ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

GPU 計算

MATLAB® とグラフィックス処理装置 (GPU) の間でデータを転送し、GPU 上でコードを実行する

お使いのコンピューターの GPU は行列演算に使用できます。多くの場合、GPU での計算は CPU での計算より高速のため、ここで説明する手法を使用するとより高いパフォーマンスが得られます。Parallel Computing Toolbox™ での GPU 計算でサポートされている機能とパフォーマンスについての詳細は、GPU の機能とパフォーマンス を参照してください。

MATLAB 関数

gpuArray GPU 上にセル配列を作成する
gather 分散配列または gpuArray をローカル ワークスペースに転送
existsOnGPU GPU で gpuArray または CUDAKernel が使用可能かどうかを判別する
gpuDevice GPU デバイスのクエリまたは選択を行う
gpuDeviceCount 存在する GPU デバイスの数
gputimeit GPU で関数を実行するために必要な時間
reset GPU デバイスをリセットし、そのメモリを消去する
wait (GPUDevice) GPU の計算が完了するまで待機
arrayfun 関数を GPU 上の配列内の各要素に適用する
bsxfun gpuArray の 2 つの項をシングルトン拡張する関数
pagefun 関数を GPU 上の配列内の各ページに適用する
parallel.gpu.CUDAKernel PTX および CU コードから GPU CUDA カーネル オブジェクトを作成する
feval GPU 上のカーネルを評価する
setConstantMemory GPU に定数メモリを設定する

C 関数

mxInitGPU 現在選択されているデバイスの MATLAB GPU ライブラリを初期化する
mxGPUCopyFromMxArray mxArray を mxGPUArray にコピーする
mxGPUCopyGPUArray mxGPUArray オブジェクトを複製 (ディープ コピー) する
mxGPUCopyImag mxGPUArray の虚数部をコピーする
mxGPUCopyReal mxGPUArray の実数部をコピーする
mxGPUCreateComplexGPUArray 2 つの実数の gpuArray から複素数 GPU 配列を作成する
mxGPUCreateFromMxArray 入力 mxArray から読み取り専用の mxGPUArray オブジェクトを作成する
mxGPUCreateGPUArray GPU にメモリを割り当て、mxGPUArray オブジェクトを作成する
mxGPUCreateMxArrayOnCPU GPU からのデータを内容とする CPU データを MATLAB に返すための mxArray を作成する
mxGPUCreateMxArrayOnGPU GPU データを MATLAB に返すための mxArray を作成する
mxGPUDestroyGPUArray mxGPUArray オブジェクトを削除する
mxGPUGetClassID GPU 上のデータに関連付けられた mxClassID
mxGPUGetComplexity GPU 上のデータの実数/複素数指定
mxGPUGetData 基になるデータへの生のポインター
mxGPUGetDataReadOnly 基になるデータへの生の読み取り専用ポインター
mxGPUGetDimensions mxGPUArray の次元
mxGPUGetNumberOfDimensions mxGPUArray の次元配列のサイズ
mxGPUGetNumberOfElements 配列のうち、GPU 上にある要素の数
mxGPUIsSame 2 つの mxGPUArray が同じ GPU データを参照しているかどうかを判別する
mxGPUIsValidGPUData mxArray が有効な GPU データへのポインターであるかどうかを判定する
mxIsGPUArray mxArray に GPU データが含まれているかどうかを判別する

クラス

gpuArray GPU に格納される配列
GPUDevice グラフィックス処理装置 (GPU)
CUDAKernel GPU 上で実行可能なカーネル

C クラス

mxGPUArray MATLAB gpuArray の型
この情報は役に立ちましたか?