ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Derepeat

連続するサンプルを平均化することで、サンプルレートを低減

ライブラリ

Sequence Operations

説明

Derepeat ブロックは、N 連続サンプルを平均化して、入力サンプルレートの 1/N  倍のレートで離散入力をリサンプリングします。これは、DSP System Toolbox™ の Repeat ブロックの考えられる逆の例の 1 つです。正の整数 N は Derepeat ダイアログ内の [Derepeat factor] パラメーターです。

[Initial conditions] パラメーターには、入力データを出力に表示するには早すぎる場合の出力の要素をあらかじめ指定します。[Initial conditions] パラメーターの次元が出力の次元と一致する場合、このパラメーターは初期出力値を表します。[Initial conditions] がスカラーの場合、出力内の各要素の初期値を表します。このブロックは、初期条件の空の行列をサポートしません。

入力は任意の形状またはフレーム状態です。このブロックは、singledouble のデータ型を受け入れます。出力信号のデータ型は、入力信号から継承されます。

このブロックは、シングルレート モードで使用する場合、Triggered Subsystem 内で機能します。

シングルレート処理

ブロックは各フレームをデリピートし、異なるチャネルを独立して処理します。出力の各要素は、入力行列の"列"に沿った N 連続要素の平均です。[Derepeat factor] はフレーム サイズよりも小さくなければなりません。

[Rate options] パラメーターを [Enforce single-rate processing] に設定した場合、ブロックの入力と出力のサンプルレートは同じになります。このブロックは、入力よりも比較的な小さなフレーム"サイズ"を使用して、サンプルレートを低減させます。[Derepeat factor] は、入力ベクトルまたは行列の行数を表す整数ファクターでなければなりません。N のファクターによってデリピートする場合、出力フレーム サイズは入力フレーム サイズの 1/N  倍ですが、入力と出力のフレーム レートは等しくなります。このオプションを使用する場合、[Initial conditions] パラメーターは適用されず、入力データがすぐに出力に表示されるため、ブロックに遅延は生じません。

たとえば、64 要素をもつ 1 つのチャネル入力がファクター 4 でデリピートされる場合、出力には 16 要素が含まれます。入力と出力のフレーム周期は等しくなります。

マルチレート処理

[Rate options] パラメーターを [Allow multirate processing] に設定した場合、Derepeat ブロックの入力と出力は同じサイズになりますが、出力のサンプルレートは入力のサンプルレートよりも N 倍遅くなります。ブロックがマルチレート処理モードの場合は、[Input processing] パラメーターの値も指定しなければなりません。

  • [Input Processing] パラメーターを [Elements as channels (sample based)] に設定した場合、ブロックは入力が独立したチャネルからのサンプルをもつベクトルまたは行列であるとみなします。このブロックは、長時間にわたって、各チャネルからのサンプルを個別に平均します。出力期間は入力期間の N 倍で、入力と出力のサイズは同じです。出力は 1 出力期間分遅延し、1 番目の出力値が [Initial conditions] 値になります。[Rate options][Enforce single-rate processing] に設定した場合、ブロックはエラー メッセージを生成します。

  • [Input Processing] パラメーターを [Columns as channels (frame based)] に設定した場合、ブロックは入力端子よりも出力端子で比較的長いフレーム"周期"を使用して、サンプルレートを低減します。N のファクターによってデリピートする場合、出力フレーム周期は入力フレーム周期の N 倍ですが、入力と出力のフレーム サイズは等しくなります。出力は 1 出力フレーム分遅延し、1 番目の出力フレームは [Initial conditions] 値によってのみ決まります。ブロックは各フレームをデリピートし、異なるチャネルを独立して処理します。出力の各要素は、入力行列の"列"に沿った N 連続要素の平均です。[Derepeat factor] はフレーム サイズよりも小さくなければなりません。

    たとえば、フレーム周期 1  秒の 1 つのチャネル入力がファクター 4 でデリピートされる場合、出力のフレーム周期は 4  秒になります。入力と出力のフレーム サイズは等しくなります。

ダイアログ ボックス

Derepeat factor, N

各出力サンプルを生成するために平均する入力サンプルの数。

Input processing

ブロックで入力信号を処理する方法を指定します。これらのパラメーターは、以下のいずれかのオプションに設定することができます。

  • Columns as channels (frame based) — このオプションを選択する場合、ブロックは入力の各列を別々のチャネルとして扱います。

  • Elements as channels (sample based) — このオプションを選択する場合、ブロックは入力の各要素を別々のチャネルとして扱います。

    メモ:    [Inherited (this choice will be removed - see release notes)] オプションは将来のリリースでは削除されます。詳細は、『Communications System Toolbox™ リリース ノート』の「Frame-Based Processing」を参照してください。

Rate options

ブロックのレート処理オプションを選択します。

  • Enforce single-rate processing — このオプションを選択すると、入力信号と出力信号の端子サンプル時間が同じになります。ブロックは、出力のサイズを入力と比較して変更することによって、レートを変更します。出力幅は、シンボルの数と [Samples per symbol] パラメーター値の積になります。

  • Allow multirate processing — このオプションを選択すると、入力信号と出力信号の端子サンプル時間は異なるものになります。出力サンプル時間は、シンボル区間を [Samples per symbol] パラメーターの値で割った値となります。

      メモ:    オプションの [Inherit from input (this choice will be removed - see release notes)] は将来のリリースでは削除される予定です。詳細は、『Communications System Toolbox リリース ノート』の「Frame-Based Processing」を参照してください。

Initial condition

ブロックを初期化する値。

参考

Repeat (DSP System Toolbox ドキュメンテーション)、Downsample (DSP System Toolbox ドキュメンテーション)

この情報は役に立ちましたか?