ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Unipolar to Bipolar Converter

範囲 [0, M-1] のユニポーラ信号をバイポーラ信号にマップする

ライブラリ

Utility Blocks

説明

Unipolar to Bipolar Converter ブロックは、ユニポーラ入力信号をバイポーラ出力信号にマップします。入力が 0 から M-1 までの間の整数で構成されている場合 (M は [M-ary number] パラメーター)、出力は -(M-1) から M-1 までの間の整数で構成されます。M が偶数の場合、出力は奇数になります。M が奇数の場合、出力は偶数になります。このブロックは、入力値が {0,1,2...(M-1)} 内に設定されているときにだけ動作するように設計されています。このとき、M は [M-ary number] パラメーターです。入力値がこの整数の集合の外側にある場合、出力が有効でない可能性があります。

下の表はブロックのマッピングが [Polarity] パラメーターによってどのように変わるかを示しています。

極性パラメーター値k の入力値に対応する出力値
Positive2k-(M-1)
Negative-2k+(M-1)

ダイアログ ボックス

M-ary number

バイポーラまたはユニポーラのアルファベットでのシンボル数。

Polarity

値が [Positive] の場合、アルファベットによるシンボルの相対的順序を維持します。値が [Negative] の場合、アルファベットによるシンボルの相対的順序を反転させます。

Output Data Type

ブロックの出力で生成されるバイポーラ信号の型。

ブロックは、次の出力データ型をサポートします。

  • Inherit via internal rule

  • Same as input

  • double

  • int8

  • int16

  • int32

パラメーターが既定の設定である [Inherit via internal rule] に設定されている場合、ブロックは入力データ型に基づいて、出力データ型を決めます。

  • 入力信号が浮動小数点 ([single] または [double]) の場合、出力のデータ型は入力のデータ型と同じになります。

  • 入力データ型が浮動小数点でない場合は、次のようになります。

    • [M-ary number] パラメーターに基づいて、範囲 [-(M-1)M-1] を含むために必要な理想的な符号付き整数出力語長は、次のように計算されます。

      理想的な語長 = ceil(log2(M))+1

        メモ:   +1 は、符号ビットの必要性に関連付けられています。

    • ブロックは、計算された理想的な語長に収まる最小の語長 (ビット単位) に基づいて、出力データ型を符号付き整数に設定します。

    メモ:   語長の制約に関連する [ハードウェア実行] ペインでの選択は、このブロックによる出力データ型の決定に影響しません。

入力が [0; 1; 2; 3]、[M-ary number] パラメーターが 4[Polarity] パラメーターが [Positive] である場合、出力は [-3; -1; 1; 3] になります。[Polarity] パラメーターを [Negative] に変更すると、出力は [3; 1; -1; -3] に変わります。

[M-ary number] の値が 27 である場合、ブロックは int8 の出力になります。

[M-ary number] の値が 27+1 である場合、ブロックは int16 の出力になります。

この情報は役に立ちましたか?