ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

filterbuilder を使用したフィルターの設計

Filterbuilder では、コマンド ラインによる指示ではなく、GUI ダイアログ ボックスを使用してフィルター設計のオプションが示されます。Filterbuilder を使用して、前の節「fdesign を使用したフィルターの設計」で設計したものと同じバンドパス フィルターを設計できます。

Filterbuilder を使用した単純なフィルターの設計

Filterbuilder GUI を使用してフィルターを設計するには、次の手順に従います。

  1. MATLAB® プロンプトで以下のコマンドを入力します。

    filterbuilder
  2. ダイアログ ボックスのリストから [バンドパス] のフィルター応答を選択し、[OK] ボタンをクリックします。

  3. Fpass2Fstop2 の正しい周波数を入力し、[OK] をクリックします。ここで仕様には正規化された周波数が使用されており、通過帯域と阻止帯域のエッジはナイキスト周波数 (この場合は 48/2 kHz) の割合で表現されます。以下のメッセージが MATLAB プロンプトに表示されます。

    The variable 'Hbp' has been exported to the command window.

    [ワークスペース] タブを表示すると、Hbp オブジェクトがワークスペースに配置されたことが確認されます。

  4. 作業を確認するため、フィルターの可視化ツールを使用してフィルターの振幅応答をプロットします。すべての設計パラメーターが満たされていることを確認します。

    fvtool(Hbp) %plot the filter magnitude response

    上の図の赤い破線は、Filter Design Toolbox™ ソフトウェアを使用している場合に限り表示されることに注意してください。

この情報は役に立ちましたか?