ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

スコープおよびデータ ログ

データの表示と記録

System object

dsp.TimeScope Time domain signal display
dsp.SpectrumAnalyzer 時間領域信号の周波数スペクトルの表示
dsp.ArrayPlot Display vectors or arrays
dsp.LogicAnalyzer Display transitions of signals over time
dsp.SignalSink Log simulation data in buffer

ブロック

Array Plot Display vectors or arrays
Time Scope 時間領域信号の表示
Spectrum Analyzer 時間領域信号の周波数スペクトルの表示
Vector Scope Display vector or matrix of time-domain, frequency-domain, or user-defined data
Matrix Viewer Display matrices as color images
Waterfall View vectors of data over time
Display Show value of input
To Workspace Write data to MATLAB workspace
Triggered To Workspace Write input sample to MATLAB workspace when triggered

クラス

spbscopes.SpectrumAnalyzerConfiguration Configure Spectrum Analyzer for programmatic access

例および操作のヒント

Display Time-Domain Data

Display Frequency-Domain Data in Spectrum Analyzer

Display Multiple Signals in the Time Scope

Visualize Central Limit Theorem in Array Plot

プログラムによって Scope を制御する

スクリプトのプログラミングによって Scope を制御する

信号ログを使用して、信号データをエクスポート

シミュレーションから信号データを取得するために、通常、信号ログを使用できます。

ログ記録用の信号の構成

以下のいずれかの手法で、信号をマークしてログを有効にします。

モデルの信号ログを有効にする

信号をログに記録するには、信号ログ用に信号をマークします。

Display Multiple Signals in the Time Scope

この情報は役に立ちましたか?