ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

多入力多出力 (MIMO)

MIMO チャネル、OSTBC、球面復号化

Communications System Toolbox には、汎用および LTE 固有の MIMO チャネルのモデル化や、MIMO 信号の符号化、結合および復号化を行うための System object™ およびブロックが用意されています。

System object

comm.MIMOChannel MIMO マルチパス フェージング チャネルによる入力信号のフィルター処理
comm.LTEMIMOChannel LTE MIMO マルチパス フェージング チャネルによる入力信号のフィルター処理
comm.OSTBCCombiner 直交空間時間ブロック符号を使用した入力の結合
comm.OSTBCEncoder 直交空間時間ブロック符号を使用した入力の符号化
comm.SphereDecoder 球面復号器を使用た入力の復号化

ブロック

MIMO Channel MIMO マルチパス フェージング チャネルによる入力信号のフィルター処理
OSTBC Combiner 直交空間時間ブロック符号 (OSTBC) に従った、受信信号の入力とチャネル推定との組み合わせ
OSTBC Encoder 直交空間時間ブロック符号 (OSTBC) を使用した入力メッセージの符号化
Sphere Decoder 球面復号器を使用した入力の復号化

概念

多入力多出力 (MIMO)

Communications System Toolbox™ ソフトウェアの多入力多出力機能について

例および操作のヒント

MIMO システムの紹介

この例では、多入力多出力 (MIMO) システムを示します。

空間多重化

この例は空間多重化方式を示します。

OSTBC と TCM の連結

この例では、送信アンテナ 2 つ、受信アンテナ 1 つをもつ多入力多出力 (MIMO) チャネルで情報を伝送するためにトレリス符号化変調 (TCM) と連結された直交空間時間ブロック符号 (OSTBC) について示します。

OSTBC を用いた適応 MIMO システム

この例では、多入力多出力 (MIMO) チャネルでの適応直交空間時間ブロック符号 (OSTBC) 送受信システムについて示します。

この情報は役に立ちましたか?