ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

coder.EnumType クラス

パッケージ: coder
スーパークラス: coder.ArrayType

MATLAB 列挙のセットを表す

説明

生成されたコードが受け入れる MATLAB® 列挙のセットを指定します。fiaccel -args オプションでのみ使用します。生成された MEX 関数に入力として渡さないでください。

構築

enum_type = coder.typeof(enum_value) では、クラスの列挙値 (enum_value) のセットを表す coder.EnumType オブジェクトが作成されます。

enum_type = coder.typeof(enum_value, sz, variable_dims) では、sz で指定された上限のサイズと、可変の次元 variable_dims をもつ coder.typeof(enum_value) の変更されたコピーが返されます。sz で次元に inf を指定する場合は、次元のサイズは無限で、次元は可変サイズです。sz が [] の場合は、v の上限のサイズは変化しません。variable_dims を指定しないと、この型の制限付き次元は固定になり、制限のない次元は可変サイズになります。variable_dims がスカラーの場合は、1 または 0 (固定) ではない制限付き次元に適用されます。

enum_type = coder.newtype(enum_name,sz,variable_dims) では、上限サイズが sz の可変サイズと、可変の次元 variable_dims をもつ coder.EnumType オブジェクトが作成されます。sz で次元に inf を指定する場合は、次元のサイズは無限で、次元は可変サイズです。variable_dims を指定しないと、この型の制限付き次元は固定になります。variable_dims がスカラーの場合は、1 または 0 (固定) ではない制限付き次元に適用されます。

入力引数

enum_value

MATLAB パス上のファイルで定義されている列挙値。

sz

型オブジェクトの各次元を指定するサイズ ベクトル。

既定値: coder.newtype に対して [1 1]

variable_dims

各次元のサイズが可変 (true) か、固定 (false) かを指定する論理ベクトル。

既定値: coder.newtype に対して false(size(sz)) | sz==Inf

enum_name

MATLAB パス上のファイルで定義されている列挙名。

プロパティ

ClassName

このセットの値のクラス。

SizeVector

セットの配列のサイズの上限

VariableDims

配列の各次元のサイズが固定か可変かを指定するベクトル。ベクトルの要素が true の場合、対応する次元のサイズは可変です。

コピーのセマンティクス

値。値クラスがコピー操作に与える影響については、MATLAB のドキュメンテーションの「オブジェクトのコピー」を参照してください。

既存の MATLAB 列挙からの値を使用して、coder.EnumType オブジェクトを作成します。

  1. 列挙 MyColors を定義します。MATLAB パス上に、次の要素が含まれる 'MyColors' という名前のファイルを作成します。

    classdef(Enumeration) MyColors < int32
        enumeration
            green(1),
            red(2),
        end
    end
    
  2. この列挙から、coder.EnumType オブジェクトを作成します。

    t = coder.typeof(MyColors.red);

既存の MATLAB 列挙の名前を使用して、coder.EnumType オブジェクトを作成します。

  1. 列挙 MyColors を定義します。MATLAB パス上に、次の要素が含まれる 'MyColors' という名前のファイルを作成します。

    classdef(Enumeration) MyColors < int32
        enumeration
            green(1),
            red(2),
        end
    end
    
  2. この列挙から、coder.EnumType オブジェクトを作成します。

    t = coder.newtype('MyColors');

この情報は役に立ちましたか?