ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

initial

状態空間モデルの初期条件応答

構文

initial(sys,x0)
initial(sys,x0,Tfinal)
initial(sys,x0,t)
initial(sys1,sys2,...,sysN,x0)
initial(sys1,sys2,...,sysN,x0,Tfinal)
initial(sys1,sys2,...,sysN,x0,t)
[y,t,x] = initial(sys,x0)
[y,t,x] = initial(sys,x0,Tfinal)
[y,t,x] = initial(sys,x0,t)

説明

initial(sys,x0) はベクトル x0 で指定された状態の初期条件を使用して、状態空間 (ss) モデル sys の自由応答を計算します。

x˙=Ax,x(0)=x0y=Cx

この関数は連続時間モデル、または離散時間モデルのいずれにも適用できます。出力引数なしで実行した場合、initial は画面上に初期条件応答をプロットします。

initial(sys,x0,Tfinal) は、t = 0 から最終時間 t = Tfinal までの応答をシミュレーションします。システム時間単位で Tfinal を表し、sysTimeUnit プロパティで指定されます。サンプル時間を指定しない離散時間システム (Ts = -1) では、initialTfinal をシミュレーションするサンプル期間の数として解釈します。

initial(sys,x0,t) は、シミュレーションのためにユーザーが指定した時間ベクトル t を使用します。システム時間単位で t を表し、sysTimeUnit プロパティで指定されます。離散時間モデルに対して、t0:Ts:Tf の形式です。ここで、Ts はサンプル時間です。連続時間モデルに対して、t0:dt:Tf の形式で与え、ここで、dt は連続システムに対する離散近似のサンプル時間になります (「impulse」を参照してください)。

1 つの図に複数の LTI モデルの初期条件応答をプロットするには、次の構文を使用します。

initial(sys1,sys2,...,sysN,x0)

initial(sys1,sys2,...,sysN,x0,Tfinal)

initial(sys1,sys2,...,sysN,x0,t)

(詳細は、impulse を参照してください)。

出力引数付きで呼び出された場合、

[y,t,x] = initial(sys,x0)

[y,t,x] = initial(sys,x0,Tfinal)

[y,t,x] = initial(sys,x0,t)

は出力応答 y、シミュレーションに使用する時間ベクトル t、および状態軌跡 x を返します。画面上には、何もプロットされません。配列 y には時間サンプルと同じ数の行 (t の長さ)、および出力と同じ数の列があります。同様に、x には length(t) の行および状態と同じ数の列があります。

状態空間モデルの初期条件応答を

[x˙1x˙2]=[0.55720.78140.78140][x1x2]y=[1.96916.4493][x1x2]

プロットします。

x(0)=[10]

a = [-0.5572   -0.7814;0.7814  0];
c = [1.9691  6.4493];
x0 = [1 ; 0]

sys = ss(a,[],c,[]);
initial(sys,x0)

詳細

すべて展開する

ヒント

単位などのプロットのプロパティを変更することができます。プロットのプロパティの変更方法の詳細は、「プロットをカスタマイズする方法」を参照してください。

この情報は役に立ちましたか?