 入力パラメーターが分布に対して無効。

geostat

gevcdf

gevinv

gevpdf

gevrnd

次のいずれかが真の場合、MATLAB とは異なる数列を返すことができます。

  • 出力が非スカラー。

  • 入力パラメーターが分布に対して無効。

gevstat

gpcdf

gpinv

gppdf

gprnd

次のいずれかが真の場合、MATLAB とは異なる数列を返すことができます。

  • 出力が非スカラー。

  • 入力パラメーターが分布に対して無効。

gpstat

harmmean

hygecdf

hygeinv

hygepdf

hygernd

次のいずれかが真の場合、MATLAB とは異なる数列を返すことができます。

  • 出力が非スカラー。

  • 入力パラメーターが分布に対して無効。

hygestat

icdf

iqr

kmeans

  • Start メソッドでランダムな選択を使用する場合、クラスターの重心の初期位置は MATLAB と一致しない場合があります。

  • X の行数が固定されている場合、NaN を含む X の行は削除されません。

  • C のクラスターの重心位置は MATLAB とは異なる順序にすることができます。この場合、idx のクラスター インデックスには対応する相違点があります。

  • Display を指定する場合、その値は 'off' でなければなりません。

  • Streams を指定する場合は空でなければなりません。また、UseSubstreamsfalse でなければなりません。

  • UseParallel オプションを true に設定する場合、Replicates1 である場合でも一部の計算を並行して実行できます。大規模なデータセットの場合、Replicates1 の場合は、UseParallel オプションを true に設定することを検討します。

