アルゴリズム取引

MATLAB でのトレーディング システムの開発

アルゴリズム取引では、通常電子金融市場において、アルゴリズムを使って取引の決定を行います。セルサイド機関とバイサイド機関に適用されるアルゴリズム取引は、高頻度取引、為替取引、および関連のリスクと実行分析の基盤を形成します。

アルゴリズム取引アプリケーションの開発者とユーザーは、市場の動きを検知してそれに利用する数学的モデルの開発、バックテスト、および配布を行う必要があります。実際のワークフローでは次が行われます。

  • 技術的な時系列機械学習、および非線形時系列の手法を用いた取引戦略の開発
  • 時間効率の良いバックテストとパラメーター推定のための並列 GPU 処理の適用
  • 損益計算およびリスク分析の実施
  • マーケットインパクトモデリングやアイスバーグ検知などの執行分析の実施
  • 運用取引環境への戦略や分析の実装

詳細については、MATLAB および Trading Toolbox を参照してください。


製品使用例および使い方


ソフトウェア リファレンス


参考: Financial ToolboxEconometrics ToolboxParallel Computing ToolboxGlobal Optimization ToolboxNeural Network Toolbox共和分商品取引証券取引アルゴリズム取引のビデオ