ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

fetchOutputs (FevalFuture)

Future からのすべての出力引数を取得する

構文

[B1,B2,...,Bn] = fetchOutputs(F)
[B1,B2,...,Bn] = fetchOutputs(F,'UniformOutput',false)

説明

[B1,B2,...,Bn] = fetchOutputs(F) は Future オブジェクト F のすべての出力を、F の各要素の状態が 'finished' になるまでの最初の待機の後に取得します。F の要素のいずれかで NumOutputArguments が要求された出力数より少なくなっている場合、エラーが発生します。

F が FevalFuture のベクトルである場合、各出力引数は F の各 Future からの対応する出力引数を連結して構成されます。これらの出力を連結できない場合、エラーが発生します。このエラーを回避するには、'UniformOutput' オプションを false に設定します。

[B1,B2,...,Bn] = fetchOutputs(F,'UniformOutput',false) は、fetchOutputs が Future 出力をセル配列 B1,B2,...,Bn に組み込むように要求します。F の出力は、任意のサイズまたはタイプにすることができます。

fetchOutputs を呼び出した後、F のすべての Future で 'Read' プロパティが true に設定されます。fetchOutputs は、各 Future の 'Read' プロパティの値にかかわらず、F のすべての Future の出力を返します。

FevalFuture を作成し、出力を取得します。

f = parfeval(@rand,1,3);
R = fetchOutputs(f)
0.5562    0.6218    0.3897
0.0084    0.4399    0.2700
0.0048    0.9658    0.8488

FevalFuture ベクトルを作成し、すべての出力を取得します。

for idx = 1:10
    F(idx) = parfeval(@rand,1,1,10); % One row each future
end
R = fetchOutputs(F); % 10-by-10 concatenated output
この情報は役に立ちましたか?