ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Differential Encoder

差動符号化を使用して、バイナリ信号を符号化

ライブラリ

Source Coding

説明

Differential Encoder ブロックは、チャネル内のバイナリ入力信号を符号化します。出力は、現在の入力要素と以前の出力要素の論理差です。さらに具体的に言えば、入力と出力は次のような関係になります。

d(i0) = m(i0) XOR [Initial conditions] パラメーター値

d(ik) = d(ik-1) XOR m(ik)

ここで、

  • m は入力メッセージです。

  • d は差分符号化された出力です。

  • ik は k 番目の要素です。

  • XOR は排他的論理和または演算子です。

このブロックはスカラーまたは列ベクトル入力信号を受け入れ、列をチャネルとして扱います。

ダイアログ ボックス

Initial conditions

排他的論理和または初期入力値をもつこの値は、初期出力値を形成します。

サポートされているデータ型

端子サポートされているデータ型
In
  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

  • boolean

  • 整数

  • 固定小数点

Out
  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

  • boolean

  • 整数

  • 固定小数点

参照

[1] Couch, Leon W., II, Digital and Analog Communication Systems, Sixth edition, Upper Saddle River, N. J., Prentice Hall, 2001.

ペア ブロック

Differential Decoder

この情報は役に立ちましたか?