ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

cancel (FevalFuture)

キューに登録されている Future または実行中の Future をキャンセルする

構文

cancel(F)

説明

cancel(F) は、F で指定されている、キューに登録された Future または実行中の Future を停止します。終了された Future に対してはいかなる処理も行われません。F の要素のうち、状態がまだ 'finished' ではない要素の State プロパティが 'finished' に設定され、Error プロパティに実行がキャンセルされたことを示す MException が設定されます。

所定の結果が得られるまで関数を繰り返し実行します。この場合、Future の配列 F は、結果が 0.95 を超えるとキャンセルされます。

N = 100;
for idx = N:-1:1
    F(idx) = parfeval(@rand,1); % Create a random scalar
end
result = NaN; % No result yet.
for idx = 1:N
    [~, thisResult] = fetchNext(F);
    if thisResult > 0.95
        result = thisResult;
        % Have all the results needed, so break
        break;
    end
end
% With required result, cancel any remaining futures
cancel(F)
result
この情報は役に立ちましたか?