ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

dpcmenco

差分パルス コード変調を使った符号化

構文

indx = dpcmenco(sig,codebook,partition,predictor)
[indx,quants] = dpcmenco(sig,codebook,partition,predictor)

説明

indx = dpcmenco(sig,codebook,partition,predictor) は、ベクトル sig を符号化する差分パルス コード変調を実装します。partition は、その要素が分割区間の端点を与えるベクトルです。長さが partition の長さを 1 だけ超えるベクトル codebook は、量子化での各パーティションに対する値を指定します。predictor は、予測伝達関数を指定します。伝達関数が予測次数 M をもつ場合、predictor の長さは M+1 で、初期要素は 0 です。出力ベクトルindx は量子化インデックスです。

predictor の形式の詳細は、「差分パルス コード変調」を参照してください。partitioncodebook の形式の詳細は、「パーティションの表現」「パーティションの表現」、または本章の quantiz のリファレンス ページを参照してください。

[indx,quants] = dpcmenco(sig,codebook,partition,predictor) は、quants が量子化パラメーターに基づく sig の量子化を含むことを除き、上記の構文と同じです。quants は、sig と同じサイズのベクトルです。

    メモ:    predictor が次数 1 の伝達関数である場合は、変調は "デルタ変調" と呼ばれます。

dpcmenco を使用する例については、「例: DPCM 符号化と復号化」「例: 最適化および非最適化された DPCM パラメーターの比較」を参照してください。

参考文献

[1] Kondoz, A. M., Digital Speech, Chichester, England, John Wiley & Sons, 1994.

この情報は役に立ちましたか?