ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

関数定義

コード高速化のための関数の仕様

関数

coder.extrinsic 外部関数の宣言

例および操作のヒント

可変数の引数の指定

関数定義内で varargin を使用すると、この関数は指定された入力引数に可変数の入力引数を取ることができるようになります。

可変数の引数への演算の適用

for ループ内で vararginvarargout を使用して、可変数の引数に演算を適用できます。

ラッパー関数の実装

varargin および varargout を使用して、最大 64 個の入力を受け入れ、これらを別の関数へ直接渡すラッパー関数を作成できます。

ローカル関数の呼び出し

ローカル関数は MATLAB® の本体内で定義されます。

サポートされるツールボックス関数の呼び出し

ツールボックス関数がコード生成でサポートされている場合は、これらを直接呼び出せます。

MATLAB 関数の呼び出し

コード生成ソフトウェアは、C コード生成でサポートされていない場合でも、関数のコード生成を試みます。

概念

サポートされるインデックス式

MATLAB では、vararginvarargout はセル配列です。

コード生成のための可変長引数リスト

コード生成に varargin および varargout を使用する場合は、次の制限があります。

コード生成における関数呼び出しの解決

MATLAB 関数からローカル関数、サポートされるツールボックス関数およびその他のMATLAB 関数を呼び出すことができます。

コード生成パスでのファイル タイプの関連付け

MATLAB はコード生成に以下の優先順位の規則を使用します。

コンパイル命令 %#codegen

関数で、%#codegen 命令 (またはプラグマ) を関数シグネチャの後ろに追加して、MATLAB アルゴリズムのコードを生成することを示します。

この情報は役に立ちましたか?