ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

parcluster

クラスター オブジェクトを作成する

構文

c = parcluster
c = parcluster(profile)

説明

c = parcluster は、既定のクラスター プロファイルで特定されたクラスターを表すクラスター オブジェクトを、そのプロファイルで定義された値に設定されたクラスター オブジェクト プロパティと共に返します。

c = parcluster(profile) は、指定のクラスター プロファイルで特定されたクラスターを表すクラスター オブジェクトを、そのプロファイルで定義された値に設定されたクラスター オブジェクト プロパティと共に返します。

変更したプロファイルを保存するには、クラスター オブジェクトで saveProfile または saveAsProfile メソッドを使用します。プロファイルの作成、削除、インポートおよび変更を行うには、MATLAB デスクトップの [ホーム] タブの [環境] 領域で、[並列][クラスター プロファイルの管理] を選択してクラスター プロファイル マネージャーを使用します。詳細は、クラスターとクラスター プロファイルを参照してください。

既定の並列計算クラスター プロファイルで定義された値に設定されたクラスター オブジェクト プロパティをもつ、そのプロファイルで特定されたクラスターを見つけます。

myCluster = parcluster;

既定のプロファイルの名前を表示し、そのプロファイルで特定されているクラスターを見つけます。そのクラスターで並列プールを開きます。

defaultProfile = parallel.defaultClusterProfile
myCluster = parcluster(defaultProfile);
parpool(myCluster);

'MyProfile' というプロファイルを使用する特定のクラスターを探し、そのクラスターに独立ジョブを作成します。

myCluster = parcluster('MyProfile');
j = createJob(myCluster);
この情報は役に立ちましたか?