ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ltiview

LTI システム応答解析用の LTI ビューアー

構文

ltiview
ltiview(sys1,sys2,...,sysn)
ltiview(plottype,sys)
ltiview(plottype,sys,extras)
ltiview('clear',viewers)
ltiview('current',sys1,sys2,...,sysn,viewers)
ltiview(plottype,sys1,sys2,...sysN)
ltiview(plottype,sys1,PlotStyle1,sys2,PlotStyle2,...)
ltiview(plottype,sys1,sys2,...sysN,extras)

説明

ltiview は、入力引数なしで呼び出された場合、LTI システム応答解析に使用する新しい LTI ビューアーを初期化します。

ltiview(sys1,sys2,...,sysn) は、LTI モデル sys1,sys2,...,sysn のステップ 応答で、LTI ビューアーを開きます。次のように、色、ラインスタイル、マーカーをシステムごとに指定することができます。

sys1 = rss(3,2,2);
sys2 = rss(4,2,2);
ltiview(sys1,'r-*',sys2,'m--');

ltiview(plottype,sys) は LTI モデル sysplottype で示された LTI 応答タイプが含まれる LTI ビューアーを初期化します。文字列 plottype には、以下のいずれかを設定することができます。

'step'
'impulse'
'initial'
'lsim'
'pzmap'
'bode'
'nyquist'
'nichols'
'sigma'

あるいは、

plottype をこれらの最大 6 つのプロット タイプが含まれるセル ベクトルにすることができます。たとえば、

ltiview({'step';'nyquist'},sys)

は与えられたシステム sys の両方の応答タイプのプロットを表示します。

ltiview(plottype,sys,extras) では、ltiview コマンドに渡されるさまざまな LTI モデル応答関数でサポートされているその他の入力引数を使用できます。

extras は、plottype の関数で指定された 1 つまたは複数の入力引数です。これらの引数は LTI 応答のタイプに応じて、必須にもオプションにもなります。たとえば、plottype'step' の場合は、extras は以下に示すように必要な最終時間、Tfinal にできます。

ltiview('step',sys,Tfinal)

ただし plottype'initial' の場合は、extras 引数に初期条件 x0 を含めなければなりません。この場合は、Tfinal などの他の引数も含められます。

ltiview('initial',sys,x0,Tfinal)

extras に適した引数の一覧については、使用可能な各 plottype コマンドのリファレンス ページを参照してください。

ltiview('clear',viewers) は、ハンドル viewers をもつ LTI ビューアーから プロットやデータを消去します。

ltiview('current',sys1,sys2,...,sysn,viewers) は、ハンドル viewers をもつ LTI ビューアーにシステム sys1,sys2,...,sysn の応答を追加します。新しいシステムに現在 LTI ビューアー内に存在する I/O 次元と同じ I/O 次元がない場合は、LTI ビューアーがまず消去されて、新しい応答のみが表示されます。

ltiview(plottype,sys1,sys2,...sysN) は、複数の LTI モデルの応答が含まれる LTI ビューアーを初期化します。

ltiview(plottype,sys1,PlotStyle1,sys2,PlotStyle2,...) は指定されたプロット スタイルを用いてビューアーを初期化します。プロット スタイルの指定方法の詳細は、LTI 応答関数の各リファレンス ページを参照してください。

ltiview(plottype,sys1,sys2,...sysN,extras)extras 入力引数を使用して、複数のモデルに対しビューアーを初期化します。

この情報は役に立ちましたか?