ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Sign LMS Linear Equalizer

符号付き LMS アルゴリズムで重みを更新する、線形イコライザーを使ったイコライズ

ライブラリ

Equalizers

説明

Sign LMS Linear Equalizer ブロックは、線形イコライザーと符号付き LMS アルゴリズムのファミリからのアルゴリズムを使って分散チャネルを通るベースバンドの線形変調信号をイコライズします。[Update algorithm] パラメーターに対応するサポートされているアルゴリズムは、次のとおりです。

  • Sign LMS

  • Signed regressor LMS

  • Sign Sign LMS

シミュレーション中に、ブロックは特定の符号付き LMS アルゴリズムを使って、シンボルごとに 1 回重みを更新します。[Number of samples per symbol] パラメーターを 1 に設定すると、ブロックはシンボル間隔のイコライザーを実装し、各シンボルで 1 回フィルター重みを更新します。[Number of samples per symbol] パラメーターを 1 よりも大きな値に設定すると、T/N 間隔のイコライザーに対して、重みは N 番目のサンプルごとに更新されます。

入力信号と出力信号

Input 端子は、列ベクトルの入力信号を受け入れます。Desired 端子は、Input 信号中のシンボル数以下の長さのトレーニング シーケンスを受け入れます。有効なトレーニング シンボルとなるのは、[Signal constellation] ベクトルに一覧されたシンボルです。

[Reference tap] パラメーターに、ゼロより大きく [Number of taps] パラメーター値より小さい値を指定します。

Equalized 端子からは、イコライズ処理の結果が出力されます。

ブロックには次の追加端子を表示させるよう設定できます。

  • Communications System Toolbox™ ユーザー ガイド』の「適応アルゴリズム」で説明している Mode 入力。

  • Err 出力。これは Equalized 出力と基準信号の差である誤差信号用です。基準信号は、トレーニング モードではトレーニング シンボル、その他の場合は検出されたシンボルからなります。

  • Communications System Toolbox ユーザー ガイド』の「適応アルゴリズム」で説明している Weights 出力。

判定指向モードとトレーニング モード

トレーニング モードと decision-directed モードでイコライザーが動作する条件を習得するには、『Communications System Toolbox ユーザー ガイド』の「適応アルゴリズム」を参照してください。

イコライザーの遅延

適切なイコライズを行うには、送信側の変調器による出力とイコライザーへの入力の間で生じるシンボルでの遅延を超えるように [Reference tap] パラメーターを設定しなければなりません。この条件が満たされる場合、シンボルでの変調器とイコライザーの"出力"間の遅延の総和は次の値に一致します。

1+([Reference tap]-1)/([Number of samples per symbol])

チャネル遅延は通常は未知であるため、一般的な方法はリファレンス タップをセンター タップに設定することです。

ダイアログ ボックス

Update algorithm

ブロックがイコライザーの重みを更新するために使用する符号付き LMS アルゴリズムの具体的なタイプ。

Number of taps

線形イコライザーのフィルターのタップ数です。

Number of samples per symbol

各シンボルの入力サンプルの数です。

Signal constellation

変調用のコンスタレーションを指定する複素数のベクトルです。

Reference tap

イコライザーにあるタップの数以下の正の整数です。

Step size

符号付き LMS アルゴリズムのステップ サイズ。

Leakage factor

0 ~ 1 の値である、符号付き LMS アルゴリズムの漏れ係数。1 は従来の重み更新アルゴリズムに相当し、0 はメモリのない更新アルゴリズムに相当します。

Initial weights

タップからの初期重みをリストするベクトルです。

Mode input port

このチェック ボックスをオンにすると、ブロックは、トレーニング モードと decision-directed モードを切り替えることのできる入力端子をもちます。トレーニングの場合はモード入力は 1 で、判定指向の場合はモードを 0 にする必要があります。モード入力が 1 であるか、存在しないすべてのフレームに対して、イコライザーは期待する信号の長さについてフレームの最初でトレーニングします。

Output error

このチェック ボックスをオンにすると、ブロックは誤差信号を出力します。誤差信号は、イコライズされた信号と基準信号の差異です。

Output weights

このチェック ボックスをオンにすると、ブロックは現在の重みを出力します。

「適応イコライザー」の例を参照してください。

参考文献

[1] Farhang-Boroujeny, B., Adaptive Filters: Theory and Applications, Chichester, England, Wiley, 1998.

[2] Kurzweil, Jack, An Introduction to Digital Communications, New York, Wiley, 2000.

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?