ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

parallel.Pool

並列プールへのアクセス

コンストラクター

parpool, gcp

説明

parallel.Pool オブジェクトを使用すると、クラスターで実行されている並列プールにアクセスできます。

メソッド

並列プール オブジェクトには以下のメソッドがあります。

addAttachedFiles並列プールへのファイルやフォルダーの付加
delete (Pool)並列プールのシャットダウン
listAutoAttachedFilesジョブ、タスクまたは並列プールに自動的に付加されるファイルのリスト
parfeval並列プール ワーカーでの関数の非同期実行
parfevalOnAll並列プールのすべてのワーカーで関数を非同期実行
updateAttachedFiles並列プールでの付加ファイルまたはフォルダーの更新

プロパティ

並列プール オブジェクトには以下のプロパティがあります。

プロパティ説明
AttachedFilesワーカーに送信されるファイルやフォルダー
Cluster並列プールが実行されているクラスター
Connected並列プールがシャットダウンしている場合は false
FevalQueue並列プールで実行する FevalFuture のキュー
IdleTimeoutアイドル状態の並列プールがシャットダウンするまでの時間 (分単位)
NumWorkers並列プールを構成するワーカーの数
SpmdEnabledプールで SPMD コードで実行できるかどうかを表す指標

ヘルプ

parallel.Pool オブジェクトのヘルプ (特定のプロパティのヘルプへのリンク一覧など) を表示するには、以下のように入力します。

help parallel.Pool

チュートリアル

この情報は役に立ちましたか?