ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

むだ時間をもつモデル

入力遅延、出力遅延、転送遅延および内部遅延をもつシステム

はじめに

動的システム モデルの InputDelayOutputDelay および ioDelay の各プロパティを使用して時間遅延を表現します。むだ時間のモデリングを参照してください。

MATLAB 関数

hasdelay むだ時間をもつ線形モデルに対して真
hasInternalDelay モデルに内部遅延があるかどうかの判定
pade むだ時間のパデ近似
absorbDelay むだ時間を z = 0 または移相シフトでの極に置き換える
thiran Thiran 近似に基づいて非整数遅延フィルターを作成
totaldelay LTI モデルの組み合わされた I/O 遅延の合計
delayss 遅延入力、出力、ステートをもつ状態空間モデルを作成する
setDelayModel 内部遅延をもつ状態空間モデルを作成
getDelayModel 内部遅延の状態空間表現
この情報は役に立ちましたか?