ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

分散配列と対話型分散配列での MATLAB 関数

MATLAB® ソフトウェアの多くの関数は、単一のワークスペースに含まれる配列を扱うのとほぼ同様に対話型分散配列も扱うよう、拡張やオーバーロードがなされています。

ほとんどの場合、これらの関数の入力引数が分散配列または対話型分散配列であれば、出力される配列はそれぞれ分散配列または対話型分散配列となります。出力が常にスカラーの場合は、各ワーカーで複製されます。対話型分散配列入力をもつ、オーバーロードされたこれらすべての関数は、すべてのワーカーで同時に同じ入力を参照しなければなりません。したがって、入力引数にバリアント配列は使用できません。

次の表は、分散配列または対話型分散配列を扱う拡張 MATLAB 関数の一覧です。

こうした関数のいくつかには、分散配列または対話型分散配列を扱うときに特定の制限があります。制限を含む固有のヘルプを表示するには、関数名をクリックしてください。

この情報は役に立ちましたか?