ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

oct2dec

8 進数を 10 進数に変換

構文

d = oct2dec(c)

説明

d = oct2dec(c) は、要素ごとに 8 進数行列 c を 10 進数行列 d に変換します。8 進数および 10 進数表現ともに、右端の桁が最下位です。

すべて折りたたむ

2 行 2 列の 8 進数行列を等価の 10 進数行列に変換します。

d = oct2dec([12 144;0 25])
d =

    10   100
     0    21

$144 = 1(8^2)+4(8^1)+4(8^0)=100$ であることから、8 進数の 144 は 100 と等価です。

参考

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?