ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

pzmap

動的システムの極-零点プロット

構文

pzmap(sys)
pzmap(sys1,sys2,...,sysN)
[p,z] = pzmap(sys)

説明

pzmap(sys) は、連続時間または離散時間の「動的システム モデル」 sys の極-零点プロットを作成します。SISO システムでは、pzmap は伝達関数の極および零点をプロットします。MIMO システムでは、システムの極と伝達零点をプロットします。極は x で、零点は o でプロットします。

pzmap(sys1,sys2,...,sysN) は、複数の極-零点プロットを 1 つの図に作成します。モデルの入力数と出力数は異なっていても構いません。また、連続システムと離散システムの組み合わせが使用できます。

[p,z] = pzmap(sys) はシステムの極と (伝達) 零点を列ベクトル pz に返します。画面上には、何もプロットされません。

関数 sgrid または zgrid を用いて、減衰比および固有振動数を s-平面または z-平面にプロットすることができます。

例 1

動的システムの極-零点プロット

次の連続時間システムの極と零点をプロットします。

H(s)=2s2+5s+1s2+2s+3

H = tf([2 5 1],[1 2 3]); sgrid
pzmap(H)
grid on

例 2

2 入力-出力離散時間 IDSS モデルの pzmap をプロットします。

A = [0.1 0; 0.2 0.9]; B = [.1 .2; 0.1 .02]; C = [10 20; 2 -5]; D = [1 2; 0 1];
sys = idss(A,B,C,D, 'Ts', 0.1);

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

単位などのプロットのプロパティを変更することができます。プロットのプロパティの変更方法の詳細は、「プロットをカスタマイズする方法」を参照してください。

アルゴリズム

pzmappolezero の組み合わせを使用します。

参考

| | | | | | | |

この情報は役に立ちましたか?