ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

storedIntegerToDouble

組み込み double 値への fi オブジェクトの格納整数値の変換

構文

d = storedIntegerToDouble(f)

説明

d = storedIntegerToDouble(f)fi オブジェクト f の格納整数値を倍精度浮動小数点値 d に変換します。

入力語長が 52 ビットを超える場合、量子化誤差が発生する場合があります。入力 fi オブジェクトの格納整数値が組み込み double 値によって表現できる範囲外の場合、INF が返されます。

入力引数

f

fi オブジェクト

すべて折りたたむ

倍精度値への fi オブジェクトの格納整数値の変換

fi の格納整数値を倍精度値に変換します。関数 class を使用して、格納整数値が倍精度値であることを検証します。

f = fi(pi,1,16,12);
d = storedIntegerToDouble(f);
dtype = class(d)

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?