ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

fdesign.notch

ノッチ フィルターの仕様

構文

d = fdesign.notch(specstring, value1, value2, ...)
d = fdesign.notch(n,f0,q)
d = fdesign.notch(...,Fs)
d = fdesign.notch(...,MAGUNITS)

説明

d = fdesign.notch(specstring, value1, value2, ...) は、specstring に設定された仕様文字列と specstring の全メンバーに提供された値を使ってノッチ フィルター仕様オブジェクト d を作成します。可能な仕様文字列の一覧を以下に示します。これらは、大文字小文字を区別しません。

  • 'N,F0,Q' (既定)

  • 'N,F0,Q,Ap'

  • 'N,F0,Q,Ast'

  • 'N,F0,Q,Ap,Ast'

  • 'N,F0,BW'

  • 'N,F0,BW,Ap'

  • 'N,F0,BW,Ast'

  • 'N,F0,BW,Ap,Ast'

変数の定義は以下のとおりです。

  • N - フィルターの次数 (偶数でなければなりません)

  • F0 - 中心周波数

  • Q - 品質係数

  • BW - 3 dB 帯域幅

  • Ap - 通過帯域リップル (デシベル)

  • Ast - 阻止帯域の減衰量 (デシベル)

異なる仕様文字列を指定すると、異なる仕様オブジェクトが作成されるため、使用できる設計法が変わってきます。特定の仕様に対して使用可能な設計法の一覧を表示するには、関数 designmethods を使用します。以下に例を示します。

d  = fdesign.notch('N,F0,Q,Ap',6,0.5,10,1);
% designmethods(d) returns
% Design Methods for class fdesign.notch (N,F0,Q,Ap):
% cheby1

d = fdesign.notch(n,f0,q) は、既定の specstring ('N,F0,Q') を使用し、対応する値を nf0 および q に設定して、ノッチ フィルター仕様オブジェクトを作成します。

既定では、すべての周波数仕様は正規化された周波数単位であると仮定されます。すべての振幅仕様はデシベル単位であると仮定されます。

d = fdesign.notch(...,Fs) は、フィルター処理される信号のサンプリング周波数を指定してノッチ フィルター仕様オブジェクトを作成します。Fs は他の値の指定に続けてスカラーとして指定しなければなりません。Fs を指定する場合、指定された他のすべての周波数値と同様に Hz 単位であると仮定されます。

d = fdesign.notch(...,MAGUNITS) は、任意の振幅仕様の単位を指定してノッチ フィルター仕様を作成します。MAGUNITS は、'linear''dB' または 'squared' のいずれかにすることができます。この引数を省略すると、'dB' であると仮定されます。振幅仕様は、指定方法にかかわらず、常にデシベル単位に変換されて格納されます。Fs が指定された場合、MAGUNITS は入力引数リストの Fs に従わなければなりません。

1 dB の通過帯域リップルを使用してノッチ フィルターを設計します。

    d  = fdesign.notch('N,F0,Q,Ap',6,0.5,10,1);
    Hd = design(d);
    fvtool(Hd)

R2011a で導入

この情報は役に立ちましたか?