ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

イコライズ

適応および MLSE イコライザー

System object

comm.MLSEEqualizer 最尤系列推定を使用したイコライズ

ブロック

CMA Equalizer 定包絡線基準アルゴリズムを使用してイコライズする
LMS Decision Feedback Equalizer LMS アルゴリズムで重み更新をする判定フィードバック イコライザーを用いたイコライズ
LMS Linear Equalizer LMS アルゴリズムで重みを更新する線形イコライザーを用いたイコライズ
MLSE Equalizer ビタビ アルゴリズムを用いたイコライズ
Normalized LMS Decision Feedback Equalizer 正規化された LMS アルゴリズムで重みを更新する、判定フィードバック イコライザーを使ったイコライズ
Normalized LMS Linear Equalizer 正規化された LMS アルゴリズムで重みを更新する、線形イコライザーを使ったイコライズ
RLS Decision Feedback Equalizer RLS アルゴリズムで重みを更新する、判定フィードバック イコライザーを使ったイコライズ
RLS Linear Equalizer RLS アルゴリズムで重みを更新する、線形イコライザーを使ったイコライズ
Sign LMS Decision Feedback Equalizer 符号付き LMS アルゴリズムで重みを更新する、判定フィードバック イコライザーを使ったイコライズ
Sign LMS Linear Equalizer 符号付き LMS アルゴリズムで重みを更新する、線形イコライザーを使ったイコライズ
Variable Step LMS Decision Feedback Equalizer 可変ステップ サイズ LMS アルゴリズムで重みを更新する、判定フィードバック イコライザーを使ったイコライズ
Variable Step LMS Linear Equalizer 可変ステップ サイズ LMS アルゴリズムで重みを更新する、線形イコライザーを使ったイコライズ

関数

cma 定包絡線基準アルゴリズム (CMA) オブジェクトの構築
dfe 判定フィードバック イコライザー オブジェクトの構築
equalize イコライザー オブジェクトを使用した信号のイコライズ
lineareq 線形イコライザー オブジェクトの構築
lms 最小平均二乗 (LMS) 適応アルゴリズム オブジェクトの構築
mlseeq ビタビ アルゴリズムを使用して線形変調信号を等化
normlms 正規化最小平均二乗 (LMS) 適応アルゴリズム オブジェクトの構築
reset (equalizer) イコライザー オブジェクトのリセット
rls 再帰最小二乗 (RLS) 適応アルゴリズム オブジェクトの構築
signlms 符号付き最小平均二乗 (LMS) 適応アルゴリズム オブジェクトの構築
varlms 可変ステップサイズ最小平均二乗 (LMS) 適応アルゴリズム オブジェクトの構築

例および操作のヒント

MATLAB

BSPK 信号のイコライズ

最小平均二乗 (LMS) アルゴリズムをもつ線形イコライザーを使用して BPSK 信号をイコライズします。

RLS アルゴリズムと LMS アルゴリズムの比較

周波数選択性フェージング チャネルを通して渡された QAM 信号を、RLS アルゴリズムと LMS アルゴリズムを使用してイコライズします。

適応イコライズ

この例では、PSK 変調、二乗余弦パルス整形、マルチパス フェージング、適応イコライズとの通信リンクをモデル化する方法を説明します。

Simulink

適応イコライズ

このモデルでは、チャネルを通じて送信された変調データに対する、受信機での適応イコライザー アルゴリズムの動作を示します。

概念

イコライズ

適応または MLSE 手法を使ったイコライズ

信号のイコライズ

Communications System Toolbox™ ソフトウェアを利用した信号のイコライズには、次のステップが含まれます。

イコライザー構造体

判定フィードバック イコライザーは、フォワード フィルターとフィードバック フィルターを含む非線形イコライザーです。

適応アルゴリズム

適応イコライザーを利用して信号をイコライズするステップの概要

イコライザーについての参考文献

この情報は役に立ちましたか?