ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コード生成の準備状態ツール

コード生成の準備状態ツールが提供する情報

コード生成の準備状態ツールでは、MATLAB® コード内にコード生成でサポートされない機能や関数がないかどうかを調べることができます。このツールは、サポートされていない機能や関数を含むソース ファイルの一覧のレポートを提供します。また、このレポートは、コード生成に適した MATLAB コードにするために必要な作業量を示します。このツールがコード生成の問題をすべて検出するとは限りません。状況によっては、誤ったエラーが報告される場合があります。このツールですべての問題が検出されるとは限りません。エラーが誤ってレポートされる可能性もあるため、C コードを生成する前に MEX 関数を生成して、該当のコードがコード生成に適しているかどうかを確認してください。

[概要] タブ

[概要] タブでは、15 の範囲の [コード生成の準備状態のスコア] を表示できます。スコア 1 は、MATLAB コードに大きな変更を加えないとコード生成には適さないような問題を検出したことを示します。スコア 5 は、コード生成の問題が検出されなかったことを示します。このコードは、そのまま使用できるか、最小限の変更だけを必要とします。

このタブで、ツールは次の情報も提供します。

  • MATLAB 構文の問題。これらの問題は MATLAB エディター内で報告されます。コード アナライザーを使用して問題の詳細と解決方法を確認します。

  • サポートされていない MATLAB 関数の呼び出し。

  • 再帰、セル配列、入れ子関数、関数ハンドルなど、サポートされていない MATLAB 言語機能。

  • サポートされていないデータ型。

[コード構造] タブ

チェックしているコードが他の MATLAB 関数を呼び出している場合や、複数のエントリポイント関数をチェックする場合は、このツールにより [コード構造] タブが表示されます。

このタブには、各ファイルの相対サイズと、各ファイルがどの程度コード生成に適しているかに関する情報が表示されます。

コード配布

[コード配布] ペインは、ファイルの相対サイズと各ファイルがどの程度コード生成に適しているかを示す円グラフを表示します。この情報は、プロジェクトの計画フェーズで見積やスケジューリングを行う際に便利です。このレポートで、複数のファイルがコード生成に適切な状態でないことを示す場合、わずかな変更が必要なファイルを修正してから、重大な問題が含まれるファイルに対応するようにします。

呼び出しツリー

[呼び出しツリー] ペインは関数呼び出しの入れ子の情報を表示します。このレポートは、呼び出される各関数について、15 の範囲で [コード生成の準備状態] のスコアを表示します。スコア 1 は、MATLAB コードに大きな変更を加えないとコード生成には適さないような問題を検出したことを示します。スコア 5 は、コード生成の問題が検出されなかったことを示します。このコードは、そのまま使用できるか、最小限の変更だけを必要とします。このレポートは、各ファイルのコード行数の一覧も表示します。

MATLAB 関数の表示-  [MATLAB 関数の表示] チェック ボックスをオンにすると、関数コードで呼び出される MATLAB 関数の一覧もレポートに表示されます。これらの各 MATLAB 関数について、関数がコード生成でサポートされている場合、[コード生成の準備状態][はい] に設定されます。

この情報は役に立ちましたか?