ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

comm.EVM System object

パッケージ: comm

エラー ベクトル振幅の測定

説明

エラー ベクトル振幅 EVM オブジェクトは、障害の発生した信号の変調器または復調器の性能測定値です。

エラー ベクトル振幅を測定するには、以下の手順に従います。

  1. EVM オブジェクトを定義および設定します。「構築」を参照してください。

  2. step を呼び出して、comm.EVM のプロパティに従い、変調または復調性能を測定します。step の動作は、ツールボックスの各オブジェクト固有のものです。

構築

H = comm.EVM は、エラー ベクトル振幅 (EVM) System object™ H を作成します。このオブジェクトは、1 変調信号における障害量を計測します。

H = comm.EVM(Name,Value) は、指定の各プロパティが指定の値に設定された EVM オブジェクト H を作成します。(Name1,Value1,...,NameN,ValueN) のように、追加の名前/値の組み合わせ引数を任意の順番で指定できます。

プロパティ

Normalization

EVM 正規化方式

オブジェクトが EVM 計算で使用する正規化方式を指定します。Average reference signal powerAverage constellation power または Peak constellation power から選択します。既定の設定は Average reference signal power です。

AverageConstellationPower

平均コンスタレーション電力

EVM 計測を正規化するためにオブジェクトが使用する平均コンスタレーション電力 (W) を指定します。このプロパティを double、single、または整数のデータ型の、正の、実数スカラー値に設定します。このプロパティは、Normalization プロパティを Average constellation power に設定した場合に適用されます。既定の設定は 1 です。

PeakConstellationPower

ピーク コンスタレーション電力

EVM 計測を正規化するためにオブジェクトが使用するピーク コンスタレーション電力 (W) を指定します。このプロパティを double、single、または整数のデータ型の、正の、実数スカラー値に設定します。このプロパティは、Normalization プロパティを Peak constellation power に設定した場合に適用されます。既定の設定は 1 です。

MaximumEVMOutputPort

最大 EVM 計測出力を有効にする

このプロパティを true に設定すると、step メソッドは最大 EVM 計測を出力します。既定の設定は false です。最大 EVM 出力は、現在の入力フレームで計測された最大 EVM 値です。

XPercentileEVMOutputPort

X 百分位 EVM 計測出力を有効にする

このプロパティを true に設定すると、step メソッドは X 百分位 EVM 計測を出力します。既定の設定は false です。このプロパティを設定した後、X 百分位 EVM 計測は存続します。これらの計測は、最後にリセットされて以降のすべての入力フレームに基づいて取得されます。

XPercentileValue

X 百分位値

オブジェクトが EVM 計測の X 番目の百分位を計算するために使用する X 百分位値 (パーセント単位) を指定します。既定の設定は 95 です。X 番目の百分位は、すべての計算済み EVM 値の X% がその下に来る EVM 値です。このプロパティを 0 以上 100 以下の実数スカラーに設定します。このプロパティは double、single、または整数のデータ型をもつことができ、XPercentileEVMOutputPort プロパティを true に設定するときに適用されます。

SymbolCountOutputPort

シンボル数の出力を有効化する

このプロパティを true に設定した場合、step メソッドは、オブジェクトが X 百分位 EVM 測定の計算で使用する、前回のリセット以降の累積シンボル数を出力します。このプロパティの既定の設定は false です。このプロパティは、XPercentileEVMOutputPort プロパティを true に設定した場合に適用されます。

メソッド

clone同一プロパティ値をもつ EVM Measurement オブジェクトを作成する
getNumInputsstep メソッドへの予想される入力数
getNumOutputsstep メソッドからの出力数
isLocked入力属性と調整不可能なプロパティのロック状態
releaseプロパティ値と入力特性の変更を許可する
resetEVM Measurement オブジェクトの状態のリセット
stepエラー ベクトル振幅の測定

ノイズを含む 16-QAM 変調信号の EVM の測定

hMod = comm.RectangularQAMModulator(16);
hAWGN = comm.AWGNChannel('NoiseMethod',...
        'Signal to noise ratio (SNR)',...
        'SNR', 20, 'SignalPower', 10);

% Create an EVM object, output maximum and 90-percentile EVM
% measurements, and symbol count
    hEVM = comm.EVM('MaximumEVMOutputPort',true,...
            'XPercentileEVMOutputPort', true, 'XPercentileValue', 90,...
            'SymbolCountOutputPort', true);
 % Generate modulated symbols and add noise
    refsym = step(hMod, randi([0 15], 1000, 1));
    rxsym = step(hAWGN, refsym);
 % Calculate measurements
    [RMSEVM,MaxEVM,PercentileEVM,NumSym] = step(hEVM,refsym,rxsym)
RMSEVM =

    9.8775


MaxEVM =

   26.8385


PercentileEVM =

   14.9750


NumSym =

        1000

アルゴリズム

このオブジェクトは、EVM Measurement ブロックのリファレンス ページで説明されているアルゴリズム、入力、および出力を実装しています。オブジェクト プロパティはブロック パラメーターに対応します。

この情報は役に立ちましたか?