ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

showTunable

一般化モデルの調整可能な Control Design ブロックの現在値の表示

構文

  • showTunable(M)

説明

showTunable(M) は、一般化 LTI モデル内のすべての調整可能な Control Design ブロックの現在の値を表示します。調整可能な Control Design ブロックは、realpltiblock.tf および ltiblock.pid などのパラメトリックなブロックです。

すべて折りたたむ

調整された制御システム モデルのブロック値の表示

systune を使用して次の制御システムを調整し、調整可能なブロックの値を表示します。

制御構造には PI コントローラー C と、フィードバック パスにある調整可能なローパス フィルターが含まれます。プラント G は 3 次システムです。

システム コンポーネントのモデルを作成し、それらを接続して、制御システムの調整可能な閉ループ モデルを作成します。

s = tf('s');
num = 33000*(s^2 - 200*s + 90000);
den = (s + 12.5)*(s^2 + 25*s + 63000);
G = num/den;

C0 = ltiblock.pid('C','pi');
a = realp('a',1);
F0 = tf(a,[1 a]);
X = AnalysisPoint('X');

T0 = feedback(G*X*C0,F0);
T0.InputName = 'r';
T0.OutputName = 'y';

T0 は、2 つの調整可能なブロック、PI コントローラーの C およびパラメーター a をもつgenss モデルです。T0 はスイッチ ブロック X も含みます。

出力 y に入力 r を強制的に追跡させる調整要件を作成し、その要件を満たすようにシステムを調整します。

Req = TuningGoal.Tracking('r','y',0.05);
[T,fSoft,~] = systune(T0,Req);

systune は追跡要件を最適に満たす調整可能なパラメーターの値を検索します。出力 TT0 と同じ Control Design ブロックをもつ genss モデルです。これらのブロックの現在の値は、調整済みの値です。

制御システムの調整可能なブロックの調整済みの値を検査します。

showTunable(T)
C =
 
             1 
  Kp + Ki * ---
             s 

  with Kp = 0.000433, Ki = 0.00527
 
Name: C
Continuous-time PI controller in parallel form.
-----------------------------------
a = 68.6

showTunable は調整可能なブロックの値のみを表示します。代わりに showBlockValue を使用すると、スイッチ ブロック X も表示に含められます。

入力引数

すべて折りたたむ

M — 入力モデル一般化 LTI モデル

調整可能なブロック値を表示する入力モデル。genss モデルなどの一般化 LTI モデルとして指定されます。

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

  • たとえば、systune などの Robust Control Toolbox™ の調整コマンドを使用してモデルの自由パラメーターを調整した後に、調整可能なブロックの現在の値を表示すると便利です。

  • showTunable は調整可能なブロックの現在の値のみを表示します。調整可能なブロック、不確かなブロック、スイッチ ブロックなどを含む、モデル内のすべての Control Design ブロックの現在の値を表示するには、showBlockValue を使用します。

この情報は役に立ちましたか?