kurtosis

logncdf

logninv

lognpdf

lognrnd

次のいずれかが真の場合、MATLAB とは異なる数列を返すことができます。

  • 出力が非スカラー。

  • 入力パラメーターが分布に対して無効。

lognstat

mad

入力 dim は空にできません。

mnpdf

入力 dim は空にできません。

moment

order が非整数で、X が実数の場合は、moment(complex(X), order) を使用します。

nancov

入力が可変サイズで、実行時に [] である場合は、NaN でなく [] を返します。

nanmax

nanmean

nanmedian

nanmin

nanstd

nansum

nanvar

nbincdf

nbininv

nbinpdf

nbinrnd

次のいずれかが真の場合、MATLAB とは異なる数列を返すことができます。

  • 出力が非スカラー。

  • 入力パラメーターが分布に対して無効。

nbinstat

ncfcdf

ncfinv

ncfpdf

ncfrnd

次のいずれかが真の場合、MATLAB とは異なる数列を返すことができます。

  • 出力が非スカラー。

  • 入力パラメーターが分布に対して無効。

ncfstat

nctcdf

nctinv

nctpdf

nctrnd

次のいずれかが真の場合、MATLAB とは異なる数列を返すことができます。

  • 出力が非スカラー。

  • 入力パラメーターが分布に対して無効。

nctstat

ncx2cdf

ncx2rnd

次のいずれかが真の場合、MATLAB とは異なる数列を返すことができます。

  • 出力が非スカラー。

  • 入力パラメーターが分布に対して無効。

ncx2stat

normcdf

norminv

normpdf

normrnd

次のいずれかが真の場合、MATLAB とは異なる数列を返すことができます。

  • 出力が非スカラー。

  • 入力パラメーターが分布に対して無効。

normstat

pca

  • 'Algorithm''als' の場合、'Options''Display' 値は無視されます。

  • 指定する場合は 'Weights''VariableWeights' は実数でなければなりません。

  • 5 番目の出力 explained は常に列ベクトルとして返します。

  • 6 番目の出力 mu は常に行ベクトルとして返します。

  • mu が空の場合、関数 pcamu を 1 行 0 列の配列として返します。pcamu を 0 行 0 列の空配列には変換しません。

  • すべてが NaN 値である入力行列 X を特殊なケースとして扱いません。出力は、入力の一部が有限であるときのサイズと同じになります。

pdf

pearsrnd

生成された出力 r がスカラーのときのみ MATLAB と一致します。

poisscdf

poissinv

poisspdf

poissrnd

次のいずれかが真の場合、MATLAB とは異なる数列を返すことができます。

  • 出力が非スカラー。

  • 入力パラメーターが分布に対して無効。

poisstat

prctile

  • 「次元の自動選択の制限」

  • 出力 Y がベクトルである場合、以下のすべてが真であれば、Y の向きは MATLAB とは異なります。

    • dim 入力を指定しない。

    • X は可変サイズの配列である。

    • X は可変長のベクトルでない。

    • X が実行時にベクトルである。

    • ベクトル X の方向が、ベクトル p の方向と一致しない。

    この場合、出力 Yp の向きではなく X の向きと一致します。

quantile

randg

random

randsample

非復元抽出法の場合、出力値の順序は MATLAB と一致しない場合があります。

raylcdf

raylinv

raylpdf

raylrnd

次のいずれかが真の場合、MATLAB とは異なる数列を返すことができます。

  • 出力が非スカラー。

  • 入力パラメーターが分布に対して無効。

raylstat

skewness

tcdf

tinv

tpdf

trnd

次のいずれかが真の場合、MATLAB とは異なる数列を返すことができます。

  • 出力が非スカラー。

  • 入力パラメーターが分布に対して無効。

tstat

unidcdf

unidinv

unidpdf

unidrnd

次のいずれかが真の場合、MATLAB とは異なる数列を返すことができます。

  • 出力が非スカラー。

  • 入力パラメーターが分布に対して無効。

unidstat

unifcdf

unifinv

unifpdf

unifrnd

次のいずれかが真の場合、MATLAB とは異なる数列を返すことができます。

  • 出力が非スカラー。

  • 入力パラメーターが分布に対して無効。

unifstat

wblcdf

wblinv

wblpdf

wblrnd

次のいずれかが真の場合、MATLAB とは異なる数列を返すことができます。

  • 出力が非スカラー。

  • 入力パラメーターが分布に対して無効。

wblstat

zscore

MATLAB の文字列関数

関数

注意と制限

bin2dec

  • セル配列はサポートしません。

  • 入力が空の場合は MATLAB と一致しません。

blanks

char

セル配列はサポートしません。

deblank

  • char クラスからの入力のみをサポートします。セル配列はサポートしません。

  • 入力値は 0 ~ 127 の範囲内でなければなりません。

dec2bin

  • 入力 ddouble の場合、d2^52 より小さくなければなりません。

  • 入力 dsingle の場合、d2^23 より小さくなければなりません。

  • 入力 n を定数に指定している場合や、入力値にかかわらず出力の列数を固定できるほど n を大きくしている場合を除いて、この関数は可変サイズのサポートが必要になります。可変サイズのサポートがないときの n の最小値は、double の場合は 52single の場合は 23char の場合は 16int32 の場合は 32int16 の場合は 16 などのようにしなければなりません。

dec2hex

  • 入力 ddouble の場合、d2^52 より小さくなければなりません。

  • 入力 dsingle の場合、d2^23 より小さくなければなりません。

  • 入力 n を定数に指定している場合や、入力値にかかわらず出力の列数を固定できるほど n を大きくしている場合を除いて、この関数は可変サイズのサポートが必要になります。可変サイズのサポートがないときの n の最小値は、double の場合は 13single の場合は 6char の場合は 4int32 の場合は 8int16 の場合は 4 などのようにしなければなりません。

hex2dec

セル配列はサポートしません。

hex2num

  • セル配列はサポートしません。

  • n = hex2num(S) の場合、size(S,2) <= length(num2hex(0))

iscellstr

ischar

isletter

  • char クラスからの入力値は 0 ~ 127 の範囲内でなければなりません。

isspace

  • char クラスからの入力値は 0 ~ 127 の範囲内でなければなりません。

isstrprop

  • char および integer クラスからの入力のみをサポートします。

  • 入力値は 0 ~ 127 の範囲内でなければなりません。

lower

  • char の入力のみをサポートします。セル配列はサポートしません。

  • 入力値は 0 ~ 127 の範囲内でなければなりません。

num2hex

str2double

  • セル配列はサポートされていません。

  • 常に複素数の結果を返します。

strcmp

  • 列挙型の入力はサポートされません。

  • ある入力がセル配列で、別の入力が文字配列の場合、この文字配列はコンパイル時の行ベクトルでなければなりません。

  • 両方の入力が空の文字配列で、サイズが異なる場合、true が返されます。

strcmpi
  • 列挙型の入力はサポートされません。

  • char クラスからの入力値は 0 ~ 127 の範囲内でなければなりません。

  • ある入力がセル配列で、別の入力が文字配列の場合、この文字配列はコンパイル時の行ベクトルでなければなりません。

  • 両方の入力が空の文字配列で、サイズが異なる場合、true が返されます。

strfind
  • セル配列はサポートされていません。

  • patternstr に存在しなければ、[] ではなく、zeros(1,0) を返します。空の戻り値があるかどうかをチェックするには、isempty を使用します。

