ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

order

モデル次数のクエリ

構文

NS = order(sys)

説明

NS = order(sys) はモデル次数 NS を返します。動的システム モデルの次数は、極の数 (プロパーな伝達関数の場合) または状態の数 (状態空間モデルの場合) です。プロパーでない伝達関数では、次数は同等の状態空間モデルを作成するのに必要な最小の状態数として定義されます (極零相殺は無視されます)。

order(sys) は、SS、TF、ZPK モデルを受け入れるオーバーロードされたメソッドです。LTI 配列に対して、NSsys 内の各モデルの次数を含む同じサイズの配列です。

警告

order は MIMO システムの最小実現を検索するわけではありません。たとえば、次の 2 x 2 MIMO システムを考えてみましょう。

s=tf('s');
h = [1, 1/(s*(s+1)); 1/(s+2), 1/(s*(s+1)*(s+2))];
order(h)
ans =

     6

h には 3 次実現がありますが、order では 6 が返されます。

order(ss(h,'min'))

を使用して最小実現次数を見つけます。

参考

|

この情報は役に立ちましたか?