ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コード生成

シミュレーションの高速化、コード生成、ARM® Cortex®-M プロセッサおよび ARMCortex-A プロセッサへの最適化

MATLAB® Coder™ および Simulink® Coder を使用した DSP System Toolbox™ 信号処理アルゴリズムからの C/C++ ソース コードまたは MEX 関数の生成。C コードの生成方法の詳細については、Understanding C Code Generationを参照してください。さらに、Embedded Coder® を使用して ARM Cortex-M プロセッサおよび ARM Cortex-A プロセッサ用に最適化されたコードを生成できます。詳細については、ARM Cortex-M 最適化および ARM Cortex-A 最適化を参照してください。生成された C コードをデスクトップで実行する間に、UI を使用して MATLAB または Simulink から直接アルゴリズム パラメーターをリアルタイムで調整することもできます。

関数 dspunfold を使用すると、ホスト コンピューターのマルチコア CPU アーキテクチャを利用するマルチスレッド MEX ファイルを生成できます。この関数を使用するには、MATLAB Coder のライセンスが必要です。

フィルターを FPGA や ASIC に配布するには、Filter Design HDL Coder™ を使って合成可能で移植可能な VHDL® や Verilog® のコードをフィルターから生成します。生成されたコードのシミュレーションやテスト、検証をすばやく行うために VHDL テスト ベンチおよび Verilog テスト ベンチも作成できます。DSP System Toolbox は Simulink で HDL Coder™ と併用すると、ご利用のシステム設計において合成可能で読み取り可能な VHDL および Verilog コードを生成できます。このサポートには、FFT HDL Optimized フィルター、IFFT HDL Optimized フィルターおよび NCO HDL Optimized フィルターなど、リソースとパフォーマンスに対して最適化されたアルゴリズムが含まれています。HDL コードの生成方法を説明する例については、プログラミング可能 FIR フィルターの HDL コードの生成を参照してください。

この情報は役に立ちましたか?