ドキュメンテーション

このページの最新版は英語でご覧になれます。

Parallel Computing Toolbox MATLAB 関数

並列 for ループ (parfor)

parfor ループ反復の並列実行
parpool クラスターでの並列プールの作成
delete (Pool) 並列プールのシャットダウン
gcp 現在の並列プールの取得
addAttachedFiles 並列プールへのファイルやフォルダーの付加
updateAttachedFiles 並列プールでの付加ファイルまたはフォルダーの更新
listAutoAttachedFiles ジョブ、タスクまたは並列プールに自動的に付加されるファイルのリスト
parfeval 並列プール ワーカーでの関数の非同期実行
parfevalOnAll 並列プールのすべてのワーカーで関数を非同期実行
fetchOutputs (FevalFuture) Future からのすべての出力引数を取得する
fetchNext 利用可能な次の未読の FevalFuture 出力を取得する
cancel (FevalFuture) キューに登録されている Future または実行中の Future をキャンセルする
isequal (FevalFuture) Future の ID が同じであれば true を返す
wait (FevalFuture) Future が完了するまで待機する
parallel.Pool 並列プールへのアクセス

バッチ処理

batch ワーカー上で MATLAB スクリプトまたは関数を実行する
diary バッチ ジョブのコマンド ウィンドウ テキストを表示または保存する
load バッチ ジョブからワークスペース変数を読み込む
wait ジョブの状態が変わるまで待機
delete クラスターおよびメモリからジョブまたはタスク オブジェクトを削除する

GPU 計算

gpuArray GPU 上にセル配列を作成する
gather 分散配列または gpuArray をローカル ワークスペースに転送
existsOnGPU GPU で gpuArray または CUDAKernel が使用可能かどうかを判別する
gpuDevice GPU デバイスのクエリまたは選択を行う
gpuDeviceCount 存在する GPU デバイスの数
gputimeit GPU で関数を実行するために必要な時間
reset GPU デバイスをリセットし、そのメモリを消去する
wait (GPUDevice) GPU の計算が完了するまで待機
arrayfun 関数を GPU 上の配列内の各要素に適用する
bsxfun gpuArray の 2 つの項をシングルトン拡張する関数
pagefun 関数を GPU 上の配列内の各ページに適用する
parallel.gpu.CUDAKernel PTX および CU コードから GPU CUDA カーネル オブジェクトを作成する
feval GPU 上のカーネルを評価する
setConstantMemory GPU に定数メモリを設定する
gpuArray GPU に格納される配列
GPUDevice グラフィックス処理装置 (GPU)
CUDAKernel GPU 上で実行可能なカーネル

分散配列 および SPMD

distributed クライアント ワークスペースのデータから分散配列を作成する
gather 分散配列または gpuArray をローカル ワークスペースに転送
spmd 並列プールのワーカーでコードを並列実行する
Composite Composite オブジェクトを作成する
codistributed 複製されたローカル データから対話型分散配列を作成する
parpool クラスターでの並列プールの作成
delete (Pool) 並列プールのシャットダウン
redistribute 別の分散スキームにより対話型分散配列を再分散する
codistributed.build 分散されたデータから対話型分散配列を作成する
for 分散範囲に対する for ループ
getLocalPart 対話型分散配列のローカル部分
globalIndices 対話型分散配列のローカル部分のグローバル インデックス
gop 全ワーカーにわたるグローバルな演算
distributed クライアントから分散配列要素にアクセスする
codistributed 並列プールのワーカーに分散された配列要素にアクセスする
Composite クライアントから複数のワーカーにある非分散変数にアクセスする
codistributor1d 対話型分散配列の 1 次元分散スキーム
codistributor2dbc 対話型分散配列の 2 次元ブロック サイクリック分散スキーム
parallel.Pool 並列プールへのアクセス

ビッグ データのための並列 MapReduce

mapreduce メモリに収まらないデータセットを解析するプログラミング手法
mapreducer mapreduce の並列実行環境の定義
parpool クラスターでの並列プールの作成
gcp 現在の並列プールの取得
parallel.Pool 並列プールへのアクセス
parallel.cluster.Hadoop mapreducer 用の Hadoop クラスター

クラスター プロファイルおよび計算スケーリング

parcluster クラスター オブジェクトを作成する
parpool クラスターでの並列プールの作成
gcp 現在の並列プールの取得
parallel.defaultClusterProfile 既定のクラスター プロファイル調べる、または設定する
parallel.exportProfile 1 つまたは複数のプロファイルをファイルにエクスポートする
parallel.importProfile ファイルからクラスター プロファイルをインポートする
saveProfile クラスターの変更済みプロパティを現在のプロファイルに保存する
saveAsProfile クラスターのプロパティを指定されたプロファイルに保存する
pctconfig Parallel Computing Toolbox クライアント セッションの設定を構成する
parallel.Pool 並列プールへのアクセス
parallel.Cluster クラスターのプロパティおよび動作にアクセスする

