ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

addAttachedFiles

並列プールへのファイルやフォルダーの付加

構文

  • addAttachedFiles(poolobj,files)

説明

addAttachedFiles(poolobj,files) は指定した並列プールに付加ファイルを追加します。これらのファイルは各ワーカーに転送され、プールが開かれた時点で設定される場合と同様に、並列プロファイルまたは関数 parpool'AttachedFiles' 引数で指定されます。

すべて折りたたむ

現在の並列プールに付加ファイルを追加

現在の並列プールに 2 つの付加ファイルを追加します。

poolobj = gcp;
addAttachedFiles(poolobj,{'myFun1.m','myFun2.m'})

入力引数

すべて折りたたむ

poolobj — ファイルを付加するプールプール オブジェクト

プール オブジェクトとして指定される、ファイルを付加するプール。

例: poolobj = gcp;

files — 付加するファイルまたはフォルダー文字列 | セル配列

文字列または文字列のセル配列として指定される、付加するファイルまたはフォルダー。各文字列ではファイルまたはフォルダーの絶対パスまたは相対パスを指定できます。

例: {'myFun1.m','myFun2.m'}

この情報は役に立ちましたか?