ドキュメンテーション

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

comm.OQPSKModulator System object

パッケージ: comm

OQPSK 法を使用して変調する

説明

OQPSKModulator オブジェクトは、オフセット直交位相シフト キーイング (OQPSK) 法を使用して変調します。出力は、変調信号のベースバンド表現です。

オフセット直交位相シフト キーイングを使用して信号を変調するには、以下の手順に従います。

  1. OQPSK 変調器オブジェクトを定義および設定します。「構築」を参照してください。

  2. step を呼び出して、comm.OQPSKModulator のプロパティに従い、信号を変調します。step の動作は、ツールボックスの各オブジェクト固有のものです。

構築

H = comm.OQPSKModulator は変調器 System object™ H を作成します。このオブジェクトは、オフセット直交位相シフト キーイング (OQPSK) 法を用いて入力信号を変調します。

H = comm.OQPSKModulator(Name,Value) は、指定された各プロパティを指定値に設定して、OQPSK 変調器オブジェクト H を作成します。(Name1,Value1,...,NameN,ValueN) のように、追加の名前/値の組み合わせ引数を任意の順番で指定できます。

H = comm.OQPSKModulator(PHASE,Name,Value) は、OQPSK 変調器オブジェクト H を作成します。このオブジェクトは PhaseOffset プロパティを PHASE に、他の指定されたプロパティを指定された値に設定します。

プロパティ

PhaseOffset

π4 からのコンスタレーションの 0 番目の信号点の位相

π4 からシフトされたコンスタレーションの 0 番目の点の位相オフセットを、有限実数値スカラーとしてラジアン単位で指定します。既定の設定は 0 です。

BitInput

入力がビットであると想定する

入力がビットであるか整数であるかを指定します。既定の設定は false です。このプロパティを true に設定した場合、入力は 0 から 3 までの整数のビット表現です。この入力は、2 の整数倍の長さをもつ、ビット値の列ベクトルでなければなりません。 このプロパティを false に設定した場合、入力は 0 から 3 までの整数値の列ベクトルでなければなりません。

OutputDataType

出力のデータ型

出力データ型を doublesingle または Custom として指定します。既定の設定は double です。

 固定小数点プロパティ

メソッド

clone同一プロパティ値をもつ OQPSK 変調器オブジェクトを作成する
constellation理想的なコンスタレーションの計算またはプロット
getNumInputsstep メソッドへの予想される入力数
getNumOutputsstep メソッドからの出力数
isLocked入力属性と調整不可能なプロパティのロック状態
releaseプロパティ値と入力特性の変更を許可する
reset変調器の状態をリセット
stepOQPSK 法を使用して変調する

OQPSK を使用してデータを変調し、変調データを散布図で表示します。

% Create binary data for 1000, 2-bit symbols
  data = randi([0 1],2000,1);
% Create an OQPSK modulator System object and accept bits as inputs and set a phase offset of pi/16
  hModulator = comm.OQPSKModulator(pi/16,'BitInput',true);
% Modulate and plot the data, ignore the first output symbol
  modData = step(hModulator, data);
  scatterplot(modData(2:end))

アルゴリズム

このオブジェクトは、OQPSK Modulator Baseband ブロックのリファレンス ページで説明されているアルゴリズム、入力、および出力を実装しています。オブジェクト プロパティはブロック パラメーターに対応します。

この情報は役に立ちましたか?