  • 入力は文字の行ベクトルでなければなりません。

strjoin

サイズが 1 行 n 列の文字列が常に返されます。空の入力の場合、[] ではなく 1 行 0 列の文字列が返されます。

strjust

最初の引数では文字列のセル配列をサポートしません。

strncmp

  • 列挙型の入力はサポートされません。

  • ある入力がセル配列で、別の入力が文字配列の場合、この文字配列はコンパイル時の行ベクトルでなければなりません。

strncmpi

  • 列挙型の入力はサポートされません。

  • char クラスからの入力値は 0 ~ 127 の範囲内でなければなりません。

  • ある入力がセル配列で、別の入力が文字配列の場合、この文字配列はコンパイル時の行ベクトルでなければなりません。

strrep

  • セル配列はサポートされていません。

  • oldSubstrorigStr に存在しない場合は、blanks(0) が返されます。空の戻り値があるかどうかをチェックするには、isempty を使用します。

  • 入力は文字の行ベクトルでなければなりません。

strtok

最初の引数ではセル配列をサポートしません。

strtrim

  • char クラスからの入力のみをサポートします。セル配列はサポートしません。

  • 入力値は 0 ~ 127 の範囲内でなければなりません。

upper

  • char クラスからの入力のみをサポートします。セル配列はサポートしません。

  • 入力値は 0 ~ 127 の範囲内でなければなりません。

System Identification Toolbox

以下の関数と System object に対する C および C++ コードの生成には、System Identification Toolbox™ ソフトウェアが必要です。

名前注意と制限

recursiveAR

recursiveARMA

recursiveARMAX

recursiveARX

recursiveBJ

recursiveLS

recursiveOE

MATLAB の三角法

関数

注意と制限

acos

入力値 x は実数でも出力が複素数となっている場合、シミュレーション時にエラーを生成し、生成されたコードで NaN を返します。複素数の結果を得るには、complex(x) を渡して入力値を複素数にします。

acosd

acosh

  • 入力値 x は実数でも出力が複素数となっている場合、シミュレーション時にエラーを生成し、生成コードで NaN を返します。複素数の結果を得るには、complex(x) を渡して入力値を複素数にします。

acot

acotd

acoth

acsc

acscd

acsch

asec

asecd

asech

asin

  • 入力値 x は実数でも出力が複素数となっている場合、シミュレーション時にエラーを生成し、生成コードで NaN を返します。複素数の結果を得るには、complex(x) を渡して入力値を複素数にします。

asind

asinh

atan

atan2

atan2d

atand

atanh

入力値 x は実数でも出力が複素数となっている場合、シミュレーション時にエラーを生成し、生成コードで NaN を返します。複素数の結果を得るには、complex(x) を渡して入力値を複素数にします。

cos

cosd

cosh

cot

cotd

  • MATLAB が Inf を返すときに -Inf を返す場合があります。

  • MATLAB が -Inf を返すときに Inf を返す場合があります。

coth

csc

cscd

  • MATLAB が Inf を返すときに -Inf を返す場合があります。

  • MATLAB が -Inf を返すときに Inf を返す場合があります。

csch

deg2rad

hypot

rad2deg

sec

secd

  • MATLAB が Inf を返すときに -Inf を返す場合があります。

  • MATLAB が -Inf を返すときに Inf を返す場合があります。

sech

sin

sind

sinh

tan

tand

  • MATLAB が Inf を返すときに -Inf を返す場合があります。

  • MATLAB が -Inf を返すときに Inf を返す場合があります。

tanh

WLAN System Toolbox

以下の関数と System object に対する C および C++ コードの生成には、WLAN System Toolbox™ ソフトウェアが必要です。

名前注意と制限
WLAN のモデル化

wlanHTConfig

wlanNonHTConfig

wlanRecoveryConfig

wlanVHTConfig

信号伝送

wlanHTData

MATLAB Function ブロックでは使用できません

wlanHTLTF

wlanHTSIG

wlanHTSTF

wlanLLTF

wlanLSIG

wlanLSTF

wlanNonHTData

MATLAB Function ブロックでは使用できません

wlanVHTData

MATLAB Function ブロックでは使用できません

wlanVHTLTF

wlanVHTSIGA

wlanVHTSIGB

wlanVHTSTF

wlanWaveformGenerator

MATLAB Function ブロックでは使用できません

信号の受信

wlanCoarseCFOEstimate

wlanFieldIndices

wlanFineCFOEstimate

wlanHTDataRecover

MATLAB Function ブロックでは使用できません

wlanHTLTFChannelEstimate

wlanHTLTFDemodulate

wlanHTSIGRecover

wlanLLTFChannelEstimate

wlanLLTFDemodulate

wlanLSIGRecover

wlanNonHTDataRecover

MATLAB Function ブロックでは使用できません

wlanVHTDataRecover

MATLAB Function ブロックでは使用できません

wlanVHTLTFChannelEstimate

wlanVHTLTFDemodulate

wlanVHTSIGARecover

wlanVHTSIGBRecover

伝播チャネル

wlanTGacChannel

「MATLAB コード生成における System object」

wlanTGnChannel

「MATLAB コード生成における System object」

この情報は役に立ちましたか?