ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

pzmap

動的システムの極-零点プロット

構文

pzmap(sys)
pzmap(sys1,sys2,...,sysN)
[p,z] = pzmap(sys)

説明

pzmap(sys) は、連続時間または離散時間の「動的システム モデル」 sys の極-零点プロットを作成します。SISO システムでは、pzmap は伝達関数の極および零点をプロットします。MIMO システムでは、システムの極と伝達零点をプロットします。極は x で、零点は o でプロットします。

pzmap(sys1,sys2,...,sysN) は、複数の極-零点プロットを 1 つの図に作成します。モデルの入力数と出力数は異なっていても構いません。また、連続システムと離散システムの組み合わせが使用できます。

[p,z] = pzmap(sys) はシステムの極と (伝達) 零点を列ベクトル pz に返します。画面上には、何もプロットされません。

関数 sgrid または zgrid を用いて、減衰比および固有振動数を s-平面または z-平面にプロットすることができます。

すべて折りたたむ

次の伝達関数で表される連続時間システムの極と零点をプロットします。

$$H\left( s \right) = {{2{s^2} + 5s + 1} \over {{s^2} + 3s + 5}}.$$

H = tf([2 5 1],[1 3 5]);
pzmap(H)
grid on

グリッドをオンにすると、一定の減衰比 (zeta) と一定の固有振動数 (wn) が線で表示されます。このシステムには、o でマークされる 2 つの実数零がプロット上にあります。このシステムには x でマークされる複素数の極の組もあります。

離散時間の同定された状態空間 (idss) モデルの極-零点配置図をプロットします。実際には、システムの入出力測定値に基づいた推定で idss モデルを取得できます。この例では、状態空間データから 1 つ作成します。

A = [0.1 0; 0.2 -0.9];
B = [.1 ; 0.1];
C = [10 5];
D = [0];
sys = idss(A,B,C,D,'Ts',0.1);

極-零点配置図を調べます。

pzmap(sys)

システムの極は x でマークされ、零点は o でマークされます。

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

  • MIMO モデルの場合、pzmap は 1 つのプロットにすべてのシステムの極と伝達零点を表示します。個々の I/O の組み合わせに極と零点をマッピングするには、iopzmap を使用します。

  • 極-零点プロットの外観をカスタマイズする追加オプションには、pzplot を使用します。

アルゴリズム

pzmappolezero の組み合わせを使用します。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?