ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

getLocalPart

対話型分散配列のローカル部分

構文

L = getLocalPart(A)

説明

L = getLocalPart(A) は対話型分散配列のローカル部分を返します。

ワーカーを 4 つ使用する場合

A = magic(4);   %replicated on all workers
D = codistributed(A, codistributor1d(1));
L = getLocalPart(D)

これは以下を返します。

Lab 1: L = [16  2  3 13]
Lab 2: L = [ 5 11 10  8]
Lab 3: L = [ 9  7  6 12]
Lab 4: L = [ 4 14 15  1]
この情報は役に立ちましたか?