ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Random Integer Generator

範囲 [0, M-1] 内でランダムに分布された整数を生成する

ライブラリ

Comm Sources の Random Data Sources サブライブラリ

説明

Random Integer Generator ブロックは、[0, M-1] の範囲に一様分布したランダム整数を生成します。ここで、M はダイアログ ボックスで定義された [Set size] です。

[Set size] は、スカラー値または行ベクトルのいずれかです。スカラーである場合、すべての出力ランダム変数は独立同分布 (i.i.d.) です。[Set size] がベクトルの場合、ベクトルの長さが出力チャネル数を決定します。チャネルはさまざまな出力範囲を取ることができます。

[Initial seed] パラメーターが定数である場合、結果のノイズは繰り返し可能です。

出力信号の属性

出力信号は、列または行ベクトル、2 次元行列、またはスカラー値とすることができます。出力信号の行数は 1 フレームあたりのサンプル数に対応し、[Samples per frame] パラメーターで決定されます。出力信号の列数はチャネル数に対応し、[Set size] パラメーターの要素数によって決定されます。詳細は、『Communications System Toolbox™ ユーザー ガイド』の「ソースとシンク」を参照してください。

ダイアログ ボックス

Set size

セット サイズは、出力値の範囲を決定します。ブロックは、0 から [Set size] –1 の範囲の整数を生成します。セット サイズはスカラーか、正の整数の行ベクトルで指定します。[Set size] の要素の数は、ブロックから出力される独立チャネルの数に対応します。

Source of initial seed

乱数発生器の初期シードのソース。ソースを [Auto] または [Parameter] のいずれかに指定します。[Auto] に設定した場合、ブロックはグローバル乱数ストリームを使用します。

    メモ:   [コード生成] モードにおいて、[Source of initial seed][Auto] の場合、乱数発生器はゼロの初期シードを使用します。そのため、ブロックが開始されるたびに同じ乱数が生成されます。[インタープリター型実行] を使用すると、モデルは異なる初期シードを使用するようになります。[インタープリター型実行][ラピッド アクセラレータ] モードで実行されている場合、その動作は [コード生成] モードの場合と同じです。

Initial seed

乱数発生器の初期シード値。シードを非負の整数スカラーで指定します。[Source of initial seed] パラメーターが [Parameter] に設定されている場合に、[Initial seed] が使用可能です。

Sample time

出力信号の列の各サンプル間の時間。

Samples per frame

出力信号の 1 つのチャネルにおけるフレームあたりのサンプル数。[Samples per frame] を正の整数スカラーで指定します。

    メモ:   出力更新間の時間は、[Samples per frame][Sample time] の積に等しくなります。たとえば、[Sample time][Samples per frame] が 1 の場合には、ブロックは毎秒 1 つの整数値を出力します。[Samples per frame] を 10 に増やすと、10 行 1 列のベクトルが 10 秒ごとに出力されます。こうすることで、同等の出力レートが [Samples per frame] パラメーターに依存しなくなります。

Output data type

ブロックの出力データ型には booleanuint8uint16uint32single または double を指定できます。既定の設定は double です。同じパラメーターのセットに対して、single 出力は double 出力に比べて異なる結果になる場合があります。boolean 型の出力の場合、[Set size]2 でなければなりません。

シミュレーション実行方法

シミュレーション モードを選択します。

コード生成

モデルの最初の実行時に、コードをシミュレートして生成します。ブロックの構造が変更されていない場合は、以降のモデルの実行でコードは再生成されません。

シミュレーション モードが [コード生成] の場合、ブロックに対応する System object では最大 9 個の入力を受け入れます。

インタープリター型実行

コードを生成せずにモデルをシミュレートします。このオプションを使用すると起動時間が速くなりますが、その後のシミュレーションのパフォーマンスが低下する可能性があります。

参考

randi

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?