ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

comm.ThermalNoise System object

パッケージ: comm

受信側の熱ノイズを追加する

説明

ThermalNoise オブジェクトは、複素ベースバンド信号の熱ノイズの影響をシミュレートします。

受信側の熱ノイズを複素ベースバンド信号に付加するには、以下の手順に従います。

  1. 熱ノイズ オブジェクトを定義および設定します。構築を参照してください。

  2. step を呼び出して、comm.ThermalNoise のプロパティに従い、受信側の熱ノイズを入力信号に付加します。step の動作は、ツールボックスの各オブジェクト固有のものです。

構築

H = comm.ThermalNoise は受信側の熱ノイズ System object™ H を作成します。このオブジェクトは、複素ベースバンド入力信号に熱ノイズを追加します。

H = comm.ThermalNoise(Name,Value) は、指定された各プロパティ セットを指定された値に設定して、受信側の熱ノイズ オブジェクト H を作成します。(Name1,Value1,...,NameN,ValueN) のように、追加の名前と値のペアの引数を任意の順番で指定できます。

プロパティ

NoiseMethod

ノイズ レベルを指定する方法

ノイズ レベルを指定する方法を Noise temperatureNoise figure または Noise factor として選択します。既定の設定は Noise temperature です。

NoiseTemperature

ノイズ温度

ノイズ温度 (K) を数値、非負の実数スカラー値として指定します。既定の設定は 290 です。このプロパティは、NoiseMethod プロパティを Noise temperature に設定した場合に適用されます。

NoiseFigure

Noise figure

ノイズ温度 290 K に対するノイズ数値 (dB) を指定します。このプロパティは、数値、非負の実数スカラー値に設定しなければなりません。このプロパティは NoiseMethod プロパティを Noise figure に設定した場合に適用されます。既定の設定は 3.01 dB で、これはノイズ温度 290×(10(NoiseFigure/10)–1) に相当します。この値は約 290 K です。

NoiseFactor

Noise factor

ノイズ係数をノイズ温度 290 K に対する係数として指定します。このプロパティは、1 以上の数値、実数スカラー値に設定しなければなりません。このプロパティは、NoiseMethod プロパティを Noise factor に設定した場合に適用されます。既定の設定は 2 で、これはノイズ温度 290×(NoiseFactor–1) = 290 K に相当します。

SampleRate

サンプル時間

入力サンプルのサンプルレート (Hz) を、数値、実数の正のスカラーとして指定します。既定の設定は 1 です。このオブジェクトは、入力信号に追加されるノイズの分散を (kT*SampleRate) として計算します。値 k は Boltzmann 定数で、T は、いずれかのノイズ メソッドによって明示的または黙示的に指定されるノイズ温度です。

メソッド

clone同一プロパティ値をもつ熱ノイズ オブジェクトを作成する
getNumInputsstep メソッドへの予想される入力数
getNumOutputsstep メソッドからの出力数
isLocked入力属性と調整不可能なプロパティのロック状態
releaseプロパティ値と入力特性の変更を許可する
step受信側の熱ノイズを追加する

ノイズ温度 290 K の熱ノイズを QPSK データに追加します。

    hTNoise = comm.ThermalNoise('NoiseTemperature',290);
% Create a modulator and obtain complex baseband signal
    hMod = comm.QPSKModulator;
    data = randi([0 3],32,1);
    modData = step(hMod,data);
% Add noise to signal
    noisyData = step(hTNoise,modData);

アルゴリズム

このオブジェクトは、Receiver Thermal Noise ブロックのリファレンス ページで説明されているアルゴリズム、入力、および出力を実装しています。オブジェクト プロパティはブロック パラメーターに対応しますが、以下の場合を除きます。

  • このオブジェクトは MATLAB® の既定の乱数ストリームを使用して乱数を生成します。ブロックは V5 RANDN (Ziggurat) アルゴリズムに基づく乱数発生器を使用します。このブロックはまた、Initial seed パラメーターで設定された初期シードを使用して、乱数発生器を初期化します。ブロックを含むシステムが実行されるたびに、ブロックは同じ乱数列を生成します。このオブジェクトを使用して再現性のある数を生成するために、次のコードを使用して MATLAB の既定の乱数ストリームをリセットできます。

    reset(RandStream.getGlobalStream)
    詳細は、RandStream のヘルプを参照してください。

  • このオブジェクトは、指定しなければならない SampleRate プロパティを提供します。ブロックが信号のサンプル時間を検知するため、対応するパラメーターはありません。

この情報は役に立ちましたか?