ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

uint16

16 ビットの符号なしの整数への fi オブジェクトの変換

構文

c = uint16(a)

説明

c = uint16(a) は、fi オブジェクト a の実際値に基づいて、その組み込み uint16 の値を返します。必要に応じて、データは最も近い整数への丸めと飽和により、uint16 に収められます。

以下の例では、fi オブジェクトの uint16 値を説明します。

a = fi([-pi 0.5 pi],0,16);
c = uint16(a)

c =

   0    1    3
この情報は役に立ちましたか?