ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

submit

ジョブをスケジューラでキューに入れる

構文

submit(j)

引数

j

キューに入れるジョブ オブジェクト

説明

submit(j) はジョブ オブジェクト j をクラスター キューに入れます。このジョブに使用されるクラスターは、ジョブが作成されたときに決定されています。

クラスター プロファイル Profile1 で特定された MJS クラスターを見つけます。

c1 = parcluster('Profile1');

このクラスターにジョブ オブジェクトを作成します。

j1 = createJob(c1);

このジョブで評価するタスク オブジェクトを追加します。

t1 = createTask(j1,@rand,1,{8,4});

クラスターでジョブ オブジェクトを実行するためキューに入れます。

submit(j1);

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

ジョブをクラスター キューに投入すると、ジョブの State プロパティは queued に設定され、ジョブは実行待ちジョブのリストに追加されます。

この待機リスト内のジョブは、順序が promotedemotecancel または delete で変更された場合を除き、先入れ先出し法で、つまり投入された順に実行されます。

この情報は役に立ちましたか?