ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

parfor のプログラミング上の考慮事項

MATLAB パス

parfor ループを実行するすべてのワーカーは、ループの本体内で呼び出されるすべての関数を実行できるよう、クライアントと同じ MATLAB® 検索パスが設定されていなければなりません。このため、クライアントで cdaddpath または rmpath を使用する場合、そのコマンドは可能な範囲ですべてのワーカーでも実行されます。詳細は、parpool のリファレンス ページを参照してください。ワーカーをクライアントと異なるプラットフォームで実行する場合は、関数 pctRunOnAll を使用してすべてのワーカーに MATLAB 検索パスを適切に設定してください。

parfor ループを含む関数ファイルは、parfor を実行するプールのワーカーの検索パスに存在しているか、または並列プールの AttachedFiles または AdditionalPaths 設定によってワーカーで使用できるようにしておかなければなりません。

エラー処理

parfor ループの実行中にエラーが発生した場合、処理中のすべての反復が終了し、新しい反復は開始されず、ループは終了します。

ワーカーで発生したエラーと警告は、クライアントの MATLAB で受信された順にクライアントのコマンド ウィンドウにワーカー ID 付きで表示されます。

lastwarn がループ本体内で使用されている場合、その動作は parfor の最後では指定されません。

詳細

この情報は役に立ちましたか?