ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

CPFSK Demodulator Baseband

CPFSK 変調されたデータを復調する

ライブラリ

Modulation の Digital Baseband サブライブラリ内の CPM

説明

CPFSK Demodulator Baseband ブロックは、連続位相周波数シフト キーイング メソッドを使用して変調された信号を復調します。このブロックへの入力は、変調信号のベースバンド表現です。[M-ary number] パラメーターは、 これを M としますが、入力アルファベットのサイズです。M は、ある正の整数 K に対する 2K の形式をとらなければなりません。

このブロックでは、多重 h の [Modulation index] をサポートしています。詳細は、「CPM Modulator Baseband」を参照してください。

整数値信号とバイナリ値信号

[Output type] パラメーターを [Integer] に設定した場合、ブロックは -(M-1) と M-1 の間の奇数の整数を生成します。

[Output type] パラメーターを [Bit] に設定した場合、ブロックは K ビットのグルーピングを生成します。各グルーピングは、バイナリ "ワード"と呼ばれます。

バイナリ出力モードでは、ブロックはまず各入力シンボルを整数出力モードで中間値に割り当てます。次にブロックは奇数の整数 k を非負の整数 (k+M-1)/2 に割り当てます。最後に、ブロックは [Symbol set ordering] パラメーターが [Binary] に設定されているか [Gray] に設定されているかによって変わるマッピングを使用して、各非負の整数をバイナリ ワードに割り当てます。

このブロックは、single または double のデータ型のスカラー値、または列ベクトル入力信号を受け入れます。

シングルレート処理

シングルレート処理モードの場合、入力信号および出力信号における端子のサンプル時間は同じになります。ブロックは、入力と比較する際に出力でのサイズ変更を行うことによってレート変更を暗黙的に実装します。入力幅は [Samples per symbol] パラメーター値の整数倍でなければならず、入力は列ベクトルとすることができます。

  • [Output type][Bit] に設定した場合、出力幅は入力シンボルの数の K 倍となります。

  • [Output type][Integer] に設定した場合、出力幅は入力シンボルの数と一致します。

マルチレート処理

マルチレート処理モードの場合、入力信号および出力信号における端子のサンプル時間は異なります。入力はスカラーでなければなりません。出力のサンプル時間は、入力のサンプル時間と [Samples per symbol] パラメーターの値の積になります。

  • [Output type][Bit] に設定した場合、出力幅はシンボルあたりのビット数と一致します。

  • [Output type][Integer] に設定した場合、出力幅はスカラー値となります。

トレースバック長と出力遅延

最初に、このブロックは変調スキームのトレリス表現を作成し、ビタビ アルゴリズムを使用します。このブロックの [Traceback depth] パラメーターは、 これを D としますが、アルゴリズムが各トレースバック パスの構築に使用するトレリス分岐の数です。D は、出力内で最初に意味を成す復調値に先行するゼロ シンボル数である、出力遅延に影響を与えます。

  • [Rate options] パラメーターを [Allow multirate processing] に設定し、モデルにて可変ステップ ソルバーまたは固定ステップ ソルバーを使用して [タスク モード] パラメーターを [シングルタスク] に設定した場合、遅延を構成する 0 シンボルは D+1 個になります。

  • [Rate options] パラメーターを [Enforce single-rate processing] に設定した場合、遅延を構成する 0 シンボルは D 個になります。

[Traceback depth] パラメーター値は、ユークリッド距離の最小二乗値に依存します。別の方法として、状態数に依存する標準値を選択することも可能で、その際に用いる "拘束長の 5 倍" ルールは 5·log2(numStates) に対応します。

状態数の定義は、「CPM Demodulator Baseband」のヘルプ ページを参照してください。

ダイアログ ボックス

M-ary number

アルファベットのサイズ。

Output type

出力が整数で構成されるか、ビットのグループで構成されるかを決めます。

Symbol set ordering

ブロックが各整数を出力ビットのグループに割り当てる方法を決めます。このフィールドは、[Output type][Bit] に設定されている場合のみ表示されます。

Modulation index

変調指数 {hi} を指定します。既定の設定は 0.5 です。このプロパティの値は、実数の非負のスカラーまたは実数の列ベクトルでなければなりません。

このブロックでは、多重 h の [Modulation index] をサポートしています。詳細は、「CPM Modulator Baseband」を参照してください。

Phase offset (rad)

変調された波形の初期位相です。

Samples per symbol

変調される各シンボルを表す入力サンプルの数で、正の整数でなければなりません。詳細は、『Communications System Toolbox™ ユーザー ガイド』の「信号とレート変更のアップサンプル」を参照してください。

Rate options

ブロックのレート処理方法を選択します。

  • Enforce single-rate processing — このオプションを選択すると、入力信号と出力信号の端子サンプル時間が同じになります。ブロックは、出力のサイズを入力と比較して変更することによって、レートを変更します。出力幅はシンボルの数と一致します([Output type] パラメーターが [Integer] の場合は、入力長を [Samples per symbol] パラメーター値で割った値 )。

  • Allow multirate processing — このオプションを選択すると、入力信号と出力信号の端子サンプル時間は異なるものになります。出力期間はシンボル区間と等しく、入力期間と [Samples per symbol] パラメーターの値の積になります。

      メモ:    オプションの [Inherit from input (this choice will be removed - see release notes)] は将来のリリースでは削除される予定です。詳細は、『Communications System Toolbox リリース ノート』の「Frame-Based Processing」を参照してください。

詳細は、このページの「シングルレート処理」および「マルチレート処理」を参照してください。

Traceback depth

CPFSK Demodulator Baseband ブロックが各トレースバック パスを構築するために使用するトレリス分岐の数。

Output datatype

出力データ型は、booleanint8int16int32、または double に設定できます。

サポートされているデータ型

端子サポートされているデータ型

入力

  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

Output

  • 倍精度浮動小数点

  • Boolean ([Output type][Bit] の場合)

  • 8、16、32 ビット符号付き整数 ([Output type][Integer] に設定した場合)

ペア ブロック

CPFSK Modulator Baseband

参照

[1] Anderson, John B., Tor Aulin, and Carl-Erik Sundberg. Digital Phase Modulation. New York: Plenum Press, 1986.

この情報は役に立ちましたか?