ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

sgrid

減衰係数と固有振動数の s 平面グリッドを生成する

構文

sgrid
sgrid(z,wn)

説明

sgrid は、極 - 零点図または根軌跡図で 0.1 刻みでゼロから 1 の減衰係数、1 ラジアン/秒刻みで 0 ~10 ラジアン/秒の固有振動数のグリッドを生成して、グリッドを現在の軸上にプロットします。現在の軸上に連続 s 平面の根軌跡図または極 - 零点図が含まれる場合、sgrid はプロット上にグリッドを描画します。

sgrid(z,wn) は、減衰比と固有振動数のためにそれぞれベクトル zwn で減衰係数と固有振動数の線のグリッドをプロットします。現在の軸上に連続 s 平面の根軌跡図または極 - 零点図が含まれる場合、sgrid(z,wn) はプロット上にグリッドを描画します。

あるいは、右クリック メニューの [グリッド] をクリックして、同じ s 平面グリッドを生成することもできます。

次のシステムに対して s 平面グリッド線を根軌跡上にプロットします。

H(s)=2s2+5s+1s2+2s+3

そのためには、次のように入力します。

H = tf([2 5 1],[1 2 3])
Transfer function:
2 s^2 + 5 s + 1
---------------
 s^2 + 2 s + 3
rlocus(H)
sgrid

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?