ドキュメンテーション

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

step

System object: comm.OQPSKModulator
パッケージ: comm

OQPSK 法を使用して変調する

構文

Y = step(H,X)

説明

Y = step(H,X) は、OQPSK 変調器オブジェクト H を使用して入力データ X を変調し、ベースバンド変調された出力 Y を返します。BitInput プロパティの値に従い、入力 X は、整数、または、数値、論理値、あるいは固定小数点データ型のビット値の列ベクトルにできます。

OQPSK 変調器オブジェクトは、係数 2 でアップサンプリングします。step メソッドは、長さ Y を 2×N として出力します。ここで N は入力 X の長さです。step メソッドは、入力値とは関連しない、ゼロの初期条件を出力します。

    メモ:    オブジェクトは、step メソッドがはじめて実行されるときに初期化を実行します。この初期化により、入力データの次元、実数/複素数、データ型など、「調整不可能なプロパティ」と入力仕様がロックされます。調整不可能なプロパティまたは入力仕様を変更すると、System object™ はエラーを発行します。調整不可能なプロパティまたは入力を変更するには、まず release メソッドを呼び出してオブジェクトをアンロックしなければなりません。

この情報は役に立ちましたか?