ジョブおよびタスクの詳細な制御

ジョブおよびタスクの作成

parcluster クラスター オブジェクトを作成する
batch ワーカー上で MATLAB スクリプトまたは関数を実行する
createJob クラスターに独立ジョブを作成する
createCommunicatingJob クラスターに通信ジョブを作成する
recreate 既存のジョブから新規ジョブを作成する
createTask ジョブに新しいタスクを作成する
parallel.defaultClusterProfile 既定のクラスター プロファイル調べる、または設定する
parallel.importProfile ファイルからクラスター プロファイルをインポートする
poolStartup 並列プールの起動時に各ワーカーで実行されるユーザー定義オプションのファイル
jobStartup ジョブ起動時に実行するユーザー定義オプションのファイル
taskStartup タスクの起動時にワーカーで実行されるユーザー定義オプション
taskFinish タスクの完了時にワーカーで実行されるユーザー定義オプション
pctconfig Parallel Computing Toolbox クライアント セッションの設定を構成する
mpiLibConf MPI 実装の場所
mpiSettings MPI 通信のオプションを構成する
pctRunOnAll クライアントと並列プールの全ワーカーでコマンドを実行する
parallel.Cluster クラスターのプロパティおよび動作にアクセスする
parallel.Job ジョブのプロパティおよび動作にアクセスする
parallel.Task タスクのプロパティおよび動作にアクセスする

ジョブの投入と結果

batch ワーカー上で MATLAB スクリプトまたは関数を実行する
submit ジョブをスケジューラでキューに入れる
wait ジョブの状態が変わるまで待機
fetchOutputs ジョブ内の全タスクから出力引数を取得する
diary バッチ ジョブのコマンド ウィンドウ テキストを表示または保存する
load バッチ ジョブからワークスペース変数を読み込む

キュー管理とジョブ情報

pause MATLAB ジョブ スケジューラ キューを一時停止する
resume MATLAB ジョブ スケジューラのキューの処理を再開する
cancel ジョブまたはタスクをキャンセルする
delete クラスターおよびメモリからジョブまたはタスク オブジェクトを削除する
promote MJS クラスター キューでジョブを昇格する
demote クラスター キューでジョブを降格する
changePassword MJS のパスワードを変更するようユーザーに要求する
logOut MJS クラスターからログアウトする
findJob クラスターに保存されているジョブ オブジェクトを検索する
findTask ジョブ オブジェクトに属するタスク オブジェクト
getDebugLog CJS クラスターで実行されたジョブからの出力メッセージを読み取る
getJobClusterData 汎用クラスターのジョブの特定ユーザー データを取得する
setJobClusterData 汎用クラスターのジョブに特定のユーザー データを設定する

タスク制御とワーカー間通信

labindex このワーカーのインデックス
numlabs 現在のジョブを並列実行しているワーカーの合計数
gcat グローバルな連結
gop 全ワーカーにわたるグローバルな演算
gplus グローバルな加算
pload 並列セッションにファイルを読み込む
psave 通信ジョブ セッションのデータを保存する
labBarrier すべてのワーカーがこの呼び出しに到達するまで実行をブロックする
labBroadcast データをすべてのワーカーに送信する、あるいはすべてのワーカーに送信したデータを受信する
labProbe 他のワーカーから受信するメッセージの準備ができているかどうかをテストする
labReceive 別のワーカーからのデータを受信する
labSend データを別のワーカーに送信する
labSendReceive 別のワーカーとの間でデータの送信と受信を同時に行う
getCurrentJob タスクが現在評価されているジョブ オブジェクト
getCurrentCluster 現在のタスクを投入したクラスター オブジェクト
getCurrentTask このワーカー セッションで現在評価されているタスク オブジェクト
getCurrentWorker このセッションを現在実行しているワーカー オブジェクト
getAttachedFilesFolder AttachedFiles が書き込まれるフォルダー
parallel.Task タスクのプロパティおよび動作にアクセスする
parallel.Worker タスクを実行したワーカーにアクセスする

対話型並列開発

pmode 対話型の Parallel Command Window

パフォーマンス

並列プロファイラーとコード改良

mpiprofile 並列ジョブの通信時間と実行時間のプロファイルを作成する
この情報は役に立ちましたか?