ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Hamming Decoder

ハミング符号の復号化によるバイナリ ベクトル データの復元

ライブラリ

Error Correction and Detection の Block サブライブラリ

説明

Hamming Decoder ブロックは、バイナリ メッセージ ベクトルをバイナリ ハミング符号語ベクトルから復元します。正しい復号化のためには、このブロックのパラメーター値と、対応する Hamming Encoder ブロックのパラメーター値が一致していなくてはなりません。

ハミング符号のメッセージ長が K で符号語長が N とする場合、M を 3 以上の整数として、N は 2M-1 の形式でなければなりません。また、K は N-M と等しくなければなりません。

このブロックは、長さ N の列ベクトルの入力信号を受け入れます。出力信号は、長さ K の列ベクトルです。

符号化のスキームは、有限体 GF(2M) の要素を使用します。アルゴリズムで使用すべき原始多項式はユーザーが指定できますが、あるいは既定の設定を利用することもできます。

  • 既定の原始多項式を使用するには、ダイアログの 1 番目と 2 番目のパラメーターにそれぞれ N および K を入力するだけです。アルゴリズムは gfprimdf(M) を GF(2M) の原始多項式として使用します。

  • 原始多項式を指定するには、ダイアログの 1 番目のパラメーターに N を入力し、2 番目のパラメーターにはバイナリ ベクトルを入力します。パラメーター ベクトルは、昇ベキの順に並べた係数リストによる原始多項式を表現します。原始多項式は、関数 Communications System Toolbox™gfprimfd を使って作成できます。

  • また、原始多項式は、たとえば 'D^3 + D + 1' のような「文字列」で指定することもできます。

各ブロック端子がサポートするデータ型の詳細は、このページのサポートされているデータ型の表を参照してください。

ダイアログ ボックス

Codeword length N

符号語長 N、入力ベクトルの長さでもあります。

Message length K, or M-degree primitive polynomial

入力ベクトル長でもあるメッセージ長、GF(2M) の原始多項式を示すバイナリ ベクトルまたは「多項式の文字列」

サポートされているデータ型

端子サポートされているデータ型
In
  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

  • boolean

  • 8、16、32 ビット符号付き整数

  • 8、16、32 ビット符号なし整数

  • 固定小数点

Out
  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

  • boolean

  • 8、16、32 ビット符号付き整数

  • 8、16、32 ビット符号なし整数

  • 固定小数点

ペア ブロック

Hamming Encoder

参考

hammgen (Communications System Toolbox)

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?